« 初秋の東山 | トップページ | 中距離強化策:4x800mR、4x1500mR で世界へ »

2014年9月14日 (日)

アジア大会:中距離アジア10傑

今月の「月刊陸上」に2014年アジア10傑(9月1日判明分)が出ています。

その中から男女中距離種目に注目。TOP3と日本人選手を抜粋。3000障害も中距離に入れました。

日本人選手の★マークはアジア大会代表

男子800m
①1.44.12 A.M.バラ(カタール)
②1.45.75 川元奨(日大4)★ 5.9
③1.46.32 滕海寧(中国)
⑨1.48.55 中村康宏(A2H) 5.9

男子1500m
①3.34.24 B.セウレイ(バーレーン)
②3.39.56 M.アル・ガルニ(カタール)
③3.40.80 A.A.カマル(カタール)
⑤3.42.21 鎧坂哲哉(旭化成) 7.12
⑦3.42.75 楠康成(小森コーポ) 7.2
⑧3.42.98 出口和也(旭化成) 7.12
⑨3.43.14 田中圭祐(富士通) 5.3
⑩3.43.19 大迫傑(日清食品G) 5.4

男子3000mSC
①8.19.99 J.コエチ(バーレーン)
②8.31.24 A.A.カマル(カタール)
③8.32.61 E.チェマトト(バーレーン)
⑤8.33.84 松本葵(大塚製薬) 7.24
⑥8.35.43 篠藤淳(山陽特殊製鋼)★ 6.6
⑦8.39.54 潰滝大記(中央学大) 6.6
⑨8.42.21 山下洸(NTN) 6.6

女子800m
①2.00.56 T.ルカ(インド)
②2.01.65 M.ムカシェワ(カザフスタン)
③2.02.05 S.デビィ(インド)
⑤2.03.96 大森郁香(日大4) 5.25
⑥2.04.27 伊藤美穂(順大4) 5.25

女子1500m
①4.00.08 ミミ・ベレテ(バーレーン) 
②4.04.10 M.ジャマル(バーレーン)
③4.07.05 ベトレヘム・デサレン(アラブ首相国連邦)
⑥4.12.41 陣内綾子(九電工) 7.2
⑨4.16.37 飯野麻耶(東農大) 7.19
⑩4.18.01 高松望ムセンビ(薫英女学院高) 4.19

女子3000mSC
①9.20.55 R.チェベト(バーレーン)
②9.40.50 尹安娜(中国)
③9.49.85 三郷実沙希(スズキ浜松AC)★ 6.8
⑦9.53.87 中村真悠子(筑波大M2)★ 6.8
⑧9.58.98 森智香子(大東大) 5.24

日本陸連はJOCから前回大会並みの59名の人数枠をもらっていたが、5枠を返上して54名を代表に選んだ。その後、土井杏南(大東大)がケガで辞退、そしてついこの前には日本の目玉だった桐生選手もケガで欠場(優勝確実と思われていた男子4継に赤信号)。これで代表は52名に減少した。

ケガは仕方がないが、6月9日という早い時期に代表を決めた限りは、欠場というリスクも考慮しておくべきではないかな。そういう意味でも折角もらった人数枠を使わないという考えが全くわからない。

『メダル獲得』という条件に届かない選手は派遣しない、と言いながらもU23強化育成部推薦で8人を選んでいる。

五輪や世界陸上のような参加標準記録のないアジア大会。世界と戦う、いい機会なんだから、なぜあと5人選ばなかったのかな。

チャンスは最大限活かす。あたり前のことだと思うのだが・・・。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

アジア大会陸上競技は9/27(土)から10/3(金)

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆


 

|

« 初秋の東山 | トップページ | 中距離強化策:4x800mR、4x1500mR で世界へ »

アジアの競技会」カテゴリの記事

コメント

いつも楽しく拝見しています・・

アジア大会はアジアの大会ですが、石油産油国の中東は
ご存知のように、オイルダラーでケニアや周辺国の黒人やアラブ人を「傭兵」として国籍移動しています。

これは明らかにアンフェアなことで厳密な意味でのアジア圏内の選手権ではなく、お金の力でアフリカ諸国の
マンパワーを超法規的に利用したものです。

例えて言うなら、自転車競技のドーピングの類と大差の無い愚公であり欺瞞だと思います

投稿: tokuyan | 2014年9月14日 (日) 20時07分

おはようございます。

いつの世も、どこの世界にも金や権力にものを言わせて横着をするやからはいますね。

わが国の国体や駅伝でも見うけられることです。巨額の強化費投入で全国から優秀な選手を呼び込んだり、体育教員を大量にかき集めたりして開催地の天皇杯獲得を必達とする国体(これは昔の話かも)。ケニアから留学生と称して助っ人を頼む高校駅伝。特待生として高校長距離選手を奪い合う箱根駅伝などなど。

オリンピック自体が〝金まみれ〟なので何を言ってるの、となりそうですが。

スポーツは何のため、誰のためにあるのか?

そんなこともちょっと考えてみてもいいかな。

・・・それは『生きる喜び』

投稿: GG | 2014年9月15日 (月) 09時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初秋の東山 | トップページ | 中距離強化策:4x800mR、4x1500mR で世界へ »