« リオ五輪1日目 | トップページ | リオ五輪3日目 »

2016年8月15日 (月)

リオ五輪2日目

日本人出場の決勝種目は男子10000mのみで入賞はなし。

男子10000m決勝
                       ③27:06.26 ⑧27:23.86
⑰大迫傑(Nike ORPJT) 27:51.94  97.3%    98.3%
29設楽悠太(Honda)    28:55.23  93.7%    94.7%
30村山紘太(旭化成)   29:02.51  93.3%    94.3%
3位メダルと8位入賞への到達度を%で表示。

大迫選手が2000年シドニー男子10000mで7位の高岡寿成(カネボウ)以来のトラック個人種目入賞を目指すも届かず。設楽、村山の2選手は周回遅れの惨敗。


女子3000mSC予選(3組3着+6)
                            
1組-⑰高見澤安珠 (松山大学) 9:58.59 落選


タイム+6は9:35.79なのであと23秒。将来性を買われての五輪代表なのでこの経験を東京につなげてもらいましょう。


男子100m予選(8組2着+8)
4組-② ケンブリッジ飛鳥 (ドーム) 10.13 (-0.5) 準決勝進出
7組-④ 桐生祥秀 (東洋大)     10.23 (-0.4) 落選
8組-② 山縣亮太 (SEIKO)      10.20 (-1.3) 準決勝進出

タイム+8人目は10秒20なので桐生選手はあと0.03秒でした。


男子棒高跳予選(5m75あるいは上位12)

A組-⑦ 澤野大地 (富士通)    5m60   決勝進出
A組-⑪ 荻田大樹 (ミズノ)     5m45   落選
B組   山本聖途 (トヨタ自動車) 記録なし 落選

結局、予選通過ラインは5m60。荻田選手は総合21位。山本選手はロンドンに続いて記録なしに終わる。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
2日目終了時点での成績

メダル0、入賞1

・男子20kmW ⑦松永大介(東洋大) 1:20:22

|

« リオ五輪1日目 | トップページ | リオ五輪3日目 »

オリンピック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リオ五輪1日目 | トップページ | リオ五輪3日目 »