« 新年会 | トップページ | 1000mタイムトライアル »

2015年2月10日 (火)

泥んこレース(千葉国際クロカン)

2月8日(日)の千葉国際クロスカントリー、日本陸連の動画配信やYoutubeでみましたが、大雨の中、大変なレースだったみたい。

中学女子が始まったころはまだ雨も降ってなくて足場もしっかり。だけどレースが進むにつれ雨が降り出し、コースはぬかるみ。最後のほうの一般女子8kmになるともう田んぼの中を走るような状態。まさに泥んこレース。

GGサンも〝びわ湖クロカン〟や〝万博公園クロカン〟を走ったが、幸いにも雨には出くわさず。普通に走ってもしんどい、軟弱なデコボコ道のクロカンコース。走ったあとのダメージはフルマラソンなみかもしれない。

しかし、中学や高校の部は選手が多すぎないかな。スタートで出遅れたら人の群れをかき分けて前に出るのは無理そう。

かと思うと、ニコニコして走っている選手もいたり。土砂降りの中を走るのと同じで、こういう非日常の経験は人間にとって一種の喜びかもしれない。あるいは泥んこ遊びの境地。



女子シニア8kmの日本人トップは2位に入った立教大1年の出水田眞紀。お母さんも田村有紀(日産自動車)時代は日本のトップランナーだった。母娘とも5000m15分台というのは凄い。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

|

« 新年会 | トップページ | 1000mタイムトライアル »

クロカン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新年会 | トップページ | 1000mタイムトライアル »