« 京都マ選手権での京都記録更新 | トップページ | 北京世界陸上Day3 »

2015年8月24日 (月)

北京世界陸上Day1,Day2

昨日で2日目が終わり決勝種目はまだ8つではあるが日本は入賞ゼロ。チームジャパンの目標はメダル2、入賞6だが、メダルが最も期待された20km競歩で世界記録保持者・鈴木雄介が故障で途中棄権と最悪の結果に。また入賞1を見込んでいた男子マラソンも今井正人が髄膜炎で欠場し出鼻をくじかれた格好だ。

2日目終了時点での入賞テーブル・ランキングを作成

1位8点、2位7点、・・・・・8位1点として加算。
同順位が2人いてもそのまま同得点とした。たとえば男子100m決勝で3位が同タイムの着差なしで2人となったがそれぞれに6点加算。3位6点と4位5点を分け合って5.5点とはしていない。(単にめんどくさいので)

1位はアメリカ。男子100mで4人入賞。2位中国は女子砲丸と男子20km競歩で銀メダル。3位ドイツは女子砲丸が金で男子砲丸が銀。同じく3位のカナダは女子七種で銀、男子競歩と男子100mで銅。

メダル争いでは金2個のイギリス。男子10000mのファラーと女子七種のエニス・ヒル。

Rank0102


(記事つづく)

|

« 京都マ選手権での京都記録更新 | トップページ | 北京世界陸上Day3 »

世界陸上」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 京都マ選手権での京都記録更新 | トップページ | 北京世界陸上Day3 »