« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

2015年3月29日 (日)

近畿高校女子800m

いよいよトラックシーズンが始動。今季陸上界のビックイベントは8月の北京世界陸上。身近なとこでの興味はインターハイ路線。今年は和歌山開催なので全国大会も観戦に行けそうだ。

そこで今日から、観戦を楽しむために近畿の注目選手をチェックしていこう。

まずは女子800m。

2014年の高校100傑と中学100傑から近畿の選手をセレクト。高校は1年と2年。中学は3年が対象ですね。

そうすると高校100傑より13名、中学100傑より12名となった。全国への切符6枚を争う精鋭たちです。当然ながらリストの選手以外でも全国を目標にしている選手がいるわけで、今後の競技会で頭角を現してくるでしょう。

全国有力選手をみていくと、
昨年の山梨インターハイ出場の
髙橋ひな(1位)、石塚晴子(2位)、河原田萌
の3選手。

追うのは昨年の近畿大会決勝で6位内を逃した
戸谷温海(7位)、石田奈央(8位)
の2選手。

狙えば当然TOP6に入るであろう
髙松望ムセンビ

ここまでですでに6選手の名前があがった。

新1年生では
塩見綾乃   
後藤夢   
田中希実   
大原里奈 
ら11秒以内の記録をもつ4選手も参戦でしょう。

この種目の近畿突破はまさに激戦です。

W800_01
W800_02

GGサンの注目は
戸谷温海(東大阪大敬愛1大阪)   
塩見綾乃 (桂中3京都) 
の2選手

とくに戸谷選手は枚方の山田中学出身で、GGサンが勤めていた会社の近くにある学校。ここの学校の周囲を走って練習したこともありました。そんなことで親近感があるし、また、枚方市秋季陸上選手権において戸谷選手は中学女子800mで、GGサンは壮年男子3000mで大会記録に名を連ねていることからも応援をしたくなるわけです。

先日の関西学連競技会(3月17日・西京極)800mでもトップの記録をマークした戸谷選手。

Gakuw800

観ていましたが、ライバル髙松選手を寄せ付けぬ力強い走りでした。


戸谷選手、800mひとけた(2分10秒突破)と全国出場を目標にGo!Go!

Atotani
昨年の近畿大会800m決勝
右端(290)が戸谷選手

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

今日は午後まで小雨。小雨と言えど、もう雨に打たれて走る元気はありません。だから傘をさしてのジョギング。

0329_01
雨傘ジョギングもまた楽し

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

| | コメント (0)

2015年3月28日 (土)

春の陽気にふらふらと

春爛漫。午前中ぷらっと清水寺・祇園界隈を2時間ほど散歩。

0328_00
八坂神社の境内

ここへ来ると、子どものころ(60年ほど昔)にみた見世物小屋を思い出す。ろくろ首とか蛇女、それに・・・(多分、いまでは禁止用語ばかり)。夢に出てきそうな、おどろおどろしい看板につられ、怖いもの見たさで中に入ると・・・

| | コメント (0)

2015年3月27日 (金)

京都で開花宣言

京都気象台の職員が二条城のソメイヨシノを観て開花宣言。昨年と同じ日になったそうだ。

一方、五条から七条の川端の桜は数日前から咲いていた。こちらはシダレザクラ。

0325_01
鴨川沿いの桜(3月25日のスナップ)

| | コメント (0)

2015年3月22日 (日)

風車村

今日は久々にオクさんとドライブ。びわ湖の西、高島市新旭町の風車村。

0322_01

広い敷地にポツポツと家族連れの人たちが遊びに来ていた。

のんびりした一日

| | コメント (0)

2015年3月14日 (土)

トラック&フィールド種目の日本新にも賞金を

マラソンで日本記録を出せば1億円のボーナス!

実業団連合がマラソン沈滞打破のために打ち出した方策のようだ。確かにマラソンは世間の関心が一番高い種目ではあるが、それならトラックやフィールド種目だって日本新ボーナスを作ってほしい。

2014年に樹立された日本新記録(オリンピック種目で)
男子800m   川元奨(日大)        1分45秒75
男子十種競技 右代啓佑(スズキ浜松AC) 8308点
男子20kmW  鈴木雄介(富士通)     1時間18分17秒

1億円とは言わないが1千万円ぐらいならどうか。

問題はスポンサー集め。

スポーツ用品メーカーのナイキ、アディダス、アシックス・・・
製薬メーカーの武田、大塚、中外、大正・・・
銀行・・・三井住友、三菱UFJ、りそな・・・
外食産業なんかもいいかな。

スポンサーも陸上界もいい宣伝になると思うのだが。

| | コメント (0)

2015年3月12日 (木)

リヴィエラを撃て

先日、ちょっと無理してペースを上げて走ったのでまた体調不良が続いていた。やはり走るのは無理のようだ。

走らない、試合に出ないとなればこのブログを書くネタも限られる。散歩や他人さんの試合結果ばかりではモチベーションも上がらない。

そんなことでブログ更新は停滞気味。

で、今日は読書の話。

リヴィエラを撃て(高村薫・著)
Riviera_2
新潮ミステリー倶楽部の一巻。1992年発行の単行本で2段組547ページの大長編。一週間ほどかかって読む。
(読むのが遅いGGサン)

宣伝文句
1992年冬の東京。元IRAテロリスト、ジャック・モーガンが謎の死を遂げる。それが、全ての序曲だった――。彼を衝き動かし、東京まで導いた白髪の東洋人スパイ《リヴィエラ》とは何者なのか? その秘密を巡り、CIAが、MI5が、MI6が暗闘を繰り広げる! 空前のスケール、緻密な構成で国際諜報戦を活写し、絶賛を浴びた傑作。日本推理作家協会賞、日本冒険小説協会大賞受賞。

高村薫の作品を読むのは初めて。女性作家なんですね。外国を舞台にしたスパイ小説をこれだけ緻密に書ける筆力は凄い。

これから読む人のために内容についてはこれ以上バラしません。事前知識なしに読む方が断然面白い。ただし、単行本は絶版なのでGGサンのように図書館で借りるか文庫版(上下巻)を買って読んでください。

読み出したらやめられないスリル満点の傑作だが、リヴィエラの正体を暴くラストシーンは物足りなく感じた。それに若きテロリストとその恋人の死も、謎が残ったままなのだ。

(文庫化に際して作者は手直しを入れているそうなのでラストも変わっているかも)

ほかに面白いスパイ小説は、とネットで調べ、早速、図書館にネットで予約を入れ取り寄せ。

GGサンが行くのは近くの東山図書館だけど、そこに読みたい本がなければ京都市にある20ほどの図書館から取り寄せてくれる。それでもなければ岡崎にある府立図書館に行く。

次は結城昌治の『ゴメスの名はゴメス』(50年ほども前の小説です)

スパイ小説はコードネイム(暗号名)がタイトルになることが多い。
リヴィエラは地中海沿岸のリゾート地の地名だが、小説では白髪の東洋人。

ゴメスとは?

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

| | コメント (0)

2015年3月11日 (水)

世界陸上マラソン代表決定

下記の男女3選手(朱書き)に決まったようです。
末尾のNTはナショナル・チームのメンバー

*** 男子 *****
びわ湖トップの前田選手はタイムでは8番目だったが、NTメンバー優先ですべり込みか。

びわ湖
④前田和浩(九電工)     2:11:46  NT
⑤野口拓也(コニカミノルタ) 2:12:29   
⑧米澤類(中国電力)     2:14:13 

東京
⑦今井正人(トヨタ九州)   2:07:39   NT
⑨佐野広明(Honda)      2:09:12   
⑪五ヶ谷宏司(JR東日本)  2:09:21 

別大
②門田浩樹(カネボウ)    2:10:46

福岡
④藤原正和(Honda)     2:09:06
⑤足立知弥(旭化成)     2:09:59
⑦高田千春(JR東日本)   2:10:03

*** 女子 *****
伊藤、重友、田中のNTメンバー3選手から2人選出。結局、タイム順か。

名古屋
③前田彩里(ダイハツ)    2:22:48  NT   
④伊藤舞(大塚製薬)     2:24:42  NT
⑤竹中理沙(資生堂)     2:28:09 

大阪
③重友梨佐(天満屋)     2:26:39  NT   
④渡邊裕子(エディオン)   2:28:36  NT
⑤城戸智恵子(キヤノン)   2:29:08


横浜 
①田中智美(第一生命)    2:26:57  NT 
③岩出玲亜(ノーリツ)     2:27:21   
⑤野尻あずさ(
ヒラツカ・リース) 2:28:54 

北海道
①野尻あずさ(ヒラツカ・リース) 2:28:54 

コース、気象条件、ペースメーカの有無、出場選手の顔ぶれ、などなど
それにペース乱すペースメーカがいたりするし、複数の大会に出る選手もいたり。

いくつも選考会をするより、一発勝負がすっきりするのだが・・・

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
代表選考のネット・ニュースをみると、選考会唯一の優勝者でありながら落選した田中智美(第一生命)選手について、その理由がいろいろ出ています。

陸連幹部の話
「優勝は評価しているが、世界と戦う中では、レース内容で物足りなかった」
「横浜は大阪、名古屋に比べて他の選手のレベルが劣っていた」


レース内容で物足りない→レースはまず勝つことでしょう。
勝ったけど物足らない? 負けたけど挑戦する走りだった? こんなこと後から何とでも言える。

出場選手のレベルが低い→大会主催者はあなたでしょう。
選考会はすべて陸連主催の大会です。出場者のレベルが低いのではなく、あなたがたの強い選手を集める企画力が低いのです。

とまあ、過激なことを書きましたが、いつまでたっても五輪や世界陸上のマラソン代表選考はすっきりしないことが多いですね。

5年後に迫った東京五輪に向け、もっとすっきりした選考方法にならないものか。

どだいマラソン代表を3つも4つもの選考会で決めようなんて、はなから無理を承知でやってるのでしょう。

だらだらといくつもやるより、泣いても笑っても文句なしの一発選考がベストなんだけどね。

やっぱり魑魅魍魎の世界(陸連)

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

| | コメント (2)

2015年3月 8日 (日)

超新星!前田彩里2:22:48日本歴代8位(名古屋ウィメンズ)

5km16分50秒の設定ペース。そのハイペースで30km地点をトップで通過したランナーはバーレーンのキルワとロシアのコノワロワ、そして日本の前田彩里の3選手だった。

30km以降、前田選手は外国人2選手に離されるが驚異の粘りで追走。40kmからの2.195kmは5km換算で16分35秒の激走で2時間23分を突破。マラソン2回目にして2:22:48の日本歴代8位! 超新星出現!

Nago_01

Nago_02


日本歴代50傑
今大会で前田選手が8位に、そして伊藤選手も24位にランキングアップ。

2000年から2005年にかけての隆盛にくらべ寂しい現状ではあるが、新しい波の押し寄せてくる気配は確実にある。その突破口が前田選手。そして次々と23分の壁を越えてくる選手が現れてくるだろう。

R50_wfull

世界陸上代表は?

選考会3大会の日本人上位3選手

(朱書きはナショナルチーム・メンバー)

名古屋ウィメンズ 2015.3.8
③ 前田彩里 (ダイハツ)    2:22:48   
④ 伊藤舞 (大塚製薬)     2:24:42   
⑤ 竹中理沙 (資生堂)     2:28:09 


大阪国際 2015.1.25
③ 重友梨佐 (天満屋)     2:26:39   
④ 渡邊裕子 (エディオン)   2:28:36   
⑤ 城戸智恵子 (キヤノン)  2:29:08

横浜国際 2014.11.16    
① 田中智美 (第一生命)    2.26.57   
③ 岩出玲亜 (ノーリツ)     2.27.21   
⑤ 野尻あずさ (ヒラツカ・リース) 2.28.54 

前田選手は満場一致で代表選出。残る2名は微妙だ。
タイム重視なら伊藤選手、重友選手
選考会日本人トップ重視なら重友選手、田中選手。
(どちらにも名前の入っている重友選手は当確か)

伊藤、重友、田中の3選手ともナショナルチーム・メンバーなので選考はかなり難しい。

本来ならそれぞれの選考会でのトップが優先されるべきだが、伊藤選手のタイムが重友、田中の両選手より2分も上回っているだけに難問。

タイム重視なら田中選手が外れることになるが、田中選手は3つの選考会では唯一の優勝者。

それに所属実業団のからみもあるし・・・

3選手とも京都に縁
今大会日本人上位3選手はくしくも京都に深い縁のある選手でした。


前田彩里 熊本信愛女学院高→佛教大→ダイハツ
伊藤舞   奈良出身→
京都橘高京都産大→デンソー→大塚製薬   
竹中理沙  滋賀出身→
立命館宇治高立命大→資生堂 

今後とも活躍に期待!

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

| | コメント (0)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »