« 前田彩里(佛教大)学生新:大阪国際女子マラソン | トップページ | 牧川恵莉(スズキ)丸亀国際ハーフ初V »

2014年1月31日 (金)

新谷仁美 引退!?

昨年のモスクワ世界陸上で10000m5位入賞の新谷仁美(ユニバーサルエンターテインメント)が引退会見だって! びっくり。 世界陸上のあと、国体も、全日本実業団駅伝も出場とりやめだったので、休養しているんだなと思っていた。(充電期間)

会見記事を読むと以前から(2012年のロンドン五輪後)、右足足底筋膜炎に悩まされ続けたそうだ。痛みに耐えながらの世界陸上挑戦だったわけですね。GGサンも何回か同様の故障になったが、酷くなると歩くのも苦痛。原因は足底アーチ筋肉のバネが長期の繰り返し疲労でへたってしまう(炎症)もので練習を休むしか方法がなかった。

今後については全くの白紙で「社会のために役立つことは何も出来ないし、陸上との関係も一切、断ちます」

新谷選手らしい。

思い出のレースに、岡山・興譲館高の時に都大路を制した全国高校駅伝を挙げた。

高1(2003年) 15回大会 1区6km 区間① 19.17 チーム⑦
高2(2004年) 16回大会 1区6km 区間① 18.53 チーム②
高3(2005年) 17回大会 1区6km 区間① 18.52 チーム①

18分52秒は現在でも区間歴代最高記録。


新谷選手の自己ベスト
5000m 15′10″20 (日本歴代⑦) ロンドン五輪
10000m 30′56″70(日本歴代③) モスクワ世界陸上

Niiya01
新谷仁美 2012年6月 日本選手権5000m優勝 15.17.92 (長居)

限界を極めての引退だから何も言うことないけど、
もしも、また走りたくなったら、今度はのんびりと楽しく走ればいいと思う。

|

« 前田彩里(佛教大)学生新:大阪国際女子マラソン | トップページ | 牧川恵莉(スズキ)丸亀国際ハーフ初V »

注目選手」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 前田彩里(佛教大)学生新:大阪国際女子マラソン | トップページ | 牧川恵莉(スズキ)丸亀国際ハーフ初V »