« リオ五輪2日目 | トップページ | リオ五輪4日目 »

2016年8月16日 (火)

リオ五輪3日目

メダル期待の女子マラソンは福士選手14位。男子100mは山縣、ケンブリッジ両選手とも決勝進出ならず。

女子マラソン
                       ③2:24:30 ⑧2:27:36
⑭福士加代子 (ワコール) 2:29:53  96.4%   98.5%
⑲田中智美 (第一生命G) 2:31:12  95.6%    97.6%
46伊藤舞 (大塚製薬)    2:37:37  91.7%    93.6%

レース半ばにしてメダルの希望はなくなり、追い上げての入賞の期待も外れ。

急激なスピードの上げ下げに弱いことを今回も暴露。イーブンペースで30~35kmまで行くという省エネ走法に体が慣れてしまっているのかな。国内レースではペースメーカーが引っ張る先頭集団にいて無駄な動きをしない力温存戦法で行けるが、オリンピックでは通用しない。

あるいは、イーブンで行くなら、回りがどう動こうが自分のペースで押し通す。こういう戦略があってもいいか。ただし、目標は高いレベルで。

レース後の福士選手のコメント
『マラソンはきつい。ここまでの過程も、レースも全部苦しいけど、オリンピックのマラソンは出るもんだね。楽しいよ、苦しいけど。もう泣きたい。泣いてるけど』

感動のコメントでした。

結果はどうあれ、選手個々については持てる力は出し切った、と思います。健闘を称えましょう。


男子100m準決勝(3組2着+2)

2組-⑤ 山縣亮太 (SEIKO)      10.05 (+0.2) PB 落選
3組-⑦ ケンブリッジ飛鳥 (ドーム) 10.17 (±0 ) 落選

決勝進出タイム+2 10.01

山縣選手は自己ベスト

次は7日目の4x100mリレー予選に注目。


男子走高跳予選(2m31クリアあるいは上位12)

A組-⑱ 衛藤昂 (AGF) 2m17 落選

決勝進出12番目の記録は2m26


◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
3日目終了時点での成績

メダル0、入賞1

・男子20kmW ⑦松永大介(東洋大) 1:20:22

|

« リオ五輪2日目 | トップページ | リオ五輪4日目 »

オリンピック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リオ五輪2日目 | トップページ | リオ五輪4日目 »