« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月28日 (木)

ランナーはビール好き

走る人はビール好きが多い。というより飲まないランナーに逢った記憶がない。当然のごとくGGサンもビール好き。

走ったあとのビール、最高!

いままで千度走ってきた歴史は、ビールを千度飲んだ歴史でもある。走った日で飲まなかった日は一万三千余日のうち数日であろう。

とくにうまいビールは走り仲間と飲むビール。夏合宿の夜のバーベキューなどは人生最高に楽しい思い出ビール日のひとつ。

Gassyuku
会社の保養所・比良山荘での合宿(1999年・夏)

そんなにうまいビールではあるが飲み続けると体には相当の負担がかかってくる。家計への負担も半端ではない。

ということで遅まきながら(人生の9割がたは浪費したけど)飲酒量管理に乗り出した。

アルコールをビール換算で毎日大瓶2本以上飲んでる人は飲まない人に較べ消化器系癌などの発生リスクが2倍以上になるそうだ。毎日1本でも1.5倍。コップ1杯でも毎日飲み続けるとリスク100倍なんて数字もあった。

いい加減なとこもありそうだが、

飲み過ぎが良くないのは確か。そこで一週間単位で目標を決め管理することに。

うちは3種類の缶ビールを飲み分けている。
ビール中 500 スーパー・ドライ
ビール小 350 一番絞り
発泡酒中 400(オクさん専用) スタイルフリー

を1本あたりの数値とし、一日の飲酒量を計算。そして累積値をグラフ化。

目標 5000
上限 8000

目標を超える分は翌週に繰り越しとし、いかなる場合でも上限を越えてはならない。

Beer

思い立ったが吉日で今日、木曜日からスタート。

オクさんとのマッチレースです。
たまに外食する土・日が勝負のヤマ。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

| | コメント (0)

2015年5月27日 (水)

ハナいきジョグ

2週間以上もセキ・タンに苦しむ。

なんでや?

連日タイムトライアルして頑張った。
(ジョギング並のスピードだけど)
ノドが痛くなっていた。
ジョギングの途中で雨が降ってきて体が冷えた。
夜更かし(読書)で睡眠不足。
飲み過ぎ。

などが重なりちょっと熱っぽい風邪気味の咳。

セキが出だして一週間ほどしてから病院へ。

ドクター曰く
ウイルスが気道に入って炎症を起こしている。

何か薬が要りますか、と言われたので
(たいしたことがないようだ)
タンが切れる薬をもらう。

それから数日後、タンがでなくなり、
それから数日後、セキがとまった。

今後の対策
ノドを乾燥させないこと
・こまめに水分でノドを潤す
・ノドあめ
・うがい
・ハナで息をしてジョギング

鼻だけで呼吸をするジョギングを今日やってみた。

30分のジョグ、苦しいけどできないことはない。
口は閉じたままなのでノドが乾燥しない。

ノドを護るというのは体のために非常に大事なことのように思う。
過酷なほど口呼吸する長距離ランナーには特に。
そして半世紀以上も地上に生息している人。ノド消耗。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
午前中はトレイル歩き

カンカン照りの中、平地を走ったり歩いたりするのは老体には辛い。昨日につづき近くのトレイルコースを歩く。

0527_01
清水山

若い外人の男性3人組に出合う。
「こんにちは」、「こんにちは」
山ですれ違うときは外人さんも〝こんにちは〟

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

| | コメント (0)

2015年5月23日 (土)

一行ショートショート

ショートショートと言えば非常に短い小説のこと。日本では1000篇以上の作品を残した星新一氏があまりにも有名(なにしろショートショートの神様ですからね)。

ところで、それよりもっと短い一行ショートショートと呼ばれる作品もあるようだ。オチだけのものだが、ちょっと面白いので以下に引用してみた。

<引用元>
SF Prologue Wave 日本SF作家クラブ公認ネットマガジン

■林譲治

『知性の誕生』

  ?



■高槻真樹

『地球最後の年の「今年の一字」』

  完



■片理誠

『未来病院・全身サイボーグ編』

「先生、脳の向きを見てくれませんか、どうも寝違えたみたいで……」



『未来病院・見たい夢を見られる薬編』

「先生、夢の内容に不満はないんですが、エンドロールが長すぎて毎朝寝坊しちゃうんです」



■木立嶺

『直線』

 史上もっとも人を騙すことに成功した曲線。



『Eの不満』

「なんで俺がmc^2なんかとイコールやねん」



どうです。ちょっとニヤっとするでしょう。

リンク先です。
「一行ショートショート特集」

同サイトのこちらも参考に
「一行ショートショートとは?」高井信


こういうのって自分でも作りたくなる。

■GGサン

『宇宙誕生』

「おぎゃー!」

<注釈>
ひとりの人間にとっては自分の生まれた時が宇宙の誕生ではないかなあ。

同様の考えかたで

『宇宙終焉』

「ご臨終さまです・・・」

(注釈入りのオチではオチにならんか――お粗末)

| | コメント (0)

2015年5月22日 (金)

たそがれに還る 序章

1965年、高校2年の時、この本に出会う。上野産業会館の中にある小さな書店の奥のほうの棚に燦然と輝いて立っていた。

たそがれに還る 光瀬龍

早川書房刊行、日本SFシリーズの第2弾。手に取った表紙がこれまた幻想的。わくわくしながら、当時としては大金の350円をはたいて即購入。

Tasogare

このとき買った本は行方知れずなので今回、ハルキ文庫版にて再度読み始める。この本自体も何年も前、まだ光瀬龍氏が存命中に買ったものだ。

「たそがれに還る」

このタイトルの響きからして胸に迫るものがある。たそがれに還る、とは何か?

扉を開けると二行詩

 人、うたた情ありて
 たそがれに還る
     ―― R・M ――

R・Mって誰? 光瀬龍(みつせ・りゅう)、作者。

人間は塵から生まれて塵に還る・・・自分勝手にそう解釈してた。

さて、物語の序章は・・・

――人類は、その宇宙に於ける発展の歴史の中で、三つのおおきな事件に遭遇した。そのいずれもが・・・・

ユイ・アフテングリ著の星間文明史、第七巻、第五章、特徴的文明よりの引用文が序章。

三つの事件のうちの二つは、
二千年代後半に於ける地球文明と宇宙植民地との泥沼のような統合戦争と、
三千年代前半の人類とサイボーグの間の絶望的で深刻な対立
である。

そして三つ目が三千年代も終りに近く、全く突然に人類の前に提示されたあの一連の奇妙な事件。――これが物語の本題となるようだ。

まず、このユイ・アフテングリ著の星間文明史がいつの時代に書かれたものかというと、

「第三の事件から一千年の歳月をへた今日、なお資料整理の段階にあり、・・・」とあるので、四千年代終わりとみていい。今から二千数百年も未来の歴史書。

次に、未来の人類が宇宙のどのあたりまで発展しているか、だが、この序章だけでは分からない。しかし、「3816年、宇宙省は太陽系連邦の経営に関して・・・」という文章から考えるに、第三の危機、すなわちこの物語の時代では太陽系全域に人類がその生活の場を広げていたとみていいだろう。

限りなく宇宙に進出しようとする人類の前に、立ちはだかった未曾有の危機とは?

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

| | コメント (0)

2015年5月17日 (日)

山科疎水

今日はオクさんの母校を45年ぶりにたずねる。と言っても二人して学校の周辺を歩くだけです。

京阪山科駅を降りた時からオクさんは辺りの変貌ぶりに驚きの声をあげていた。当時は京阪もJRも(その昔は国鉄か)山科駅の周りなんてド田舎だったらしい。

0517_02

建ち並んだ住宅街を抜けると覚えのある疏水べりに出た。その向こうに懐かしい学校。

0517_01

校門の前で記念写真を撮り、四宮方面に遊歩道を歩く。

0517_03

ここらあたりは男女交際している生徒たちの格好のデイトコースだったようです。

ただし、オクさん自身はまったく縁がなかったと言ってた。

0517_04

ちょっとバテるほど歩いたあと山科駅にもどり近くで昼ごはん。帰りも水色の京阪電車。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

オクさんの郷愁につきあった一日。やっぱりこの歌かな・・・



◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

| | コメント (2)

2015年5月13日 (水)

ナノブロック

ナノブロック(nanoblock)を知ってます?

4mm×4mmの世界最小ブロックです。GGサン、このブロックにはまった。

ピンセットでひとつひとつ積み上げていくんだけど、これが楽しい。

最初につくったのはイギリスのタワーブリッジ。たっぷり2時間はかかりました。

Bridge

材料といっしょに見やすい組立図が付いているので少しの根気さえあれば誰でも簡単。ただし小さい子供は無理かも。一応12歳以上から。

できあがれば飾っておき眺める。でも、すぐに次の作品が作りたくなる。

| | コメント (0)

2015年5月11日 (月)

大阪マ選手権 京都選手の結果

大阪マスターズ選手権の結果が主催者HPにて公開されましたので京都選手の結果をまとめました。

--------------------------------------------
第29回大阪マスターズ選手権
2015年5月6日(水・祝) ヤンマーフィールド長居
--------------------------------------------
出場:35名 65種目

京都記録更新:3
3000m   M75 13'06"00 福田勝三(75)
ハンマー投  M80  29m23  山本康雄(80)   
ハンマー投  M45  48m24  高橋俊夫(45)
   
京都記録創設:4
400mH   M30 1'08"08   松尾悠平(30)   
砲丸投    W80  4m09    中井恵美子(80)   
円盤投    W80  4m37    中井恵美子(80)   
やり投     W80  7m04    中井恵美子(80)

結果一覧:
Osmcs01
Osmcs02_2

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

| | コメント (0)

2015年5月10日 (日)

神奈川マ五種競技記録会(京都選手)の結果

神奈川で行われた重量五種・混成五種の記録会に京都マスターズから3名の方が出場されてましたので記載します。

-------------------------------------------------
第11回神奈川マスターズ重量五種・混成五種記録会
2015年4月26日(日) 小田原・城山
-------------------------------------------------
Kanagawa

5種競技種目としての得点で3つとも京都新記録で、
また個別種目でも3つの京都新記録がありました。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

| | コメント (0)

2015年5月 3日 (日)

日本選抜和歌山の結果

4月25日(土)、26日(日)に行われた日本選抜和歌山の日本人TOP選手の結果は
Waka01
世界陸上参加標準記録突破者はなし。

今回のグランプリ種目では男子十種が昨年
右代啓祐(スズキ浜松AC) 8308 日本選手権混成(2014.6.1)
で突破済み。

中村選手は自己ベストで参加標準まであと32点に迫る。

女子は七種競技でヘンプヒル選手が日本歴代3位と大健闘。だが参加標準にはまだ397点足らない。

しかし、試合ごとに自己ベストを更新していくヘンプヒル選手。世界陸上やオリンピック出場への道を確実に歩んでいますね。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
ヘンプヒル恵
京都府京田辺市出身。桃園小→京都文教中→京都文教高→中央大

京都文教高での活躍はよく知られたことですが、小学校時代から駅伝で区間賞をとるほどに走りの才能を発揮。

桃園小学校は大住ケ丘にある。このあたり一帯は、その昔(40年以上前)は、まったく住宅などの無い寂しいところでGGサンのいい練習コースでした。

仕事が終えて、会社(枚方にある)をスタート、1号線を横切り既製服団地(この名称もいまはない)を抜けて長尾から大住方面へ。この辺りは結構な登り。頂上付近にぽつんと中心山荘という名前の旅館があったので、陸上部仲間では「中心山荘コース」と呼んでいた。山を下りると池に面したゴルフセンターの横を走って1号線を横断し、中小企業団地内を通って会社に帰るという、長距離コースでした。

松井ケ丘、大住ケ丘という名の大規模住宅地として開発されてからは一度も行っていないので、もう一度同じコースを走ってみようと思っても、まず不可能でしょう。

話をヘンプヒル選手に戻して、自己ベスト更新前後の比較をすると、

Megupb

走幅跳は同点で、それ以外の6種目はすべて得点を伸ばす。追い風に恵まれたこともあるが、初っ端の100mハードルで13秒46(風:+3.3)のベストタイムを出し勢いづいたのがおおきい。グラフでみてよくわかるが得意は走り。スプリントも持久もいける。ちょっとしんどいのは投擲。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
次の目標は中田有紀(日本保育サービス)のもつ日本記録5962点。

Mvsn01

得意の走りでは凌駕するもジャンプ種目で大きな開き。極めて高いスプリント能力からしてハバはもっと跳べていいはず。まずは6m越えか。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
日本記録ホルダーの中田選手と歴代3位のヘンプヒル選手の年次ベストを比較すると、

Mn_pby

中田選手は高校卒業後10年目にして現在の日本記録5962点に到達。さてヘンプヒル選手の場合はどうなるでしょう。大学在学中にでも6000点を突破しそうな勢いではありますが。楽しみですね。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
日本歴代50傑
R50_nana

永く孤高の頂にそびえてきた中田有紀。

ヘンプヒル選手、近づいたとはいえ、まだまだ道は険しそう。

今大会で歴代50傑更新の選手
①ヘンプヒル恵(中央大1) 5678 歴代8位→3位へUP
②宇都宮絵莉 (園田学園女大4)  5460 歴代35位→10位へUP
④伊藤明子 (筑波大2)  5389 歴代32位→19位へUP

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

| | コメント (2)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »