« 近畿高校女子800m | トップページ | 田村満孔(花園高)砲丸投京都高校記録まであと5cm »

2015年4月 5日 (日)

金栗記念女子5000mで桑原彩(積水化学)が15分35秒

昨日行われたトラックシーズン開幕戦の金栗記念選抜中長距離大会(熊本総合)の女子5000mで桑原彩(積水化学)が15分35秒56の素晴らしいタイムで優勝した。

桑原選手は滋賀県出身。小学4年から陸上を始め、真野中、比叡山高から佛教大学へ進み今年積水化学に入社した新人。5000mの自己ベストは昨年4月の日本選抜和歌山でマークした15分53秒12(2014日本100傑で82位)。今回その記録を18秒短縮。これは昨年の日本100傑でいうと18位に相当する好タイムだ。日本選手権出場資格もゲットし、一躍、日本のトップクラスに駆け上がった。

女子5000m
① 桑原彩 (積水化学)      15:35.56 <PB>   
② 高島由香 (デンソー)     15:37.68    
③ 牧川恵莉 (スズキ浜松AC) 15:54.58




女子最優秀賞受賞の桑原選手



西京極でガンガン飛ばしてアップしていた桑原選手。ますますの活躍を期待。次は兵庫リレーカーニバルかな。

北京世界陸上 女子5000m
参加標準記録・・・15分20秒
派遣設定記録・・・15分06秒34

|

« 近畿高校女子800m | トップページ | 田村満孔(花園高)砲丸投京都高校記録まであと5cm »

実業団」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 近畿高校女子800m | トップページ | 田村満孔(花園高)砲丸投京都高校記録まであと5cm »