« 京都学生陸上2日目:女子5000m | トップページ | 四条まで散歩 »

2014年4月13日 (日)

京都学生陸上の結果より

11日(金)、12日(土)の2日間、西京極で行われた京都学生陸上の結果から注目種目をYoutubeの動画で取り上げよう。

男子オープン800m
① 1:49.45 田中智則 (近畿大3)   
② 1:50.58 水間洋太 (関西学院大3)   
③ 1:51.24 竹中 惇 (関西学院大2)

京都の桂高校出身の竹中選手がスタートからトップ。ラスト150まで集団を引張り、好記録を演出。積極果敢な走りは健在です。自己ベスト。



竹中惇選手の年次ベスト
2009 1.59.67 (西陵中3) 8/22 九州石油 <中学26位>
2010 1.57.27 (桂高1)  9/18 西京極
2011 1.53.96 (桂高2)  6/19 長居 <高校29位>
2012 1.55.63 (桂高3)  4/15 丹波 <高校95位>
2013 1.51.36 (関学大1) 5/26 豊中 <日本52位>
< >は月刊陸上記録年鑑によるランキング

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

女子100mH (+0.6)
① 13.93  若宮美咲 (立命館大4) 大会タイ 
② 14.06  菅野沙耶 (立命館大4)   
③ 14.20  山本 遥 (立命館大4)

5レーンの若宮選手が後半からの鋭い加速とハードリングで初の13分台(と思います)

若宮選手の年次ベスト
2009 14.41(-0.4) 明石城西高2 10/16 小瀬 <高校40位>
2010 14.28(+1.0) 明石城西高3 8/2  沖縄総合 <高校25位>
2012 14.27(+0.4) 立命大2    7/6  西京極 <日本78位>
2013 14.04(+0.9) 立命大3    5/9  長居 <日本43位>
月刊陸上記録年鑑による。
2011年は日本100傑には入っていないようでした。

ハードル走に興味を持ったのは、このブログを書き始めたころ、ラジオで滋賀県八幡商高の中村梨穂選手の話を聴いてからだ。2009年のインターハイ近畿予選、奈良の鴻ノ池で中村選手を応援した。あの日、今回の3選手も出場。決勝で山本選手2位、菅野選手5位。若宮選手は準決勝3組で5位だった。

ハードル走はみごたえある。いつみてもドキドキ感に満ち迫力いっぱい。

IH近畿予選 女子100mH 中村梨穂 13秒71 会心のV

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

|

« 京都学生陸上2日目:女子5000m | トップページ | 四条まで散歩 »

学生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 京都学生陸上2日目:女子5000m | トップページ | 四条まで散歩 »