« アジア大会:中距離アジア10傑 | トップページ | 兵庫マスターズ選手権:京都選手の結果 »

2014年9月15日 (月)

中距離強化策:4x800mR、4x1500mR で世界へ

国際陸連が陸上競技の普及と新分野のマーケット拡大を目的に新設した世界大会『IAAF World Relays(世界リレー選手権)』。その第1回はすでに今年の5月に開催され終わっています。

わが国は男女の4x100mRと男子の4x200mR、4x400mRの4種目に出場し、4x100mRだけ⑤位に入った。

この世界リレー選手権での実施種目は
男女とも
4x100mR
4x200mR
4x400mR
4x800mR
4x1500mR
で、計10種目

4x100mR、4x400mRはオリンピック種目なので馴染があるが、あとの3つは、見たこともない。でも4x800mRや4x1500mR、これって短い駅伝みたいなものじゃない。駅伝王国ニッポンならこういう種目にも挑戦しなきゃ。

それをどういう訳か日本陸連はチームを出さず。まあ、出ても勝てっこない、と思ったのでしょうか。

では結果を見てみましょう。

4x800mR
男子は9チームしか出場していません。
①ケニア   7.08.40
②ポーランド 7.08.69
③アメリカ   7.09.06
ときて
⑧スロバキア 7.32.87
でした。

もし今季日本TOP4の選手でチームを作ったとしたら、
1:45.75 川元奨 (日大4)   
1:48.55 中村康宏 (A2H)   
1:48.72 三武潤 (日大2)   
1:48.89 岡田隆之介 (日大4) 
合計 7.11.91
4選手ともシーズンベストが出るわけもないが、何とか戦えそう。

女子も9チーム出場で
①アメリカ  8.01.58
②ケニア  8.04.28
③ロシア  8.08.19
ときて
⑧メキシコ 8.24.45

今季日本TOP4は
2:03.96 大森郁香 (日本大)   
2:04.27 伊藤美穂 (順大)   
2:05.86 真下まなみ (セレスポ)   
2:06.16 陣内綾子 (九電工) 
合計 8.20.25
ちょっと厳しいですが、挑戦しなきゃあ。

ではつぎは4x1500mR
男子は7チーム出場で
①ケニア   14.22.22 【世界新】
②アメリカ   14.40.80
③エチオピア 14.41.22

今季日本TOP4は
3:39.56 村山絋太 (城西大4)   
3:42.21 鎧坂哲哉 (旭化成)   
3:42.75 楠康成 (小森コーポ)   
3:42.98 出口和也 (旭化成) 
合計 14.47.50
そこそこ戦えそう。

女子は4チームだけ
①ケニア      16.33.58 【世界新】
②アメリカ      16.55.33
③オーストラリア 17.08.65

今季日本TOP4は
4:12.41 陣内綾子 (九電工)   
4:16.37 飯野摩耶 (東農大3)   
4:18.01 髙松望ムセンビ (薫英女学院高2)   
4:18.30 倉岡奈々 (鹿児島女高2) 
合計 17.05.09
え!3位?

4人が4人ベストで走れるわけはないので2%ほどは落ちるかな。また、今大会はまだ1回目で世界からの参加国も少ない。多分、今後、盛んになれば、もっと厳しくなるでしょう。

でも挑戦しなければ何も始まらない。国内の大会でも、4x800、4x1500のロングリレーをやってほしいですね。中距離に注目が集まり、活発になり、強化にも繋がると思う。

ちなみに各種目とも
①5万ドル(500万円)、②3万ドル、③2万ドル、④1万2千ドル、
⑤1万ドル ⑥8千ドル ⑦6千ドル ⑧4千ドル
の賞金が出ます。世界新はボーナス5万ドル

4x1500mは男女ともケニアが①位で世界新なので、どちらも10万ドル(1千万円)をゲット。ひとり当たり250万円?

この賞金はIAAF(国際陸連)のスポンサーとなったCanonなどの日本企業がたくさん出してるんでしょうね。

男子4x800m

アンカーの最後の追い上げが凄いよ

女子4x800m


◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

国内でもロング・リレー種目を実施しよう。まずは実業団陸上で、次に学生陸上、高校もオープン種目でどうだろう。

各地域でスポンサーの名前を付けたリレー大会なんてどうかな。『ワコール杯6000mリレーカーニバル』

そして全国を8ブロックに分けて、リレー男女各5種目で戦う日本リレー選手権の開催。

来年の世界リレー選手権に全種目出場。

そしてそして、世界リレー選手権の日本への招致。京都でやったらどうだろう。

これって夢かな・・・。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

|

« アジア大会:中距離アジア10傑 | トップページ | 兵庫マスターズ選手権:京都選手の結果 »

中距離走」カテゴリの記事

コメント

先日の早慶戦で早稲田が4×200mリレーの特殊種目
で日本新をマークしました。スターティングブロックからスタートして滑らかに加速。曲走路のコーナリングで巧緻性を発揮しながらホームストレートでトルソーを競う200mは100m以上にある意味、華があると思います。

私が始めて生でフルマラソンを見たのは、80年代の京都マラソンでした。優勝は川口考志朗さんだったと思います。生で見るアスリート・・しかも痩身と思っていた
一流ランナーの大腿の筋肉量に圧倒されました!
トラックのリレーのオープンレーンは陸上の格闘技とも
言われていますね。実況と演出の妙でエクストリーム系
の新しい陸上のスタイルが想像されれば、普段見たことの無いファン層を開拓出来るかもしれません。

投稿: tokuyan | 2014年9月15日 (月) 20時16分

中距離リレーいいですね!
駅伝は長すぎるし、リレーは短すぎるし
駅伝でいわゆるブレーキを起こしている選手は
たいがい中距離ランナーだと思います。
800mでベスト記録を出したシーズンに関西実業団駅伝の
最長区間20Kちょっと?を走ったことがありますが散々な結果でした。
そもそも、いくら絶好調だったとはいえ800mランナーを最長区間に
起用せざるを得ないチーム事情がなんとも言えないところですが・・・
マスターズ駅伝にも1人1Kくらいの部ができたらいいのになあ

投稿: M58兵庫 | 2014年9月17日 (水) 22時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アジア大会:中距離アジア10傑 | トップページ | 兵庫マスターズ選手権:京都選手の結果 »