« 福岡国際マラソン注目選手 | トップページ | 京都マ最高記録:過去に遡って更新 »

2013年12月 2日 (月)

福岡国際マラソン結果

昨日の福岡、目標タイムには届かなかったが、中間点からの果敢な飛び出しと日本人トップの粘りでまた株を上げた川内選手。

上位選手の5km毎ラップを掲載。

優勝したマサシ選手(スズキ)・・・35キロまで我慢しスタミナ温存。
川内選手(26歳)・・・ほんとよく粘った。ラスト2.195キロで反撃。
高田選手(JR東日本、32歳)・・・35キロから急落するも自己新。
佐々木選手(旭化成、28歳)・・・25キロから徐々に後退。
松宮選手(コニカミノルタ、33歳)・・・今回も課題の30キロ以降。

Fkm13_01
※40kmからゴールまでの2.195kmは5キロに換算

陸連幹部はベタ褒めのようだが、中山竹通氏(ソウル、バルセロナ両五輪マラソン4位)は下記のようにちょっと厳しい。

飛び出した姿勢は評価できるが、5キロ14分30秒近くまで上げなければ意味がない。目標とする2時間7分30秒以内を狙うのなら、練習から具体的なレースプランを立てて取り組まないと実現は遠い。

まだまだ、男子マラソン界のスーパーボンバーマンであることには間違いなさそう。

|

« 福岡国際マラソン注目選手 | トップページ | 京都マ最高記録:過去に遡って更新 »

マラソン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 福岡国際マラソン注目選手 | トップページ | 京都マ最高記録:過去に遡って更新 »