« 君たちがいて僕がいた | トップページ | 女子3000m鷲見梓沙&髙松望ムセンビ »

2014年7月27日 (日)

高校歴代50傑:女子1500m

一昨日の男子1500mに続いて今日は女子1500m。こちらもNHKのEテレで放送される。

その高校歴代50傑は下図。男子とよくにて、小林祐梨子(須磨学園3)がひとり雲の上のそのまた上で孤高を保っている。ここ2,3年で続々と50傑入りの選手が現れているものの、日本記録でもある『4分07秒86』はあまりに遠い存在でまだまだ足元にも及ばない。

Kr50_w1500

インターハイ出場者の今季TOP11(外国人留学生は含まず)
① 4:21.33 鷲見梓沙 (豊川3愛知) 6.20東海地区IH
② 4:21.52 山田日菜野 (豊川3愛知) 6.20東海地区IH
③ 4:22.01 倉岡奈々 (鹿児島女高2) 5.21ユース五輪アジア予選
④ 4:22.09 猿見田裕香 (豊川1愛知) 6.20東海地区IH
⑤ 4:22.24 山本菜緒 (常葉菊川3静岡) 6.20東海地区IH
⑥ 4:22.25 中根千秋 (中京大中京3愛知) 6.20東海地区IH
⑦ 4:22.52 青木和 (益田清風3岐阜) 6.20東海地区IH
⑧ 4:24.49 中川文華 (昌平3埼玉) 6.21北関東地区IH
⑨ 4:24.91 樺沢和佳奈 (常盤1群馬) 4.20兵庫リレーカーニバ ル
⑩ 4:25.80 野添佑莉 (神村学園3鹿児島) 6.13南九州地区IH
⑪ 4:26.11 小林由佳 (常磐3群馬) 5.16群馬県IH

東海地区からの6人が上位を占める。とくに豊川の強さが傑出しており、その豊川のエース鷲見が優勝候補筆頭だろうか。

昨年の大分インターハイ決勝の経験者は
② 4.16.20 倉岡奈々
⑤ 4.17.49 鷲見梓沙
⑩ 4.19.99 小林由佳
⑭ 4.27.81 山田日菜野
⑮ 4.30.25 山本亜里沙(鳥取中央育英)
の5名。

このときの決勝レースはローズメリー・ワンジル(青森山田3)がスタートからぶっ飛ばして独走。そのお蔭か、日本人選手たちもハイペースに乗って力を出し切り、8選手が歴代50傑入りする史上最高レベルの試合となった。

独走Vのワンジルは4分09秒90。この凄まじいまでのハイペースをもってしても、小林祐梨子の日本&高校記録には、あと2秒以上も届かない。

では今年の山梨インターハイはどのようなレース展開になるか。
本命の鷲見選手が東海大会と同じように序盤から主導権をにぎるか。
あるいは青森山田1年の留学生モニカ・マーガレットがワンジル選手のように飛び出すのか。
今季まだ調子の上がっていない倉岡選手、小林選手の位置取りはいかに。
ランキング15位、17位の立命館宇治の2選手は、まずは初日の予選をどう乗り越えるかでしょうね。

目標タイム4’15”なら、400mは68”。
400m・・・1’08”
800m・・・2’16”
1200m・・・3’24”
ラスト300mは51”だ。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

|

« 君たちがいて僕がいた | トップページ | 女子3000m鷲見梓沙&髙松望ムセンビ »

インターハイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 君たちがいて僕がいた | トップページ | 女子3000m鷲見梓沙&髙松望ムセンビ »