« いそしぎ | トップページ | 1500m予想タイム »

2013年7月 7日 (日)

七夕

今日は新暦の七夕。晴れましたね。先ほど、夜の10時半から11時ごろまで、鴨川の河原に寝そべって夜空を見てました。七条大橋より少し下流。川の西側から東に向かって空を見上げる。寝ているのでほぼ真上に織姫(ベガ)、斜め右下に彦星(アルタイル)がはっきりと見える。

街中では多分、ベガしか見えない。視界の広がった、まぶしい光のないところで見上げていると目がだんだんと慣れてきて見えない星が見えてくる。立ったままだと首が疲れるので寝そべったほうがいい。10分もすれば壮大な星の三角形が現れる。

0707_01
こんな感じ

目をこらすと他の星々も見えてくるが、さすがに天の川は見えない。山の上とか田舎に行けば織姫と彦星の間に横たわる銀河が見えるだろう。

織姫と彦星の実際の距離は15光年らしい。お互いの星の惑星に住む織姫と彦星が銀河鉄道(新幹線と同じ時速300km)で同時に出発したら、銀河の中間で会うのは何年後か?

GGサンの計算によると2700万年後。今日会ったとしたら2700万年前に出発したことになる。その頃の地球は、恐竜は遥か昔に絶滅し哺乳類の時代で類人猿が出てきたころだろうか。ホモサピエンスはずーと後の15万年前。


七夕の日にこんなことを考えてました。それにしてもこんなに良く晴れた7月7日は珍しい。でもほとんどの人は頭上の星を見ることはなかったのだろうな。

GGサンが寝そべっている河原でも、少し離れたところで若い人たちが花火で遊んでいたが、輝く七夕の星々を知っていたのだろうか。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

今日は鴨川ではなく山手の伏見稲荷のほうにジョギング。アップダウンのきついコース。


0707_00
泉涌寺に続く裏道

|

« いそしぎ | トップページ | 1500m予想タイム »

GGの練習」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いそしぎ | トップページ | 1500m予想タイム »