« 丸亀国際ハーフ過去5大会日本人TOP10 | トップページ | 丸亀国際ハーフ 菊池賢人が日本歴代5位 »

2015年2月 2日 (月)

別大マラソン サブテンならず

北京世界陸上代表選考を兼ねた今年の別大マラソンの日本人トップは2位に入った門田浩樹(カネボウ)でタイムは【2:10:46】とサブテンまで47秒届かなかった。

結果
① 2:10:18 エスティファノス (エリトリア)   
② 2:10:46 門田浩樹 (カネボウ)   
③ 2:11:48 山本浩之 (コニカミノルタ)   
⑤ 2:12:48 吉井賢 (三菱重工長崎) 

現時点の世界陸上選考対象選手
福岡国際TOP3
④ 2:09:06 藤原正和(Honda)
⑤ 2:09:59 足立知弥(旭化成)
⑦ 2:10:03 高田千春(JR東日本)
別大TOP1
② 2:10:46 門田浩樹 (カネボウ)

レース内容
2人のペースメーカー(PM)の設定ペースは5kmを15分10秒。フィニッシュ2時間08分00秒だ。しかし風の影響かペースは乱高下。PMが外れた30km地点での通過タイムは【1:31:54】で設定より54秒遅れ。この時点でのテレビのフィニッシュ予想タイムは【2:09:15】。このあともそれぞれのポイントで予想タイムをテレビがアナウンス。

各チェックポイントでのフィニッシュ予想タイムの算出方法は?
「このままのペースでいきますと・・・」と解説しているがどのペース? ここでのペースはスタートからそのポイントまでの総距離の平均ペース。すなわち30km地点だと、

1時間31分54秒 / 30km=3分03秒80 (1kmペース)

このペースで42.195km走ると

3分03秒80 × 42.195km = 2時間09分15秒

だから、このままのペースで走ると、ではなく〝スタートからここまで走ってきた平均ペースでフィニッシュまで走ると〟が正確。今、走っているペースではないのだ。

こんなことを考えていて、いつもの5kmラップグラフでなく今回は設定ペースからの差をグラフ化してみた。

5km15’10”ペースのラインが赤い横線(フィニッシュ2:08:00)

42.195kmが緑の縦線

テレビ解説のフィニッシュ予想タイムはスタートの0点とその地点でのタイム差の点を直線で結び42.195kmの緑ラインまで延長したときの交点となる。

例として30km地点での予想タイム線(水色)を引けば図のように2:09:15あたりになる。

ペースメーカーは30km地点まで引っ張るが、20km以降、設定ペースから落ち込んできているのが分かる。そのペースメーカーが外れると、トップ集団6人の中からエスティファノスが飛び出る。ここから本当の勝負が始まるわけで観る方も力が入る。エスティファノスを追って門田、山本2選手もペースを上げる。この30kmから35kmまでのペースアップの反動が35km以降の急降下につながったか。

40km地点で門田選手のサブテンはほぼ絶望だったことがグラフでわかる。トップで走っていたエスティファノス選手もスタートの0点から直線を引けば、9分45秒でまだサブテンが可能と出るが、35kmからの下降線を延長すれば10分内に入るのは厳しいことがみてとれる。

しかし、30kmからの門田、山本2選手の走りは拍手です。ゴールまでまだ12kmもあるのにあそこで勝負に出て力の限り走り抜く。山本選手がレース前のインタビューで『最後は根性で走る』と言ってましたが、まさに〝根性の走り〟でした。

Bdm15_11_2
尾田選手は進退を懸けてのレース
高林選手は故障からの復活初レース
でした。

ペースメーカーは日本人選手で
外個人選手が用いられることが多いが、もっと日本人選手を採用できないものか。30kmまでなら5km15分10秒ペースで走る選手はいくらでもいると思うし(20kmやハーフでもいいのでは)、日本人のほうがペースを守ってきっちり走ってくれると思う。それに外国人選手を呼んでお金を使うより日本人選手にギャラをはずんで強化費に使ってもらった方がいい。


過去5大会TOP10ランキング更新
2011年~2015年で作成。

上位10人でみると今大会は最もレベルが高い

Bdm15_12


京都マスターズ3選手の結果
261位 古野修 2:43:47         
【18:31 18:44 18:45 19:05 19:12 19:32 19:44 20:37 09:37】
            
910位 瀬渡長武 2:58:04         
【21:36 21:07 20:57 21:17 21:18 21:20 20:40 20:54 08:55】
            
2636位 堺政人 3:32:07         
【24:15 24:12 23:55 24:15 24:13 24:36 25:17 27:38 13:46】


◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

|

« 丸亀国際ハーフ過去5大会日本人TOP10 | トップページ | 丸亀国際ハーフ 菊池賢人が日本歴代5位 »

マラソン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 丸亀国際ハーフ過去5大会日本人TOP10 | トップページ | 丸亀国際ハーフ 菊池賢人が日本歴代5位 »