« 全日本マ混成競技大会 京都選手の結果 | トップページ | 鴨川上流ジョグ »

2017年2月 2日 (木)

青春歌謡〝君だけを〟

Youtubeとやらで、その昔の昭和の歌謡曲を聴くのは楽しいものです。何を聴き、みているのかと言えばやはり懐かしの青春歌謡が多い。誰の歌かと言えばぼくら団塊世代では御三家。

御三家とは? 橋幸夫(ビクター)、舟木一夫(コロンビア)、西郷輝彦(クラウン)。あと三田明(ビクター)も入れると四天王だ。このなかでGGサンがレコードをたくさん持っていたのは西郷輝彦。御三家のなかではいちばん歳が近かったからだろうか。

西郷輝彦のデビュー曲は『君だけを』。1964年2月レコード発売なのでGGサンは中学卒業の頃。

〝君だけを 西郷輝彦〟をYoutubeに入って検索。 ズラズラーと、いっぱい出てきます。ここでは映画『十七才のこの胸に』の中で歌っている動画があったので、これを掲載。



映画挿入歌は1番と2番まで。

フルコーラス版は



この動画も映画『十七才のこの胸に』の映像を使ってるようだ。こんな映画があったんだ。

そこで、ツタヤに行きレンタルして観ました。なかなかに面白い青春歌謡映画です。西郷輝彦が歌いまくってる。

♪♪ 十七才のこの胸に、君だけを、チャペルに続く白い道 ♪

共演の女学生役は当時アイドル的存在だった本間千代子。彼女の動画も調べるとたくさあるある。本間さんは俳優でもあり歌手でもあったのですね。たくさん歌ってます。ほとんどヒットはしなかったようだが今聴くと哀愁の歌声で結構いい。GGサンも遅まきながら本間千代子ファンになりそう。

これはこれでまた記事にしようかな。

しかし便利になりました。捨ててしまった膨大なレコードやカセットテープ。それがなくてもパソコンで歌謡曲が懐かしい映像と共に視聴できる世の中になった。もちろんスマホでもみれる。

昔なら夢の世界。

|

« 全日本マ混成競技大会 京都選手の結果 | トップページ | 鴨川上流ジョグ »

雑記帳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 全日本マ混成競技大会 京都選手の結果 | トップページ | 鴨川上流ジョグ »