« 金栗記念女子5000mで桑原彩(積水化学)が15分35秒 | トップページ | 織田記念GP種目の日本人トップ »

2015年4月16日 (木)

田村満孔(花園高)砲丸投京都高校記録まであと5cm

4月12日(日)山城・太陽が丘で行われた京都高校春季陸上で大会新が5つ。なかでも光るのは自己ベストで京都高校記録にあと5cmに迫った女子砲丸投の田村選手。

田村選手の高校での年次ベストは
1年・・・京都高校ユース(8月) 11m97
2年・・・インターハイ近畿予選(6月) 13m37

全国インターハイは昨年、山梨に出場するも予選(12m03)で落選。しかし10月の日本ユース選手権では2位(13m09)に入る活躍。

そして最終学年の今年はシーズン開始から自己ベスト13m48の快投。この記録は昨年の高校100傑でいけば10位に相当。
『目標はインターハイ優勝』(KBS京都〝京スポ〟でのコメント)の田村選手。順調に記録を伸ばし京都高校記録を越えて目指すは頂点か。

Kksyunki

ところで、田村選手があと5cmに大接近した女子砲丸投の京都高校記録は
13m53 近間麻(加悦谷) 2002/08/06 第55回全国IH(茨城・笠松)
で全国インターハイ3位の投擲だった。

決勝記録
①ラトウ・アリシ(埼玉栄2埼玉) 13m76
②佐々木彩野(盛岡四3岩手)  13m68
③近間 麻(加悦谷3京都)    13m53
④比嘉杏里(中部商3沖縄)    13m18
⑤加藤慶子(東北3宮城)     12m92
⑥阿部友美(小笠3静岡)     12m86
     
⑦高木喜子(三条東2新潟)    12m77
⑧林田真那実(口加2長崎)    12m75

ちなみにインターハイ女子砲丸投での京都選手の入賞は
第1回(1948年) ④小野富美子(二条) 8m98
第2回(1949年) ①野村妙子(光華)  10m34
第3回(1950年) ①野村妙子(光華)  10m31
第4回(1951年) ②野村妙子(光華)  10m54
第13回(1960年) ②高松道子(光華)  11m60
第19回(1966年) ②箕輪悦子(光華)  12m44
第20回(1967年) ⑤箕輪悦子(光華)  12m00
第55回(2002年) ③近間 麻(加悦谷3)13m53
第66回(2013年) ④麓 沙恵(西京3)  13m35
でした。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
近畿大会で田村選手のライバルとなる選手は
Kk10_wsp

新一年生にも強い選手が多い。昨年の中学100傑でTOP4はすべて近畿。
①16m14 進堂りか(淀川中→生野・大阪)全日中を大会新で優勝。
②15m07 広沢南奈(友渕中→関西大倉・大阪)
全日中5位
③14m98 アヒンバレ・ティナ(加古川中→市尼崎・兵庫)全日中2位
④14m71 馬場桜子(枚方長尾中→太成学院・大阪)全日中3位

砲丸の重さは中学は2.721kg(6ポンド)で高校・一般は4kg。中学でもジュニアオリンピックでは4kgを投げている。進堂選手はこちらも優勝していて記録は12m96。

こうしてみると全国進出を懸けての近畿大会もガチンコです。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

|

« 金栗記念女子5000mで桑原彩(積水化学)が15分35秒 | トップページ | 織田記念GP種目の日本人トップ »

高校」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 金栗記念女子5000mで桑原彩(積水化学)が15分35秒 | トップページ | 織田記念GP種目の日本人トップ »