« リオ五輪5日目 | トップページ | リオ五輪7日目 »

2016年8月18日 (木)

リオ五輪6日目

今日も4つの決勝種目に日本人選手の姿なし。

◆男子5000m予選(2組5着+5)

1組-22村山紘太(旭化成)  14:26.72  落選(総合42)
2組-⑯大迫傑(Nike ORPJT)13:31.45 SB 落選(総合28)
 
村山選手、序盤先頭に立つも女子5000m予選の上原選手のような勢いも粘りもなく敗退。10000mも不調だったし、どうも体にキレがないようだ。記録的には昨年11月に10000mで日本記録を出した頃がピークか。

大迫選手はシーズンベスト。先頭集団の中で予選突破を狙うも終盤のペースアップについていけず後退。「足が残っていなかった」とコメント。アクセルを踏み込んでもう一段加速するだけのパワーは残っていなかった、ということですね。


◆男子やり投予選(83mあるいは上位12)

B組-③新井涼平(スズキ浜松AC) 84m16 決勝進出(総合④)

一投目で予選突破設定記録83mを超えるビッグスロー。だから予選は1本で切り上げ体力温存。決勝は9日目(8/20)。自己ベスト86m83の更新で五輪男子やり投では初のメダル獲得へ。


Jt0818_2
Youtube【NHKリオ】より


◆十種競技(1日目)

24 中村明彦(スズキ浜松AC) 3899

      自己ベスト        リオ五輪    差異
100m  10.69(+1.8) 931    11.04(-0.8) 852  -79
走幅跳 7m65(+0.8) 972    7m13(+0.4) 845  -127
砲丸投 12m47    635    12m00    606   -29
走高跳 2m02     822    1m92    731   -91
400m  47.82     918    48.93     865   -53
1日目        4278             3899  -379 
110mH 14.12w(+2.1)959   
円盤投 35m58    575   
棒高跳 4m90     880   
やり投 54m18     651   
1500m 4:16.30     837   
総得点        8180   

25 右代啓祐(スズキ浜松AC) 3886

      自己ベスト        リオ五輪     差異
100m  11.24(-0.6) 808    11.30(+0.5)  795  -13
走幅跳 7m15(-0.5) 850    6m83(+0.3) 774  -76
砲丸投 15m19    801    14m14     737  -64
走高跳 2m03     831    1m98      785  -46
400m  49.66     830    50.43      795   -35
1日目         4120            3886  -234
110mH 14.90(+0.1) 862   
円盤投 50m17    874   
棒高跳 4m80     849   
やり投 69m11     876   
1500m 4:32.62    727   
総得点        8308   

1日目終わっての8位選手のポイントは4290。入賞はなかなか厳しそう。


◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
6日目終了時点での成績

メダル0、入賞2

・男子20kmW ⑦松永大介(東洋大) 1:20:22
・男子棒高跳   ⑦澤野大地(富士通) 5m50


今後のメダル・入賞、期待種目

・男子4x100mR・・・7日目(8/18夜)予選
・男子50km競歩・・・8日目(8/19夜)決勝
・男子やり投   ・・・9日目(8/21朝)決勝

                ( )内は日本時刻

今日の勢いなら、やり投の入賞は固い。そして、メダルにもっとも近いとされる男子400mリレーの予選が今夜11時40分から。リオとの時差はちょうど12時間だから現地はお昼どき。


◆男子4x100mR予選(2組3着+2)

日本は2組目、6レーン。

2組の出場国と2015-2016年のベストタイム

レーン 国名        タイム
1   イギリス       37.78
2   オランダ       38.41
3   ジャマイカ      37.36 
4   ドイツ         38.15
5   キューバ       38.44
6   日本         38.20
7   トリニダードトバコ 38.32
8   ブラジル       38.60

日本を上回るのはイギリス、ジャマイカ、ドイツ。山縣、飯塚、桐生、ケンブリッジのオーダーだと4人の走力は日本記録38.03樹立時の4人を凌駕するそうだ。ここにアンダーハンドパスの妙技が加わればドイツ、イギリスとは対等に闘える。3位以内での予選突破だ。

と、良い方向に考えてはいるが、何が起こるかわからないリレー。スパッとバトンが繋がるがどうか。

|

« リオ五輪5日目 | トップページ | リオ五輪7日目 »

オリンピック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リオ五輪5日目 | トップページ | リオ五輪7日目 »