« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

2017年2月27日 (月)

今週の練習 2/20(月)-2/26(日)

2/20(月) 晴 鴨川下流ジョグ


0220_01


2/21(火) みぞれ 四条・三条間往復3kmビルドアップ

楽な気分で入って徐々にペースアップ。結果は、

1km  4’42”
2km  9’12” (4’30”)
3km 13’19” (4’07”)

2/18のタイムトライアルでは12’42”だったので5%ダウン。負荷なら10%ダウンか。

最後の1kmだけでみると4’11”に対し今回4’07”なので1kmとしては、ほぼ限界まで来ている。

気楽に初めて全力走で終わる。こういう練習のほうが楽と言えば楽。歳をとればなおさらでレースでもこういう走り方しかできなくなってきている。

0221_01
みぞれの中を鴨川沿いに上流に向かう


2/22(水) 晴 鴨川下流ジョグ

0222_01

うって変わって今日は快晴で暖かい。


2/23 曇 梅小路ジョグ

買い物お供。イオンモール京都にクルマを置いて近くの梅小路公園へ。

0223_03
梅見ごろ

0223_01

0223_02
鉄道博物館の横を

0223_04
ちょっと博物館のなかを覗いて

0223_05
???

2/24(金) 曇 岡崎方面へジョグ

気分を変えて東山方向、寧々の道から円山公園、岡崎の平安神宮へ。

0224_01


2/25(土) 晴 山田池練習会

3.2キロコースをジョグでアップ。小休憩のあとタイムトライアル。

結果 3.2km 13’23”
先月、コース自己ベストだった13’17”より6”ダウン。

3ヶ所のチェックポイント通過タイムを比較すると

      1月    2月
CP1   3'29"   3'32"  3"down
CP2   6'45"   6'51"  6"down
CP3   9'17"   9'25"  8"down
ゴール 13'17"  13'23"  6"down

今回もMさんに引っ張ってもらう形となった。Mさんもフルマラソン(3時間40分台)のあとなので先月ほどの勢いはなかったようだ。こういうときはGGサンが行くべきだが、いかんせん体が動かない。最後のチェックポイントでやっと前に出た次第。ゴールまで追いつけない日がくるのはそう遠くない。と思わせる、記録を伸ばし続ける60歳のMさんでした。

0225_yamada
練習仲間

0225_01
公園内をクールダウン

0225_02
いい天気です。

0225_03
ダウンしていたら今ごろ調子出てきて快走

今日は夕方から陸上仲間の遅い新年会。勤めていた会社の従業員クラブで、たっぷり3時間余り歓談し、飲みました。

0225_shinnennkai


2/26(日) 晴 鴨川下流ジョグ

ゆっくりゆっくり

0226_01

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

| | コメント (0)

2017年2月23日 (木)

青春歌謡 〝夕笛〟

青春歌謡の第2弾は舟木一夫の〝夕笛〟です。なんでや?

舟木一夫なら〝高校三年生〟でしょうが、最近お亡くなりになった船村徹の作曲ということで取り上げる。

この夕笛は映画『夕笛』(1967年、日活)のために作られたもので作詞は詩人の西條八十。

前年の映画『絶唱』大好評をうけ、同じ路線での製作となったのかな。悲劇のヒロインは『絶唱』和泉雅子から、『夕笛』は松原智恵子。

吉永小百合を含めて日活三人娘と言われ絶大な人気を誇った伝説の女優さんだ。

当時のGGサンは高校卒業して工場勤め。この歌も映画もまったく覚えていない。舟木一夫の歌なら〝絶唱〟〝夏子の季節〟ごろまではよく耳にしていたような。

夏、夏、夏、夏、夏子!

YouTubeで青春歌謡を視聴するようになって〝夕笛〟が好きになってきた。単調な旋律の繰り返しなのだが、何とも言えない心に響く歌なのです。歳のせいか?

ヒロインの松原智恵子もいいのです。先日、BSのどこかのチャネルでインタビュー番組がありました。

ミス日活とかに応募して入選(トップじゃなかった)。そして撮影所見学の際、カメラテストを受け、すぐに映画に出ることに。だから演技の勉強などしたことなしで本番に望んだとか。

やれと言われた仕事はなんでもやった、そうですが、どちらかといえば儚げで愁いを帯びたヒロイン(今は絶滅危惧種)役が多い。

ただしご本人はクルマをぶっ飛ばすのが好きな気丈な娘だったとおっしゃてたような。ちなみに新婚旅行は100日間かけてサハラ砂漠などをクルマで走破だと。

下がGGサンお気に入りの動画。



この映像で映画のおおよそのストーリーは想像できるが、〝想い出のオルゴール時計〟のサブタイトルがついた動画が4作あり、そちらがより詳しい。

(YouTubeアップされた方に感謝)

全篇みたいならばツタヤで。GGサンも最近観ました。昭和初期という時代を感じさせる涙なくしてはみれない悲恋の物語です。(やっぱり歳をとったのかな)

初恋の最愛のひとは駆け落ち寸前に公安に拘束され
意に反し、親が決めたひとと結婚
(婚礼を見送るクライマックスシーン)
嫁ぎ先では、姑、小姑に苛め抜かれ
オヤジさんは突然死で家も没落
夫にも冷たい仕打ちを受け
ついに家をとび出すも実家は火事!母さんもなくなる
兄さんは遠い戦地で行方不明となり
自らは失明
何もかも失ったヒロインを訪ねて初恋のひとが
一緒に東京へ行って眼の手術をしよう
しかし旅たちの朝、そのひとは持病の心臓病で帰らぬ人に
すぐ近くまでたどり着き力尽きたひとのことも分からず
ヒロインは想い出のオルゴール時計を手に
最愛のひとを待つ・・・

なお、この『夕笛』と『絶唱』それに『残雪』は舟木一夫主演・悲恋三部作。うち、絶唱のみ未見。レンタルないんですよね。

次回青春歌謡第3弾は吉永小百合。YouTubeに山の山ほどある。退屈しない毎日です。

| | コメント (0)

2017年2月21日 (火)

今週の練習 2/13(月)-19(日)

2/13(月) 曇。 今熊野、泉涌寺方面へジョグ

0212_01

智積院の梅を眺めながら

0212_02

0212_03

この道は東山トレイルコース

0212_04

泉涌寺の東隣りにある孝明天皇後月輪東山陵への参道を駆け登る。砂利道できつい勾配。全力でちょうど1分。一本で足ガタガタ。


2/14(火) 曇。 鴨川下流ジョグ

0214_01
ちょっと頑張って走る

0214_02


2/15(水) 曇。 堀川通→御池通→鴨川沿い をジョグ。

0215_01
五条堀川の陸橋

0215_02
市役所前

今週末19日は京都マラソン


2/16(木) 晴。 暖かい。鴨川下流ジョグ。

0216_01


0216_03


2/17(金) 小雨 鴨川下流ジョグ

クルマを定期点検でディーラーに預けたあと、鴨川沿いをジョグで帰る。

0217_01
鴨川沿いの公園を横切って・・・


2/18(土) 晴 3kmタイムトライアル

近くの神社でやってるフリーマーケットを覗いて。

0218_00
古いレコード

四条・三条間往復3kmタイム走

目標 4分20秒/km → 13分00秒

1km  4’16”
2km  8’32” (4’16”)
3km 12’42” (4’10”)

かってに往復1kmコースとしているがちょっと短いかも。

0218_01
帰りのジョグ


2/19(日) 晴 京都マラソン観戦を兼ねて鴨川上流の荒神橋付近までジョグ

0219_01

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

| | コメント (0)

2017年2月19日 (日)

京都マラソンをちょっとだけ観戦

鴨川上流へジョグ。

そうだ今日は京都マラソンの日。

ちょうどいい具合に丸太町橋をすぎ、荒神橋をくぐったあたりで、そろそろ先頭が来そう、と聞いたので立ち止まって観戦。

32kmの標識をもった係のひとがいましたので、ゴールまで残りはおよそ10km。

絶好のマラソン日和ではないですか。いや、ちょっと日差しがきついかも。ところが陽が陰ると寒い寒い。(どっちやねん!)

まあ、晴れ間のほうが多いので冷えることはないでしょう。

トップが来ました。

Kyoto_00
先導するのは自転車のようです。
河川敷なので白バイといえども入れません。

Kyoto_01
独走です。

Kyoto_m1
ランシャツにYKKとあります。 北陸の吉田工業。実業団の選手ですね。

相当に長い時間がたってから2番目の選手が。

Kyoto_m2
ゼッケンナンバー ちがったナンバーカード10010

100mほど後方に3番手の選手

Kyoto_m3
ナンバーカード1001かな?

ナンバーが4桁と5桁の選手がいます。4桁は登録選手、5桁は一般選手か。


女子はこのあと15分ほどもしてから通過。

Kyoto_w1
ワコールの選手ですね。この競技ユニフォームは。
(ナンバーカードの広告もワコール)

ナンバーカードから選手名と記録を調べると

男子
①村刺 厚介(YKK)            2:20:32 (京産大)
②田谷 輝人(ランナーズ・ウエルネス)  2:27:29 (山梨学大)
③久本 駿輔(GRlab)           2:27:56 (京都工芸繊維大)

女子
①幾野 由里亜(ワコール)       2:45:15 (松山大)

ナンバーからネットで調べたものです。間違いがあるかもしれません。
明日の京都新聞で確認。

| | コメント (0)

2017年2月12日 (日)

今週の練習(2/9-12)

GGサンの練習、毎日では書くネタもないので今後は週一とすることに。

前回記事以降の今週は、下記の通り。

2/ 9(木) 雨 鴨川下流Jog


2/10(金) 曇 四条・三条間2kmタイムトライアル

四条・三条間(西側河川敷の地道)
          ・・・おおよそ500m。よって往復1km

タイムトライアルと言いましても全力走をするわけではない。また、この歳ではやる気力もない。だいたい目標タイムを決めて80%ぐらいの力で走る。

(レースなら何%か。100%の力はもう出せません。いいとこ90%だろうか。)


目標
3km(3往復)・・・1km4’20” 13分00秒
2km(2往復)・・・1km4’15”  8分30秒

5kmは滅多にしない。気力なし。

今日は風がなかったので少しいいタイムが出た。

 1km 4’11”
 2km 8’18” (4’07”)

0210_01

最後の100mならこれくらい走れるかな。


2/11(土) 晴 鴨川下流Jog

カミさんのお供でスーパーに。カミさん買い物中に近くの鴨川の土手と河川敷でJog

0211_01



2/11(土) 晴 鴨川上流Jog

鴨川西岸のほうが走り良いのでいつもそちらを走っている。

0212_01

丸太町までいくと小学生の大文字駅伝に出会う。何区でしょうか。最後のほうだと思うけど。

そのスナップを何枚か。最初のスナップは先頭の学校だが、あとはとびとび。

0212_02
丸太町橋をくぐる先頭の小学生ランナー

0212_03

0212_04


0212_05

0212_06

0212_07

0212_08

小学生女子ですが速い。とても敵いません。


◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

| | コメント (0)

2017年2月 8日 (水)

鴨川下流ジョグ

くもり。北風というか西風なのか、風つよし。

鴨川下流の陶化橋(十条通り)まで往復のジョギング60分。

0208_01


この時期は小学校のマラソンシーズンか。
今月に入って3回目のコンタクト。

0208_02

| | コメント (0)

2017年2月 7日 (火)

鴨川上流ジョグ

今日は鴨川沿いを荒神橋まで往復。

風が冷たく時おり雪もチラホラの天気。

0207_01

帰り道の五条通で、ちょっと怖いおじさん風のひとに声をかけられる。「まいど」と言ってはったのかな。こちら走りながら会釈で返す。

誰だったかな?

年のせいでしょうが、何かにつけ、忘れっぽいし、覚えられないし、思い出せない。物事が次から次へ忘却の彼方へ去っていく。

トランプの神経衰弱ゲーム。小学1年のおチビさんと、3歳のおチビさん、それにカミさんとの4人で遊ぶと半分獲るのは小1。次にカミさん。3歳とGGサンが数枚で同じという結果。

ルールもあまり知らない3歳おチビと記憶力はほぼ同等のようだ。

そういえば昔から暗記物は苦手。学校では地理がダメで、化学もダメ、歴史もダメで、英語もダメ。それから・・・あとはもう思い出せない。

いやいや、国語の読解問題だけは得意だったような。試験勉強する必要もないのでね。本読むのが大好きだったから。そのかわり古典はコテンコテンにダメだった。

いちばん良かったのは物理か。なんたって物理クラブの部長だったんだから。でも電気のところは苦手だったな。目に見えないじゃないの電気なんて。

なかでも不思議なのは電波ですね。テレビやら携帯電話やらGPSやらの雑多で膨大な量の電波が空中をとび回り、空間が埋め尽くされてる感じ。それをアンテナで捕らえて観たり聴いたり。会話したり。いったいどうなってるのかな。

だいたい、光も電波というか電磁波の一種なんだとか。電磁波というのは電界と磁界が取っ組み合いしながら、真空中なら秒速30万キロの猛スピードで進んでいくらしい。

それに太陽からは宇宙線が飛んでくるし、宇宙の全方向からはマイクロ波が飛んできているとか。この宇宙が誕生したビックバンの名残りらしい。

どうなってるのだろう、この空間は・・・

| | コメント (0)

2017年2月 6日 (月)

鴨川下流ジョグ

今日の練習は近くの七条・鴨川に出て、河川敷を下流方向へジョギング。軽い体操を交えて60分ぐらいのもの。

上流、下流を交互に行く。上流に行ったとき、気が向けば四条と三条間の距離500mで2キロか3キロのタイム走。このときだけRUN。あとの日はJOG。

これが現在のGGサンの練習。

0206_01

自撮りです。

これだけの練習なので記事らしきものを書くネタも無いのですが、日記ブログらしく、日々更新していくようにしたいものですね。

| | コメント (0)

2017年2月 3日 (金)

鴨川上流ジョグ

三条から上に向かって鴨川沿いをジョギングしてると小学生のマラソンに出会う。

天候もいいし、絶好のマラソン日和か。

0203_01

あとで聞いた話だが、小1と小4のおチビさんの学校だったようだ。へ~、ここがマラソンコースか。なんでも小1が1キロ、小4は2キロだと。

小1の女の子、学年で5番(男女合わせて)だったとか。

ひょっとしたら将来の全国女子駅伝ランナー!?

いやー、ちょっと気が早い。
でも楽しみではある。


帰り道、天狗や鬼の行列に出会う。そうか、今日は節分だ。

0203_03

何歳ぐらいまでだったかな。 家族で豆巻きして、歳の数だけ豆を食べていたのは。

| | コメント (0)

2017年2月 2日 (木)

青春歌謡〝君だけを〟

Youtubeとやらで、その昔の昭和の歌謡曲を聴くのは楽しいものです。何を聴き、みているのかと言えばやはり懐かしの青春歌謡が多い。誰の歌かと言えばぼくら団塊世代では御三家。

御三家とは? 橋幸夫(ビクター)、舟木一夫(コロンビア)、西郷輝彦(クラウン)。あと三田明(ビクター)も入れると四天王だ。このなかでGGサンがレコードをたくさん持っていたのは西郷輝彦。御三家のなかではいちばん歳が近かったからだろうか。

西郷輝彦のデビュー曲は『君だけを』。1964年2月レコード発売なのでGGサンは中学卒業の頃。

〝君だけを 西郷輝彦〟をYoutubeに入って検索。 ズラズラーと、いっぱい出てきます。ここでは映画『十七才のこの胸に』の中で歌っている動画があったので、これを掲載。



映画挿入歌は1番と2番まで。

フルコーラス版は



この動画も映画『十七才のこの胸に』の映像を使ってるようだ。こんな映画があったんだ。

そこで、ツタヤに行きレンタルして観ました。なかなかに面白い青春歌謡映画です。西郷輝彦が歌いまくってる。

♪♪ 十七才のこの胸に、君だけを、チャペルに続く白い道 ♪

共演の女学生役は当時アイドル的存在だった本間千代子。彼女の動画も調べるとたくさあるある。本間さんは俳優でもあり歌手でもあったのですね。たくさん歌ってます。ほとんどヒットはしなかったようだが今聴くと哀愁の歌声で結構いい。GGサンも遅まきながら本間千代子ファンになりそう。

これはこれでまた記事にしようかな。

しかし便利になりました。捨ててしまった膨大なレコードやカセットテープ。それがなくてもパソコンで歌謡曲が懐かしい映像と共に視聴できる世の中になった。もちろんスマホでもみれる。

昔なら夢の世界。

| | コメント (0)

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »