« 日本選手権雑感 | トップページ | リオ五輪マラソン代表選考 »

2015年6月29日 (月)

世界陸上代表発表

北京世界陸上(8月22日~30日)の代表が発表された。

参加標準記録を突破し、日本選手権3位以内もしくは日本グランプリ日本人1位の条件を満たす選手はすべて選考されたようだ。

男子10000mで11位に終わった村山謙太(旭化成)も兵庫リレーカーニバル日本人1位の条件で救われた。

1種目に3名までエントリーできるので、日本選手権で3位までに入った選手は8月2日までに標準記録を出せば追加で代表に。

例えば
男子5000m
大迫傑(ナイキオレゴンプロジェクト)
出口和也(旭化成)
女子5000m
鷲見梓沙(ユニバーサル)
女子10000m
小原怜(天満屋)

他の種目も同様なので対象選手はあと1か月、記録への挑戦がつづく。

では7月にどんな大会があるかというと、
ホクレンディスタンスチャレンジ(中長距離)
南部記念&日中韓3ヵ国交流陸上
実業団・学生対抗
トワイライト・ゲームズ
インターハイ
ユニバーシアード
などかな

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
来年のリオ、そして5年後の東京を見据え、日本陸連もフルエントリーに舵を切ったようだ。(資格のある選手がいるのなら枠いっぱい出る)

今までのように入賞の可能性のある選手を厳選なんて、カッコつけてられなくなったのでしょうね。



|

« 日本選手権雑感 | トップページ | リオ五輪マラソン代表選考 »

世界陸上」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本選手権雑感 | トップページ | リオ五輪マラソン代表選考 »