« 明日は全日本実業団女子駅伝 | トップページ | 全国高校駅伝(男子)展望 »

2014年12月19日 (金)

全国高校駅伝(女子)展望

21日(日)の全国高校駅伝、テレビ観戦を楽しむため上位陣で戦うチームについてチェック。今日は女子。

レースで上位にくるチームを予想するのに
予選(都道府県大会、地区大会)のタイムTOP10
3000m平均タイム(上位5選手)TOP10
を使用。

まず昨年の大会結果で検証
予選タイムTOP10のうち10位以内は8チーム
3000m平均タイムTOP10のうち10位以内は9チーム
と、ほぼ上位陣をカバーする結果

Zkwe14_1

では、今回は、

Zkwe14_2
朱書きは両方のTOP10にランクインのチームでこの6校が3位以内のメダル争いか。そして8位入賞は上記に名を上げた14校のぶつかり合いとなる。

距離が短いのでV前線に残るには途中、先頭とは30秒以内が限度。

序盤の遅れは致命的なのでどのチームも1区(6km)はエース、2区(4.0975km)は準エースを布陣。そしてアンカー5区(5km)にもうひとり準エースが控えているかどうかが勝敗の分かれ目。

そのうえさらに、つなぎの3区(3km)が重要。ここに強い選手ジョーカーを配置できればVは見えてくる。

次に過去5大会のTOP10を都道府県別に集計しランキング。

愛知の豊川と岡山の興譲館が双璧。

Zkwe14_3_3

|

« 明日は全日本実業団女子駅伝 | トップページ | 全国高校駅伝(男子)展望 »

駅伝(高校)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 明日は全日本実業団女子駅伝 | トップページ | 全国高校駅伝(男子)展望 »