« 日本インカレ:男子1500m村山紘太が日本歴代9位 | トップページ | 日本インカレ:女子10000m 鍋島莉奈が初V »

2014年9月 7日 (日)

日本インカレ:男子800m優勝は櫻井大介(京大3)

今回の日本インカレ、一番の注目選手は誰かというと、大会ポスターの真ん中に一番大きく出ている選手・・・日大の川元奨。5月のゴールデングランプリ東京で最後の国立に日本新記録【1.45.75】を刻んだ男その人。

その800m決勝で大番狂わせが起こった。今季日本⑮位1.51.20の櫻井大介(京大3)がラスト200m手前からスルスルっと先頭に出て、フィニッシュまで行ってしまった。もちろん、川元選手は櫻井選手に肉薄して追撃、最後の直線で逆転か、と思わせたが、櫻井選手が更にギアチェジしてトップスピードに!みるみる差は開く・・・。川元選手、がっくり。

男子800m決勝
① 1:51.34 櫻井大介 (京都大3)   
② 1:51.79 水間洋太 (関西学院大3)   
③ 1:51.82 田中智則 (近畿大3)   
④ 1:51.97 川元奨   (日本大4) 

途中400通過は56秒なので、今日は記録ではなく勝負だ。第一人者としてのプライドか、ここから早くもトップに立った川元選手。バックストレッチをそのまま先頭で行くが途中でペースダウン? ラスト200手前で追走していた2人に先頭を明け渡し3位に後退、と、その瞬間、4番手につけていた櫻井選手が前の3人の横を風のように通り抜けていく。

まさしく一陣の風と化した櫻井選手。もう誰も止められない。

日本記録保持者、アジア大会日本代表、本大会の顔。負けられないという自縛からか、無駄な動きが多かったような。スタートしてオープンコースになったあと最後尾から強引に先頭に出ていくところも、ちょっと力が入りすぎてるような。

それにひきかえ櫻井選手は前3人、後4人の丁度真ん中で真空地帯のような位置で静かに勝機を待っていた感じ。

やっぱり800mは難しい。
(それだけ見応えがある、とも言える)

櫻井選手は京都・西京高出身。800mの京都高校記録1.51.35保持者。ラスト200の切れは当時から抜群だった。マイルリレーでもアンカーで信じられないような追い上げを見たことがある。

Sakura01
櫻井大介(西京高3当時)
IH京都大会1500m決勝、最後のカーブをトップで疾走。

キックした脚を折りたたむときの爪先がピーンと真っ直ぐ伸びた感じが印象に残っています。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
<<< 9月8日追記 >>>
ネット記事によると、川元選手は

6月上旬から故障を抱えるようになり、夏場は治療を重視。本格的な練習再開は、今大会開幕の数日前だった

そうです。


大会の顔なので欠場するのも躊躇されたのかも。まあ、今回の負けは負けとして、アジア大会での本来の走りに期待しましょう。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

|

« 日本インカレ:男子1500m村山紘太が日本歴代9位 | トップページ | 日本インカレ:女子10000m 鍋島莉奈が初V »

学生」カテゴリの記事

コメント

京大は10000mの平井選手が注目されていて、なんと関東の箱根駅伝のスター選手を総なめにして2位(日本人トップ)という快挙を成し遂げましたが、800mの櫻井選手はなんと1位、恐るべし京大パワーです。
川元選手は故障あがりで本調子ではなかったうえに、GGさんも指摘されているように150m付近の強引な走りで無駄に脚力を使ってしまったのも敗因のひとつだと思われますが、世界の強豪と戦うには強引な走りを入れても勝てる力が必要なのかも知れません。
中距離がもっと注目されるように盛り上がっていってほしい!

投稿: M58 | 2014年9月 9日 (火) 22時32分

おはようございます。

陸上中距離も、世界の頂点で戦うテニスの錦織選手みたいなヒーロー(あるいはヒロイン)が出てくると一挙に注目されるでしょうね。

しかし、テニスのように身体能力だけでなく技術や頭脳、メンタルが勝負を左右する競技と違って、ほぼ身体能力だけで競う走りは日本人にとって厳しいものがあります。

そりゃ、中距離走だって、頭も使うし気力も必要だが、そこで世界と戦えるわけでもない。

なにより、トレーニングで磨き上げる技術なるものがない。走りの技(わざ)もないことはないだろうが・・・

千差万別、変幻自在の『球を打ち返す』技とは比較にもならない。

それでも、世界と戦かえるようになる方策はあるはずだと思う。それには、まずは世界と戦う機会を増やすことだろうか。

今季は世界ジュニアやユース五輪などで世界相手に若い選手が活躍しています。2020東京に向けてその勢いはますます大きくなっていくでしょうね。


投稿: GG | 2014年9月13日 (土) 09時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本インカレ:男子1500m村山紘太が日本歴代9位 | トップページ | 日本インカレ:女子10000m 鍋島莉奈が初V »