« 日本インカレ:男子800m優勝は櫻井大介(京大3) | トップページ | 初秋の東山 »

2014年9月12日 (金)

日本インカレ:女子10000m 鍋島莉奈が初V

終了した日本インカレの結果記事。Youtubeの動画観戦です。

女子10000m決勝
初日の9月5日、夕方7時からの開始だけど、気温28℃、湿度64%で、熊谷は相当に暑かったようです。試合のほうも遅いペースながらも消耗戦と言った感じ。

出場選手は31名。資格記録(昨年の1月以降)のTOP5は
33.05.33 松田杏奈 (松山大3)   
33.08.00 鍋島莉奈 (鹿屋体大3)   
33.13.45 奥野有紀子 (京産大4)
33.15.31 高木綾女 (名城大4)   
33.16.45 木村芙有加 (大東文化大2) 

注目は7月の世界ジュニア5000mで8位入賞の木村選手でしょうか。

1000m毎のラップはその木村選手がすべてゲット。終始レースを引張ったわけですがラスト1000mのハイペース、ラスト1周のスパート合戦に敗れました。

W10k_lap

途中5000mに向け徐々にペースは上がって行ったのだが、木村選手、調子が今一つだったか、あるいは暑さのためか自重し、5000m以降、またペースを戻しています。

W10k_01
途中5000m。トップをいく木村芙有加。先頭集団は9名。

結局、ラスト1000mで残ったのは下記5選手
木村芙有加 (大東文化大2)   
菅野七虹 (立命大2)   
村岡実生 (名城大2)   
鍋島莉奈 (鹿屋体大3)
藤田理恵 (鹿屋体大2)

W10k_02
あと1周に向かう5人のトップ集団

あと1周の鐘で鍋島選手がスパート。追う藤田選手。

W10k_03
鹿屋体大の2選手がバックストレッチで後続を突き放す。

W10k_04
そして、鍋島選手はトップスピードでフィニッシュまで走りきった。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
結果(TOP3)
① 鍋島莉奈 (鹿屋体大3)  33:52.91   
② 藤田理恵 (鹿屋体大2)  33:54.38   
③ 菅野七虹 (立命大2)   33:57.87

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
着順-タイムの記録グラフを作ってみた。

グランドコンディションの悪さか、資格記録を上回った選手はひとりだけ。
23位 石山由佳 (東北福祉大3) 35.22.71 

4%以上落ち込んだ選手が7名で、フィニシュできなかった選手も2名と、きついレースだったようです。確かに25周は長い。これが5000mだと3000mぐらいできつくなっても、あと5周、あと4周と、なんとかゴールできるが、1万mの場合は最後まで持たない。

GGサンの過去のレースを調べてみると、トラックの1万mは35歳で打ち止め。滋賀の皇子山で走った【32.47.1】がトラック25周の最終レースだった。けっこう若い時期です。マスターズでは1万m走種目はほとんど実施されないからかな。それに出場するとなると相当な気合もいるしね。

W10k_g1

1位の鍋島選手は高知・山田高出身。大学では1年時に日本学生個人選手権5000mで優勝【15.52.95(大会記録)】、2年時には日本インカレ5000m⑤位【15.59.02】、そして今季は個人選手権5000m2度目の優勝【15.59.04】。好調、と思いきやそうでもなかったみたい。

鹿屋体育大陸上部中長距離ブロックのブログによると、

鍋島選手は10日前までは赤信号状態で、合宿中のイージーな練習にも途中でやめてしまうほどだった。

そんな状況に対処するため、鹿屋に戻りゴッドハンドのNさんに見てもらうことになる。そこで鍋島選手は徐々に回復し、試合2日前には9割9分の状態にまで戻っていた。

しかし試合前のアップがハマっていなかったので、念のためラスト勝負に徹する作戦をとった。本来であれば積極的に32分台で走ってもよかったのだが。


という内容の記事がありました。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
<Youtube動画>
上記4枚の画像は下のYoutube動画の一場面です。


ゴール後の各選手の表情をみると、先頭を引っ張っり健闘した木村選手が一番のダメージで鍋島選手はケロッとした感じ(実際のところはわかりませんが)。だからまだ余力はあったかもしれない。しかし・・・

チャンピオンシップ(選手権)は勝つことが第一。勝つために自らの体力と知力のすべてを懸けて戦うわけです。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
一方で、負けた選手も、また挑戦でしょう。 
敗けた原因を分析して、練習して、さらに強くなって、また挑戦。

それから、久々に久馬悠選手(筑波大3)の名前を見ました。
また挑戦ですね。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

|

« 日本インカレ:男子800m優勝は櫻井大介(京大3) | トップページ | 初秋の東山 »

学生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本インカレ:男子800m優勝は櫻井大介(京大3) | トップページ | 初秋の東山 »