« 京都一周トレイル:東山6~東山11 | トップページ | NEWシューズ asics GEL-DS TRAINER 19-wide »

2015年1月28日 (水)

ガメラV3(大阪国際マラソン)

北京世界陸上マラソン女子代表選考の陸連設定記録【2:22:30】には、今回の大阪国際も遠く及ばないものだった。

大阪国際入賞者 2015.1.25
① ガメラ (ウクライナ)      2:22:09   
② プロコプツカ (ラトビア)   2:24:07   
③ 重友梨佐 (天満屋)     2:26:39   
④ 渡邊裕子 (エディオン)   2:28:36   
⑤ 城戸智恵子 (キヤノン)  2:29:08
⑥ 新宅里香 (しまむら)    2:29:27   
⑦ 小﨑まり (ノーリツ)     2:29:56   
⑧ 奥野有紀子 (京産大)    2:32:41 
 
横浜国際 2014.11.16     
① 田中智美 (第一生命)    2.26.57   
③ 岩出玲亜 (ノーリツ)     2.27.21   
⑤ 野尻あずさ (ヒラツカ・リース) 2.28.54 

現時点では田中智美と重友梨佐がリード(ともにナショナルチーム)。残るは3月8日の名古屋ウイメンズ。

マラソン女子のナショナルチーム(NT)メンバーは9名。福士選手は選考会には出ない意向のようなので、名古屋には

伊藤舞(大塚製薬)
木﨑良子(ダイハツ)
野口みずき(シスメックス)
早川英里(TOTO)
前田彩里(ダイハツ)
の5名がNTメンバーとして挑戦か。

そうなると名古屋が一番熾烈だが好タイムが出る可能性も。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
ガメラシュミルコが強かった。ペースメーカーなしのレースで最初から飛ばして行った。自信があったのでしょう。最初の5kmは17分05秒でいい滑り出しと思ったら、次の10kmまでの5kmが16分36秒と跳ね上がる。ついて行ったのは重友選手ひとり。だがそれも20kmまで。

ガメラ選手はその後も順調に独走をつづけ危なげなく3連覇。タイム2:22:09は自己ベスト(31歳にして)。結局、ガメラ選手のペースが陸連の設定記録に叶うものだった。

日本人トップの重友選手は20km以降、トップから後退するものの、よく持ちこたえ大崩れはしなかった。次に繋げるレースができたと言える。

また渡邊選手も30km以降の粘りは凄い。5km18分台少々のところでペース降下を食い止め40km以降は逆にペースアップ。

ふたりの粘りはナショナルチームのプライドか。

一方、ネクストヒロインでは城戸選手が魅せてくれた。30km以降の落ち込みは仕方ないでしょう。前半5km17分前後のペースで行きながら、急降下したとはいえ19分台で食い止めた。

奥野選手も5km17分30秒のペースで前半を走り、後半はなだらかに降下。5km20分ペースでよく持ちこたえたのでは。


Oswm15_3_2

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
ガメラ選手の経歴をNETで調べると、
25歳ごろから長距離を始め(それまでは中距離選手)、27歳で5000m16分16秒、初マラソンは【2:28:14】。28歳で世界陸上に出て15位。そして大阪国際で飛躍した。このときもう子供がおられた。「なんで2位やったん、お母ちゃん」と言われたとかテレビで言ってたような。

29歳には10000m32分50秒をマークし、ロンドン五輪は5位入賞。その後3年連続大阪国際優勝。


実業団選手でもないし、駅伝もないし、家庭を持ちながらママさんランナーとして、日本の選手よりも、じっくりマラソンに取り組んでいるような印象をうける。国も違うし競技環境も異なるので、比較すること自体に意味がないのかもしれないが。

Oswm15_4


◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
京都所属選手の結果

檜垣由梨子(立命館同好会)   2.53.57  36位
太田美紀子(京都炭山修行走)  2.58.35  60位
平井琴加(途中ヶ丘クラブ)    3.00.46  74位
遠藤由加理(京都陸協)      3.05.09 120位
外峯陽子(京都ランナーズ)    3.06.25 142位
山下まゆみ(太陽が丘JC)     3.08.00 174位
太田久美子(あすリードRC京都) 3.09.58 218位
木村あゆみ(京田辺走ろう会)   3.13.34 282位


◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

|

« 京都一周トレイル:東山6~東山11 | トップページ | NEWシューズ asics GEL-DS TRAINER 19-wide »

マラソン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 京都一周トレイル:東山6~東山11 | トップページ | NEWシューズ asics GEL-DS TRAINER 19-wide »