« 和歌山インターハイDay1 | トップページ | 和歌山インターハイDay3 »

2015年7月31日 (金)

和歌山インターハイDay2

2日目はテレビ観戦とネット速報チェック

女子1500m決勝
レース途中は常時4、5番手にピッタリつけていた向井智香(至学館3愛知)がラスト200m手前から動く。最終カーブで2連覇を目指す倉岡奈々(鹿児島女3)を抜き、その勢いでトップを行くモニカ・マーガレット(青森山田2)も抜き去り、さらに加速してフィニッシュ。

ラスト200からの静から動への切り替えがあざやか。4分16秒76は高校歴代9位。向井選手の得意種目は800m。個人種目3冠を目指す石塚選手には800m最強のライバルか。

女子やり投
世界ユースで60m35(ユース規格500g)を投げ金メダルを獲得した前年度チャンピオンの北口榛花(旭川東3北海道)と7月11日の京都選手権で58m59の高校最高記録をマークした山下実花子(京都共栄3)との一騎打ち。

結果は北口選手が自己ベストの56m63で連覇。対して山下選手はセカンドベスト55m40の2位。

2人の6投をグラフ化。北口選手は安定して55m越え。対する山下選手はバラツキが大きいものの4,5投目と距離を伸ばし最終投てきに期待。京都選手権で高校新を出したのも6投目なので力いっぱい投げたのでは。しかし結果はファール(無効試技)で一発逆転ならず。

実際に競技を見ていないので何とも言えないが記録を見る限りはスリル満点のいい試合だったのではと思う。

ふたりの次の対決は秋の和歌山国体か。

W_jt_f


女子4x400mR準決勝(3組2着+2)
第3組目出場の敬愛は5着で敗退。これで石塚選手の5冠は消えるも、個人種目3冠(残るは2冠)とマイル連覇の戦いはつづく。

|

« 和歌山インターハイDay1 | トップページ | 和歌山インターハイDay3 »

インターハイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 和歌山インターハイDay1 | トップページ | 和歌山インターハイDay3 »