« 山梨IH(3日目)近畿選手の活躍 | トップページ | 山梨IH入賞選手(近畿) »

2014年8月 2日 (土)

山梨IH(4日目)ヘンプヒル恵、女子七種スーパー高校記録

山梨インターハイ4日目です。

女子七種競技ヘンプヒル恵(京都文教3)が2日目最初の種目、走幅跳で5m81の大ジャンプ。これでいつもより+100点を稼ぎ高校記録(5384点)越えを確実にした。最終種目の800mも2分17秒87の好タイムで走り抜け、高校記録どころかジュニア記録(5404点)も跳び越えて、さらにさらに5500点も突き抜け5519点。まさにスーパー記録の誕生。

Megu7syu
ヘンプヒル恵(京都大会での七種競技800m)

今大会の近畿選手成績表

※クリックすると拡大します
W7syufin_2

次なる目標は日本記録5962点

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

男子走高跳平松祐司(西城陽3京都)が松本修一(諫早農3長崎)との一騎打ちを制し、2m19の自己ベストで優勝した。

男子やり投は3冠を目指す石山歩(花園3京都)がランキング1位の森秀(今治明徳3)に惜しくも敗れ2位。

女子走幅跳濱本果音(姫路商3兵庫)が5回目に自己タイの5m89を跳んで4位から3位にアップ。

Wmfd4f

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

注目していた女子800m高橋ひなが1年生V。石塚晴子は3個目のメダル。男子800mは期待の鍋島選手は4位で、西村陽貴が2位。勝ったのは1500mに続いて前田恋弥(市立船橋3)だった。

Wm800f

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

本日登場の種目

200m
Wm200
朝一番の10時から予選開始。9組2着+6。どれくらい走れるか?
午後一番から準決。決勝は午後2:35から。間隔の短かく、立て続けの3本。

女子200m予選(9組2着+6)
4- ⑤ 藤井彩和子(3) 25.70 (±0.0)    
5- ④ 逢坂友利子(2)  25.51 (-1.6)   
6- ③ 梅木 喬世(3)  25.44 (-1.3) 
7- ③ 西尾 香穂(2)   25.12 (-1.3)  q   
8- ③ 中島 藍梨(2)  25.17 (-0.5)    
8- ④ 木本 彩葉(3)  25.33 (-0.5)

男子200m予選(9組2着+6)
1- ② 増田 拓巳(3) 21.84 (-1.4) Q    
1- ⑤ 谷下 潤(3) 22.01 (-1.4)    
5- ⑤ 滝内 誠(3) 22.39 (-0.3)    
6- ① 平尾 裕希(3) 22.05 (-1.7) Q   
6- ② 西端 公志(3) 22.08 (-1.7) Q   

7- ③ 文山 知之(3) 21.95 (-0.1)   


女子3000m男子3000mSC
W3km3ksc

男子3000SC予選は11:40開始。4組3着+4で16人が明日の決勝進出。
女子3000は午後2:55開始。3組5着+3で18人が明日の決勝へ。

男子3000mSC予選(4組3着+4)
1- ① 大森 樹(3)   9:11.61 Q   
1- ② 小嶋 一魁(3)  9:11.70 Q 
 
2- ⑧ 坂東 剛(3)   9:25.60    
3- ① 藤岡 勇貴(3)  9:07.98 Q   
4- ② 廣 佳樹(3)   9:10.56 Q   

4- ⑪ 船井 魁晟(3)  9:42.13   

4x400mR
Wm16r
今日は午後3:45から予選のみ。準決、決勝は明日の最終日。

フィールド種目
Wmfd4
予選・決勝とも本日実施。

予選の通過ラインは
女子走幅跳・・・5m75
男子走高跳・・・2m03
男子やり投・・・62m00

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

|

« 山梨IH(3日目)近畿選手の活躍 | トップページ | 山梨IH入賞選手(近畿) »

インターハイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 山梨IH(3日目)近畿選手の活躍 | トップページ | 山梨IH入賞選手(近畿) »