« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月26日 (水)

川原で石積み

今日は鴨川の川下散歩。いつもの石積みおじさんをみかける。

GGサンも石積み。12個積み上げた。

0226_01

石積み遊びは面白い。お金はかからないし、スリルはあるし、頭も使うし、日向ぼっこも兼ねてるし。

川原散歩時の恒例行事となりました。

| | コメント (0)

2014年2月25日 (火)

ここはお国を何百里・・・

今日は岡崎の府立図書館へ。歩いて40分ほどかな。

清水寺ふもと ⇒ ねねの道 ⇒ 円山公園 ⇒ 岡崎 のコース。

知恩院さんを過ぎて華頂道の角に大きな石碑がある。そこには〝こゝはお國を何百里〟と刻まれています。軍歌〝戦友〟の出だしですね。

0225_01

作詞者、真下飛泉氏の終焉の地に近く、教え子1824人が顕彰して昭和二年建立した。文字は「肉弾」等の著者桜井忠温氏である。終戦後、歌詞が軍国調であるとして進駐軍より破壊を命じられたが当時の住職細井照道師の弁護により破壊を免れ、今ここに在る。
と、立札に記されている。

確かに軍国調というより、労苦を共にした戦友の死を哀愁を込めて詠ったもの。



 

| | コメント (0)

2014年2月24日 (月)

東京マラソンTV観戦

昨日の東京マラソンは3位までが大会新の超高速レースでした。残念ながら7位まで外国人選手ではあったが、日本選手もサブテンを5名が達成。うち4選手が自己ベストの好成績。


東京マラソン2014結果
①チェンバ (ケニア)      2:05:42 大会新
---------------------------------------
⑧松村康平(三菱重工長崎) 2:08:09  自己新
⑨小林光二(SUBARU)   2:08:51  自己新
⑪黒﨑拓克(コニカミノルタ)  2:09:07  自己新
⑫酒井将規(九電工)      2:09:10  自己新
⑬石川末廣(Honda)     2:09:29   
----------------------------------------
⑮宮脇千博(トヨタ自動車)  2:11:50   初マラソン
76藤原 新(ミキハウス)    2:30:58 

30キロまでペースメーカがつく。その30キロ途中計時は1時間30分02秒だから、ほぼ5キロ15分ジャストのペース。この時点で先頭集団は10名。日本選手はコニカミノルタの黒﨑拓克ただ一人。その後ろは50mほど遅れて松村選手ら4名、という状況。

ペースメーカが外れた30キロから、ケニア、エチオピア勢が待ってましたとばかりグイグイ加速。そのなかで抜きんでたケニアのチェンバ選手が優勝したわけだが、35キロから40キロの最も辛い5キロをなんと14分21秒で走破した。これが世界の実力ですよね。

果敢に外国人選手についていた黒﨑選手にかわり、36キロから37キロのところで松村選手が追い抜き日本人トップ。松村選手もこの5キロでペースを復活させた。

初マラソンのトヨタの宮脇千博は24キロぐらいか遅れだし、そのあとペースはガクンと落ちたものの、5キロ17分を少しオーバーする程度で持ちこたえた。

一方、注目の藤原新は26キロを過ぎて徐々に集団から後退し、そのあと一挙にペースダウンし歯止めのない脱落となった。ロンドン、福岡そして今回の東京と不本意なレースが続く藤原選手。インフルエンザでの練習不足は勿論あったでしょうが、今後いかに挽回に出るか。

Tkm14_01_2

さて、これで残るアジア大会マラソン代表選考会は今週末のびわ湖。今のところ福岡で日本人トップの川内優輝と今大会の松村康平が有力。川内選手はびわ湖にも出場するので、どうなるのかな。

松村康平 2:08:09
川内優輝 2:09:05
【代表枠=2】

◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇

495 足立浩一 (京都ランナーズ) 2:55:27

京都マラソンに続く2週連続サブスリーだと思います。


◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇


今日の散歩は鴨川の川下。 もうすぐ春。

0224_01
頭が薄いのでヒドリガモ?

◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇

| | コメント (0)

2014年2月23日 (日)

サウンドレコーダー

使っているのはWindows7のノートパソコンだけど、サウンドレコーダーというマイクのアイコンがついた機能がある。初めて気が付いた。

そのサウンドレコーダーをクリックすると〝録音の開始〟というボタンがあった。パソコンで音楽を鳴らしたら音に反応して緑のバーが伸びたり縮んだり。

そこで〝録音の開始〟ボタンを押すと時計が動き出す。録音中かな。ボタンは〝録音の停止〟に変わっている。

30秒ほどして停止ボタンを押すと、「名前をつけて保存」の画面が出てきて、Windows Mediaオーディオファイルの保存ができる。

保存したファイルをダブルクリックするとWindows Media Playerが立ち上がり先ほどの音楽を奏でる。

パソコンって面白い。

□□□ □□□ □□□

下記をクリックすると聴けると思います。
(パソコンによっては無理かもしれませんが)

試聴版「蒼い砂漠」シルクロード

このブログを書きだしたころ(4,5年前)のページにある、昔々、GGサンが高校生のときに文通していた女の子が深夜ラジオでリクエストしてくれた曲です。

グループサウンズが下火になりかけたころ颯爽と登場したグループ〝シルクロード〟の「蒼い砂漠」。

□□□ □□□ □□□

当時のブログへ

文通だけで会ったことも声をきいたこともない。
今頃どうしているかな。

彼女がくれたイラスト〝YOUの一生〟という1枚の紙だけ残っている。
そこに、年いったGGサンが「時々Meのこと思い出してくれる」という一コマがあった。

その通り、今でも時々思い出す・・・・

□□□ □□□ □□□

今日はカミさんと京阪電車に乗って〝桃山〟へ。

0223_01

大手筋を通って。賑わってます。

0223_02

〝なやまち〟から竜馬通り。ここも〝なやまち〟だけど。

0223_03

〝黄桜〟も〝月の蔵〟も満員御礼。酒蔵開きとかの催しをやっていたので、人出も多かったようだ。だから昼ごはんはイオンの前の居酒屋さん。ランチコースゆったりとくつろぐ。

0223_04

帰りはまた大手筋。ここは昔、映画館があったとこではないかな。たいやきを食べながら昔々、この辺にあった映画館で夕ごはんをよばれたのを思い出していた。小学校の2年生ごろ、クラスの友だちが映画館の家の子でそこに遊びに行っていた。すき焼きだった。

小学校の2年まで中書島の矢倉町。京阪電車のすぐそばに住んでいた。お母ちゃんが買い物かごを持って、毎日、なやまちに買い物に行っていたなあ。懐かしい町。

□□□ □□□ □□□

| | コメント (0)

2014年2月22日 (土)

生活発表会

今日は真ん中のチビッコの生活発表会で幼稚園へ。

跳ね回って歌っておじぎして。

0222_01

帰りに、上のチビッコが撮ったスナップ。
いいじゃないか、1年生カメラマン。

□□□ □□□ □□□

午後の散歩は鴨川を川上へ。

0222_02

くちばしの先が黄色いのでカルガモか?

撮ろうと近づいたら、お尻を振って向こうへいっちゃった。
GGサンと同じでSHY?

□□□ □□□ □□□

| | コメント (0)

2014年2月21日 (金)

賽の河原

昨日は鴨川を上へ。今日は鴨川を下へ。一日おきに北と南へ。

0221_01

川原で石を積む人あり。以前、同じ散歩中の人がGGサンに話しかけた。「あれは賽の河原やで」

ここ何か月か、毎日のように見かける石を積むおじさん。

0221_02

しかし、うまい具合に積み上げてます。

GGサンも別の場所で石積みを試してみた。これが非常に面白い。癖になりそうです。一柱だけ作って、少し離れたところから石を投げて〝爆弾や!〟と言って遊びます。川下散歩時の日課になりました。

鴨川の野鳥も見てると面白い。今日はゆりかもめに注目

0221_03

□□□ □□□ □□□

今週末のテレビ観戦は
22日(土)福岡国際クロスカントリー
23日(日)東京マラソン
ですね。

東京は
・藤原新
・中森健太郎
・宮脇千博
・佐藤悠基
と豪華招待選手。

| | コメント (0)

2014年2月19日 (水)

よちよち走り

毎日、午前中、90分ほど散歩です。
今日は半年ぶりに恐る恐るランニング。
と言っても散歩の途中でヨチヨチと早歩きをする程度。

0219_00

鴨川を南へ下るときは追い風で暖かい。帰りは北風がまとも。
でも春はそこまで来ている。そこってどこ?
ほら、そこの角っこ。

0219_01

河川敷の歩道をガーガーさんたちが横断。ヒドリガモかな。かわいい。

0219_02

ちっさい遊技コーナでホームレスのノラちゃんが日向ぼっこ。夜は冷えるだろうな。

0219_03

小学校のマラソン大会

| | コメント (2)

2014年2月16日 (日)

京都マラソン応援

昨日までの雪や雨もぱっと消えて今日はいい天気。ほんとに良かった。

朝、のんびりしていたせいか、ゴールの岡崎近く、動物園の前についたらトップは通り過ぎたあとだった。 そこで1時過ぎまで応援。風はちょっときついが去年の強風に較べたら暖かい。

マスターズの試合などでお目にかかった方々のスナップ
(見逃した方もあると思います)

1022
喜多村和弘 2.44.06

1176
足立浩一 2.56.18

10107
井内美喜夫 3.01.01

3002
大八木和佳子 3.00.51

3011
河野恭子 3.31.44

3059_2
大小田ふみこ 3.34.51


コマツ陸上部の現役選手も頑張ってました。

0216_00_2
足高正宜(コマツ) 2.56.15
ラストや行けー! と発破をかける。 もうひと頑張りしてくれました。


女子のトップは中央大学時代に中距離で活躍した野村選手

3003
野村友香里 2.49.10

所属が中大レディースなので大学に残っておられるのかな。

0216_01
3:30のペース・ランナー

0216_02
4:00のペース・ランナー

ペース・ランナーについてる人の記録をみると、ほぼそのタイムでゴールしています。ペースばっちり。

応援しながら、35年ほども昔のことですが、昔の京都マラソンで平安神宮の大鳥居の下をくぐったことを思い出した。完走した選手は100人程度だった。今は1万人ごえ。マラソンがこんなに盛んになるとは夢にも思わなかった・・・

| | コメント (0)

2014年2月10日 (月)

ソチ五輪スピードスケート女子3000m

ソチ五輪、4日目。まだ日本にメダルはない。GGサンが一番好きな種目はスピードスケート。フィギアやモーグルなど採点競技はあまり好みではない。

昨日はスピードスケートの女子3000m。 氷上トラックもレーンは二つしかないが陸上と同じ400m。タイムをみると、だいたい陸上の半分、すなわち滑る方が走るより2倍速い、ということか。

メダリストと日本選手の結果は下記。シーズンベストやワールドランキングを比較すると、日本選手でもメダルを獲れる可能性は十分にあったのでは。石澤選手や穂積選手は銅メダルのロシアのグラフ選手より実力的には勝っていたように思うが、地元の利か。

今大会、開催国ロシアに初のメダルをもたらしたグラフ選手は30歳で五輪は初出場。自己ベストならびにロシア新記録だそうです。

Ssw3k_00_3

メダルまであと6秒だが、遠かったみたいです。

Ssw3k_01

3位のグラフ選手、最後の1周までラップが落ちなかった。石澤選手も後半はよく粘った。スピードスケートでは粘るという言葉ではなく、ラップをキープと言うのかな。テレビを見ていても、しきりにラップ、ラップと言ってます。

Ssw3k_02_4

3選手とも19日(水)の女子5000mに出場するよ。

Ssw3k_04
石澤志穂 女子3000m第13組
同じ組のブスト選手が最高タイムで金。

陸上のように決勝1レースで勝負が決まらないが、ラップごとに現在のトップ選手とのタイム差を確認しながら観戦するのも、結構エキサイトします。

今夜は日本に初メダルか、男子500m。

□□□ □□□ □□□

| | コメント (0)

2014年2月 5日 (水)

今井正人(トヨタ自動車九州)霧の別大で初のサブテン

日曜日の第63回別大マラソンは霧の中のレース。最後の最後になってエキサイトしたぞ! 35km手前から猛然とスパートしたキプリモ選手を追った今井選手。しかし40km地点ではその差15秒と離された。もうダメかと、あきらめかけた途端、ここから今井エンジンが全開。テレビのアナウンサーがうまいこと言っていた。「今井のために用意された、のぼり坂」。ラスト1.4kmからの最後の上り坂。元祖「山の神」がどんどん差を縮める。

Imai_01b
クライマックス、最後の坂を駆け上がる今井正人

2014別大マラソン結果
① 2:09:23 キプリモ (ウガンダ)   
② 2:09:30 今井 正人 (トヨタ自動車九州)   
③ 2:10:36 白石 賢一 (旭化成)   
⑤ 2:11:12 池田 宗司 (ヤクルト) 

残念ですが悔しい結果となりました。しかし今井選手は初の10分切り。サブテンランナーの仲間入りを果たす。

優勝したキプリモ選手の走りは力強くて軟らかい。くらべると日本選手はどうしても走りが硬い。今井選手の話としてテレビで言っていたが、リラックスしたままスピード・アップできること。そうすればスピードが持続する。確かに今井選手もリキまず対応できていたと思う。それでも見た感じではキプリモ選手のほうが軟らかい。

リキまないという点では3位に入った白石選手。どこまで行っても淡々とした走り。旭化成13年目のベテランで初マラソンだそうです(31歳)。

今井正人のマラソン全成績
2008.08.31 北海道    ⑩ 2.18.34
2010.12.05 福岡国際   ⑤ 2.13.23
2011.03.06 びわ湖    ⑥ 2.10.41
2011.12.04 福岡国際   ④ 2.10.32
2012.03.04 びわ湖    42 2.17.05
2013.02.24 東京      ⑪ 2.10.29
2013.11.03 ニューヨーク ⑥ 2.10.45
2014.02.02 別府大分   ② 2.09.30
なかなか勝てないし、五輪・世界陸上の選考レースでも後塵を拝してきましたが、今回で吹っ切れたかもしれません。29歳。

□□□ □□□ □□□

上位選手の5kmラップ・グラフ

13位までが2時間15分以内。ペースメーカは30kmまでついた。設定ペースは5km15分10秒(ゴール2:07:59)だったようだが、実際は5秒ほど遅く15分15秒から16秒ペース。ついてこれたのは8名。日本人では今井、白石、幸田の3選手だった。

キプリモvs今井のラスト勝負。ラップでみるとキプリモ選手がさすがに疲れたようでペースダウン。う~ん、今井選手がもう少し早くエンジン全開していれば、逆転があったかも。

Betu14_1

□□□ □□□ □□□

京都マスターズ会員も2名、見事完走されております。

古野 修    200位 2:41:34
瀬渡 長武 1201位 3:05:25

完走者 2657名

70歳になられた
辻本末好 1999位 3:19:45

□□□ □□□ □□□

女子の部の京都選手

⑤  2:59:47 大八木 和佳子 (輝走倶楽部)   
86  3:22:12 三浦 彩花    
105  3:25:34 中島 三智子 (金曜走ろう会) 

完走者 147名

□□□ □□□ □□□

30kmぐらいまで霧の中を走るレースで、今まで見たことのない不思議な感覚でしたね。走っている人は周りがあまり見えない分、レースに集中できるのかな。

ロードレースや駅伝は自然との闘いでもある。暑さ、寒さ。雨に風に雪。上り坂・下り坂。舗装道路や田んぼのあぜ道、砂利道。だから面白い。

□□□ □□□ □□□

cat 猫ひろし(PUMAランニングクラブ・カンボジア) 2:33:23
   自己ベストは2012別大の2:30:26

| | コメント (0)

2014年2月 3日 (月)

牧川恵莉(スズキ)丸亀国際ハーフ初V

昨日の日曜はロードレースとマラソンのテレビ観戦。まずは丸亀国際ハーフ。男子は村山謙太(駒大3)が日本歴代3位の1:00:50で2位。女子は牧川恵莉(スズキ浜松AC)が初優勝でした。

68回丸亀国際ハーフ女子
① 1:10:27 牧川 恵莉 (スズキ浜松AC)   
③ 1:11:19 高山 琴海 (シスメックス)   
⑤ 1:11:57 堀江 美里 (ノーリツ) 
日本人上位3名

□ □ □  □ □ □  □ □ □

牧川選手は一般参加ながら最初から先頭集団に入り、中盤は飛び出したカバレロ(コロンビア)選手について二人でトップ争いを続け、最後はカバレロ選手を置いてきぼり。ハーフのレースは初めて。こんな大きな大会で優勝するのも初めて、とか。

石川・星陵高からスズキに入って2年目の20歳。中学は加賀市の山代。GGサンが二十歳のころ2年間暮らしていたところに近い。

スズキは実業団連合に加盟していないので、実業団陸上や実業団駅伝では見られないが、全国女子駅伝には静岡代表で出場。

全国女子駅伝(静岡県)
2013年 1区6km 区間⑫ 19' 33" チーム⑤
2014年 1区6km 区間⑩ 19' 33" チーム⑦
2年連続、好位置で1区の責任を果たす

Maki_01
牧川恵莉 2014全国女子駅伝 1区

高校時代は全国高校駅伝に3年のとき出場、全国女子駅伝は3年連続。

高校駅伝(星陵高)
2011年 高3 1区6km 区間⑬ 19' 54" チーム34位

全国女子駅伝(石川県)
2010年 高1 7区4km 区間37 13' 37" チーム43位
2011年 高2 2区4km 区間33 13' 20" チーム44位
2012年 高3 1区6km 区間⑲ 19' 43" チーム40位

インターハイにも3年連続出場
2009年 高1 奈良 800m 予選2組⑥ 2.17.20
2010年 高2 沖縄 800m 準決勝1組⑤ 2.14.34
            1500m 決勝⑪ 4.27.98
2011年 高3 北上 1500m 予選3組⑤ 4.28.94
             3000m 決勝⑦ 9.16.64

Maki_03
2009奈良インターハイ 女子800m予選 牧川恵莉(№609)

国体は2年、3年で出場
2010年 高2 千葉 少年女子共通800m 予選1組④ 2.15.60
2011年 高3 山口 少年女子A3000m ⑤ 9.11.30

800から3000までこなした高校時代。スズキ入社後は5000、10000と距離を伸ばし、将来の『一番大きな目標はマラソン』という。

□ □ □  □ □ □  □ □ □

3位に入ったシスメックスの高山選手も20歳。自己ベスト。

新潟・三条東高出身。奈良インターハイでのスナップがありました。

Taka_01
2009奈良インターハイ 女子3000m予選 高山琴海(№535)

また先月の全国女子駅伝も新潟代表でアンカー9区10kmに出場。区間⑬33分12秒。

Taka_02
2014全国女子駅伝 9区 高山琴海 (新潟・シスメックス)

シスメックス髙栁祐也(コーチ)が男子の部で出走。高山選手と並んでゴール。男女同時スタートだからこういうことも可能なんですね。

□ □ □  □ □ □  □ □ □

丸亀国際ハーフ女子 過去の4大会成績
(優勝者と日本人上位3名)

67回大会  2013年    
① 1:08:53 ゲラナ (エチオピア)   
③ 1:09:32 清水 裕子 (積水化学)   
④ 1:10:10 松見 早希子 (第一生命)   
⑤ 1:10:13 早川 英里 (TOTO) 
 
66回大会  2012年    
① 1:08:48 ゲラナ (エチオピア)   
② 1:10:32 永尾  薫 (ユニバーサル)   
③ 1:10:34 野村 沙世 (名城大)   
④ 1:10:37 堀江 美里 (ノーリツ) 
      
65回大会  2011年    
① 1:09:00 福士 加代子 (ワコール)   
③ 1:10:50 小原 怜 (天満屋)   
④ 1:11:13 吉川 美香 (パナソニック) 
 
64回大会  2010年   
① 1:08:37 チャップル (オーストラリア)   
② 1:09:51 宮内 洋子 (京セラ)   
③ 1:10:01 宮内 宏子 (京セラ)   
④ 1:10:17 清家 愛 (シスメックス)

□ □ □  □ □ □  □ □ □

| | コメント (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »