« 北京世界陸上Day5 | トップページ | 北京世界陸上入賞テーブルランキング »

2015年8月29日 (土)

北京世界陸上Day7

入賞期待の女子やり投、海老原有希が予選落ち。

日本はここまでメダル&入賞ゼロ。大会前、日本陸連の目標〝メダル2、入賞6〟は絶望的。

しかし
男子50km競歩 ・・・メダル1、入賞1
男子400mリレー・・・入賞1
女子マラソン   ・・・メダル1
メダル2、入賞2はまだまだ望める。


7日目までの入賞テーブル

Day6,Day7の男女短距離・ハードル5種目で13人の入賞者を出したジャマイカ大躍進。逆にケニアはこの2日間入賞ゼロ。

得点100点を越えるのはアメリカ、ケニア、ジャマイカのトップ3。残り2日間、15種目で上位陣はどこまで得点を伸ばすか。

ではアジア勢はどのぐらい活躍しているか。昨年のアジア大会メダルテーブルの上位国からチェックすると、

中国       ・・・ 6位 64点
バーレーン   ・・・49位  4点
カタール     ・・・45位  5点
カザフスタン  ・・・39位  6点
インド       ・・・56位  1点
サウジアラビア ・・・56位  1点

中国以外は大苦戦。国籍変更でメダル量産のバーレーンも世界大会では沈黙。

Rank0107_2
Rank0107b

|

« 北京世界陸上Day5 | トップページ | 北京世界陸上入賞テーブルランキング »

世界陸上」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 北京世界陸上Day5 | トップページ | 北京世界陸上入賞テーブルランキング »