« 大阪マスターズ南部杯観戦 | トップページ | 大阪マスターズ南部忠平杯結果(京都選手) »

2014年5月26日 (月)

関東インカレで日本歴代50傑入り記録(男子) 5/27:女子追記

新しい試みとして、主要大会の結果で日本歴代50傑入り記録を出した選手をリストアップしてみることにしました。まずは直近の昨日が最終日となった関東インカレ。

見方。各記録の末尾に
・朱書きでは今回、新たに50傑入り、数字はランキング。
・朱書きで39→⑯は、すでに50傑入りしていて、今回、記録更新。
・青字で
②10.01 は、すでに50傑入りしている記録に届かず。

なお、ここでの日本50傑は「月陸2013版」で今年の分はまだ織り込んでおりません。すでに今季、50傑入りしている記録があると思われますが、そこまで今は手間がかけられないのでご容赦。あくまで趣味のランキングです。一応800mは先般のゴールデングランプリを織り込み済み。

歴代50傑メンテは時間があればボチボチとやりましょう。どこかのサイトにあるかも。探してみよう。

100m       
① 桐生 祥秀 (東洋大1) 10.05/+1.6  ②10.01   
② ケンブリッジ飛鳥 (日大3) 10.21/+1.6  新⑮   
③ 大瀬戸 一馬 (法大2) 10.27/+1.6  26)10.23   
④ 九鬼 巧 (早大4)    10.30/+1.6 ⑪10.19   
         
200m         
① 猶木 雅文 (中大3)  20.52/-0.6 39→⑯   
         
800m       
① 川元 奨 (日大4)    1.46.97 ①1.45.75   
② 岡田 隆之介 (日大4) 1.48.89  新44   
         
110mH       
① 太田 和彰 (日大4)  13.84/-1.5  新35   
〃 増野 元太 (国武大3) 13.84/-1.5  28)13.77   
        
棒高跳
       
① 山本 智貴 (日体大4) 5m30  23)5m40   
② 石川 文貴 (順大4)   5m30  新48   
         
走幅跳       
① 毛呂 泰紘 (順大2)   7m84/-0.8  49→48   
         
砲丸投       
① 佐藤 征平 (国士大4) 17m21  新23   
② 筒井 崇広 (日大3)   16m75 47→31   
③ 中村 太地 (国士大4) 16m72  43→34   
④ 大坂 将央 (東海大4) 16m50  新48   
         
円盤投       
① 秋場 堅太 (日大4)   53m48  50→18   
         
やり投       
① 恵良 友也 (日体大3) 74m66  新30   
② 園田 健太 (筑波大3) 74m23  新36   
         
十種競技       
① 川﨑 和也 (順大4)  7248  ⑲7506   
         
2部100m       
① 山縣 亮太 (慶大4)  10.23/+1.5  ⑥10.07   
         
2部200m       
① 原 翔太 (上武大4)  20.41/+0.0  新⑩   
② 山縣 亮太 (慶大4)  20.62/+0.0  ⑩20.41   
         
3部走高跳       
① 衛藤 昂 (筑波大M2) 2m24  ⑪2m27   
         
3部砲丸投       
① 宮内 育大 (日大M2) 17m18  ⑩17m76   
         
3部ハンマー投       
① 保坂 雄志郎 (筑波大M1) 65m54  33)65m54   
         
3部やり投       
① 今田 直弥 (日大M2)  74m28  23)75m63 

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

こうしてみると投擲種目の頑張りが目立ちます。長距離は歴代50傑の壁が厚いですね。

5000m  ・・・ 13.34.11
10000m ・・・ 27.58.72

100mや高跳種目は同記録にたくさんの選手がランキングされているので、微小な記録の差でもアップダウンの幅が大きくなります。

例えば、走高跳で2m22なら26位タイに11人。2m21では37位タイに10人が占めてます。今、2m20の記録の選手がいるとすると、この人は47位タイ(23人が同記録)。3cm更新すると2m23となって22位タイに急騰です。

逆に考えると、このレベルになると1cmの更新が非常に熾烈ということかな。1cmの攻防戦ですね。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

女子選手 (5月27日記事追加)

800mと3000mSCがレベルの高いレースとなりましたね。800mは大森選手が自己ベストを5秒近く短縮する驚異の走りで一挙に日本歴代10位に登場。昨年の日本選手権覇者・伊藤選手も自己ベスト更新で歴代11位につけた。男子800mと共に俄然、ヒートアップしてきた女子800m。

そして3000mSCは森選手が自己ベストを20秒短縮し9分台に突入。こちらも凄い勢い。

6月6日からの2014日本選手権、楽しみですね。
 
100m       
① 土井 杏南 (大東大1) 11.59/+0.7 
⑧11.43   
         
200m       
① 塩谷 寛美 (駿河台大2) 23.92/+0.7 
新31タイ   
         
800m       
① 大森 郁香 (日大4) 2.03.96 
新⑩   
② 伊藤 美穂 (順大4) 2.04.27 
24→⑪   
         
3000mSC       
① 森 智香子 (大東大4) 9.58.98 
24→⑥   
② 瀬川 帆夏 (大東大2) 10.28.87 
新35   
③ 宮本 淳美 (大東大4) 10.31.32 
新40   
         
三段跳       
① 宮坂 楓 (横国大4) 12m94/+1.1 
22)13m02   
         
砲丸投       
① 松田 昌己 (国士大3) 14m96 
28)15m04   
         
ハンマー投       
① 勝山 眸美 (筑波大2) 60m56 
⑩→⑧   
② 大﨑 かな (筑波大4) 55m55 
⑲57m04   
         
やり投       
① 久世 生宝 (筑波大2) 54m16 
⑤58m98   
② 高橋 唯 (中大2) 51m96 
新50   
         
七種競技       
① 松原 恵 (筑波大2) 5177 
41→33タイ   
         
2部3000mSC       
① 中村 真悠子 (筑波大M2) 10.06.52
⑬10.06.43   

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

|

« 大阪マスターズ南部杯観戦 | トップページ | 大阪マスターズ南部忠平杯結果(京都選手) »

学生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大阪マスターズ南部杯観戦 | トップページ | 大阪マスターズ南部忠平杯結果(京都選手) »