« 1979大阪陸上選手権5000m | トップページ | 京都選手の結果:群馬、福岡、三重でのマスターズ競技会 »

2014年5月22日 (木)

廣瀬大貴:関西実業団陸上男子1500m 3分44秒67

先週の土曜日、5月17日は大阪・長居へ関西実業団陸上の観戦に出かけた。見応えがあったのは男子1500mだ。タイムレース全3組の3組目。

話はそれますがタイムレースという決勝のやりかた、多いですね。確かに400m走以上は風の影響を考えなくていいので、組み分けして総合タイムで順位を決めてもいいでしょう、ということかな。予選、決勝とラウンド方式でやるよりは1回で片付くので選手、役員ともに歓迎なのかな。持ちタイムでクラス分けされるので実力者が揃った組はラウンドでの決勝みたいなもの、と言えなくもない。でもたまにあるんですよね。下位の組でダントツに強い選手が出た場合。この選手が上位の組に入って競ったら面白かった、だろうな、なんてことが。また、選手によっては予選できつめの刺激を入れ、それから決勝に臨んだほうが体調がいいという。ぼくはそんな感覚でした。当然ながら一発決勝のほうが集中できるからいいという人もいるでしょう。

M1500_01
1周目。途中400は1’02”
昨年今大会で勝利し日本選手権も初制覇した新鋭の秋本優記(山陽特殊製鋼)は欠場。

M1500_02
2周目。今﨑俊樹が遅れてしまいました。京都洛南高→立命館大から昨年、大阪ガス入社の期待の中距離選手。日本選手権では3年連続入賞中。自己ベストは3’44”57
途中800mは2’03”(この400は1’01”)

M1500_03
3周目。ここらあたりから集団がばらけだす。

M1500_04
トップは監物稔浩(NTT西日本)、つづいて岡﨑達郎、廣瀬大貴の大阪ガス勢。
途中1200mは3’02”。この400は59”にペースが上がった!いいタイムがでそうです。

M1500_05
最終カーブを抜けてラスト100mに入った。

M1500_06
廣瀬選手が出る! 3番手は追い上げてきた篠藤淳(山陽特殊製鋼)

M1500_07
廣瀬選手、監物選手ともに大会新の白熱レースでした。
ラスト300mは42"台

男子1500mタイムレース結果
① 3:44.67 廣瀬 大貴 (大阪ガス) 【大会新】   
② 3:45.20 監物 稔浩 (NTT西日本)【大会新】
③ 3:46.01 篠藤 淳 (山陽特殊製鋼)   
④ 3:46.41 松田 佑太 (SGHグループ)   
⑤ 3:48.29 岡﨑 達郎 (大阪ガス)   
⑥ 3:49.49 野田 一貴 (大塚製薬)   
⑦ 3:49.66 大西 毅彦 (RCIK)   
⑧ 3:49.95 樋口 正明 (SGHグループ) 
※以上すべて3組目

優勝した廣瀬選手の今までの自己ベストは3’50”07で昨年の日本100傑では56位。そこから何と5秒の短縮(2.4%アップ)で昨年のランキングなら2位に相当だから日本のTOP10に躍り出たわけですね。

廣瀬選手は今﨑選手と同じ洛南高出身。3年の時、全国インターハイ(奈良)に出場。大学は明治。今年の箱根では山下りの6区で区間賞を奪取しておられます。

廣瀬選手、今年大阪ガス入社の新人なのですが、5000mでも5月10日に行われた「ゴールデンゲームズinのべおか」で13’43”65の自己ベスト樹立。昨年度日本100傑で16位相当。そして関西実業団1500mで今回の記録です。

ただ今回の3’44”67ではまだ日本歴代でみると50傑には届かない。

日本記録は小林史和(NTN)が2004年にマークした3’37”42で遥か彼方です。下図の歴代50傑グラフで何がわかるでしょうか。

・結構古い記録が残っている。1971年の水野一良(大阪ガス)3’42”7(手動計時)。水野選手とは試合で競ったことがある。競ったという表現はおかしいかな。一方的に先の方を走っておられた、と言った方があたり。この種目では昔から大阪ガスは伝統があるんです。

・渡邊和也(報徳学園高⇒山陽特殊製鋼⇒四国電力⇒日清食品)が2008年と2011年に3’38”11の同タイムで小林選手に迫ったがもう一歩。(グラフは新しい方の2011年にプロット)。渡邊選手といえばテレビで観戦していても限界を越えて走る姿が迫ってくるほどに凄い人。テグ世界陸上5000m予選での転倒もありました。不運としかいいようがない。日清食品移籍後は姿をみませんが、故障なのかな。

・3分40秒の壁は頑強です。この壁を突破した選手は9人しかいません。2020年東京に向け、この40秒の鋼鉄の壁を超える選手が何人も出てこないと世界と戦えない。

40522_g1

1500mペースの目安は400mラップ1分。これだと3周1200mで3分。平均ペースなら残り300mが45秒なので、3分45秒がフィニッシュタイムとなる。この3分45秒で年間10傑入り。ここからあと5秒で40秒突破。これで日本歴代10傑入り。しかし、これでもまだ世界陸上B標準(3分37秒)にも届かない。あと5秒。未踏の地、3分35秒なら世界と戦える。そしてさらなる5秒、3分30秒でメダルを争える。雲の上のそのまた上かもしれないが同じ人間が辿り着いた頂きなので不可能ではない。

因みにフィニッシュ3分30秒での400mラップは56秒です。

でもまずは3分45秒ですね。400mラップ60秒。これを目安に1500mを観戦しましょう。400mごとに、ここからどれだけ±があるか。ただし、世界の趨勢は1000mあたりまではスローペースなので注意が必要です。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

|

« 1979大阪陸上選手権5000m | トップページ | 京都選手の結果:群馬、福岡、三重でのマスターズ競技会 »

実業団」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰しております。
GGさんお元気ですか?
関西実業団陸上のマスターズの部5000m参加のため私は土曜日、長居第1競技場におりました。
1500mのレースの予選も観戦しました。
久しぶりのレベルの高いレースにテンションが上がりました。
明日は南部忠平記念マスターズ陸上に1500と3000に参加します。

また、レースでお会いできるのを楽しみにしてますよ‼︎
私は髪を短く切ったので一見してわからないかも?です。

投稿: 長居AC M | 2014年5月23日 (金) 10時19分

失礼いたしました。
私が観戦したレースがタイムレース決勝だったのですね。
(-_-)

投稿: 長居AC M | 2014年5月23日 (金) 10時21分

長居AC Mさん、おはようございます。

マスターズ5000mみてましたよ。優勝されて表彰台でしたね。レースが始まって、最初はちょっと探しましたがかっこいいのですぐ見つけました。

ぼくのほうは今年はお休みです。体調が戻れば来年あたりから再開したいです。

では、今日の南部杯も頑張ってください。
ありがとう。

投稿: GG | 2014年5月24日 (土) 08時10分

昨日は服部緑地競技場で久しぶりにお会いできて嬉しかったです(^O^)/
また、来年、同じ大会、同じレースで一緒に走れる日を楽しみにしております〜(*^^*)

投稿: 長居AC M | 2014年5月25日 (日) 20時42分

1500、3000とお疲れ様でした。ぼくもMさんの走りを久しぶりに観戦できて喜んでます。それに全日本マラソンランキング1位おめでとうございます。

来年はトラックの中でお会いできるよう、ちょっとずつ体調を戻していきたいと思います。

ありがとう。

投稿: GG | 2014年5月26日 (月) 21時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1979大阪陸上選手権5000m | トップページ | 京都選手の結果:群馬、福岡、三重でのマスターズ競技会 »