« 京都マスターズ選手の京都マラソン結果 | トップページ | 超新星!前田彩里2:22:48日本歴代8位(名古屋ウィメンズ) »

2015年2月24日 (火)

東京マラソン TV観戦

ペースメーカの設定ペースが1km2分58秒、5km14分50秒には驚いた。狙うは国内マラソン大会最速記録【2:05:11】(今までの最速は昨年の福岡国際の2:05:18)

日本マラソン史上最強の選手が集う大会だ。当然最速の称号も手に入れる、というレースディレクターの思いだろう。

絶好の気象条件も後押しして大東京の一大祭りがスタートした。

レース経過をグラフにしたのが下図。
設定ペースに対して注目ランナーはどのような走りをしたのか。

5km14分50秒のペースメイクは残念ながらキープできず徐々に下降。10km過ぎには最も期待されていた松村康平(三菱重工長崎)が遅れ始める。仁川アジア大会銀メダルながら1秒差で世界陸上をとり逃した松村選手。今大会は「7分台を出す練習は積んできた。周りの期待に応える結果を出す」とコメントしていたが、早々と離脱。プレッシャーとオーバーワークで体が動かなかったか。

20km過ぎでは3年前の東京で2:07:48の自己ベスト(日本歴代7位)をマークし復活を懸けて望んだ藤原新(ミキハウス)も脱落。「練習はそこそこでも、『試合はホームラン』というケースが、僕にはある」とのレース前のコメントだったが、やはりマラソンは甘くなかった。

そして28kmでは2度目のマラソンに挑戦したトラック5000m、10000mのスペシャリスト佐藤悠基(日清食品)が徐々に後退。「成功のイメージを持てるように頑張る」との抱負であったが30kmをすぎて急降下。

ペースメーカが外れた30km。ここまでトップ集団で来た日本人選手は今井正人(トヨタ九州)と一般参加の佐野広明(Honda)

Tkm15_01

外国人勢は30kmからペースを上げ(と言っても35kmまでは設定ペースより遅い)、佐野選手は31kmで、今井選手も34kmで先頭集団から離れる。

外国人トップはアップダウンの激しくなる35kmからパワー全開。優勝したネゲセは2時間6分ジャストでフィニシュした。

7位に入り日本人トップの今井選手は35kmから40kmを15分台でカバーし日本歴代6位の2:07:39で北京世界陸上代表をゲット。

世界陸上代表選考候補
東京
⑦今井正人(トヨタ九州)  2:07:39   
⑨佐野広明(Honda)     2:09:12   
⑪五ヶ谷宏司(JR東日本) 2:09:21 

福岡
④藤原正和(Honda)    2:09:06
⑤足立知弥(旭化成)    2:09:59
⑦高田千春(JR東日本)  2:10:03

別大
②門田浩樹(カネボウ)   2:10:46

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

|

« 京都マスターズ選手の京都マラソン結果 | トップページ | 超新星!前田彩里2:22:48日本歴代8位(名古屋ウィメンズ) »

マラソン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 京都マスターズ選手の京都マラソン結果 | トップページ | 超新星!前田彩里2:22:48日本歴代8位(名古屋ウィメンズ) »