京都の競技会

2014年7月15日 (火)

京都陸上選手権観戦記(2)男女10000m

京都選手権のつづき

女子10000m(7/12)
① 33.33.36 菅野七虹 (立命館大2)   
② 34.16.27 奥野有紀子 (京産大4)   
③ 35.07.84 坂田愛子 (立命館大3)   
④ 35.16.57 古久保亜衣 (京産大4) 

出場者は4人。招待走高跳観戦で第2曲走路の内側にいたので、レース展開ははっきりと把握していないが、すぐ後ろを選手が通過するので息づかいまで聞こえる。途中のラップは電光掲示板で確認できた。

W10k_01
トップ争いは終始、奥野選手と菅野選手の二人

W10k_02
ラスト1周の鐘のあとの最終カーブ。菅野選手がトップ。

W10k_03
奥野選手はジョグのようにペースダウン。体がフラフラの状態

W10k_04
阪田選手

W10k_05
古久保選手

W10k_lap
7000から9000までがガクンと落ちた。前半16’35”、後半16’58”

Youtubeの動画をみて分かったが、奥野選手はラスト2周でスパートして菅野選手を完全に引き離すも、あと1周の鐘で立ち止まった感じ。うーーん、多分、周回を間違ったいたのではないかな。あと2周のところで、あと1周と思ってスパートされたのでは???


男子10000m(7/12)
① 29.52.19 池上秀志 (アラプロ)   
② 30.19.66 森井勇磨 (SGHグループ)   
③ 30.38.20 鈴木勇太 (京産大4)   
④ 30.43.00 橋本宗太 (京産大4)   
⑤ 30.48.13 塚田空 (SGHグループ)   
⑥ 31.11.52 松田凌汰 (近畿大3)   
⑦ 31.13.77 中原将貴 (大経大4)   
⑧ 31.18.85 藤井翔太 (京都外大西高3)   
⑨ 31.21.43 西仁史 (SGHグループ)   
⑩ 31.27.29 山田優雅 (奈良学園大4) 

トップの池上選手は京都教育大生ながら大学クラブは退部してマラソンの藤原新主催のアラタプロジェクトに所属。今年1月にあった谷川真理ハーフマラソンであの川内選手を1分8秒の大差で敗り一躍有名人となった。

M10k_01
スタートからトップを快走した池上選手

M10k_lap_3
1000mごとのラップ。最初から突っ込んで行った感じですね。前半14’49”、後半15’03”。

M10k_02
高校生で8位に入った藤井選手

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

女子で33分33秒だと、昨年度の日本100傑でみると75位相当。男子の29分52秒ですと圏外となってしまう。昨年の100位は28分48秒。

群雄割拠の男子長距離界で頭角を現すのはいかに至難の業か。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

| | コメント (2)

2014年7月14日 (月)

京都陸上選手権観戦記(1)男子招待走高跳

7/11(金)、12(土)、13日(日)、西京極で行われた第69回京都選手権をところどころ観戦。そのトピックスです。

2日目の12日は夕方の5時半から男子招待の走幅跳。競技ピットに設けられた特別席で観戦です。まさに超人たちのジャンプを間近で楽しみました。

結果は下記成績表の通り

2mちょうどの高さからスタート。初めからハイレベルの戦いとなりました。目の前でみる助走からジャンプの躍動はもの凄い迫力。それに助走に入る前の集中の仕方も選手ごとに個性があって面白い。

夏の夕べ、異次元の観戦でした。

Stmlj001

下記をクリックするとウインドウズ・メディア・プレイヤーが立ち上がります。

元吉選手のジャンプ

平松選手のジャンプ
山梨インターハイの走高跳と三段跳のメダル候補です。

尾又選手のジャンプは下のYoutubeで



尾又選手、2m20クリアのあと、自己ベストに挑戦。バーは3回とも落ちてしまいましたが非常に惜しいジャンプでした。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

男子走高跳も日本歴代50傑シリーズに取り上げてフォローしよう。

| | コメント (0)

2014年7月11日 (金)

今日から京都選手権

朝起きたらスカッとした青空。しかし陽が昇るほど強烈に暑くなってきた。台風去って暑さ来たる。その暑い中を1時間ほどジョグ。

お昼寝して起きたら雨。すぐに止んだが不快指数ぐんと上がる。夕方、西京極へ。

今日から3日間、京都陸上選手権です。1日目の観戦は、女子走幅跳と男女の5000m。

女子走幅跳

3位までのスナップ

Wlj_01
①辻本愛莉香(大阪成蹊大1) 5m78 高い!

Wlj_02
②ヘンプヒル恵(京都文教高3) 5m70 伸びる!

Wlj_03
③椹木亜美(京都文教高1) 5m47 ヤング!
昨年の全日中優勝者。

風は未確認。そんなに吹いてなかったみたい。

Wlj_04
優勝した辻本選手は京都両洋高出身


女子5000m

W5k2_01
途中3000mは9分48秒

W5k2_02_2
立命館大が上位独占(3選手とも1学年)

W5k2_03
全2組のタイムレース決勝。8位までの入賞者はすべて2組でした。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

| | コメント (0)

2014年5月15日 (木)

京都国体1次予選(2)

5月10日(土)、西京極で行われた京都国体1次予選のつづき。

少年共通男子800m
①1.53.87 鍋島基(桂3)
②1.56.65 西島玄基(洛南2)
③1.58.67 豊永大輝(洛南3)
M800
ラスト200から鍋島選手がスパート。昨年のSBを3秒以上更新の好タイム。

少年共通女子800m
①2.18.11 杉浦朝香(西京3)
②2.20.57 小山怜那(立命館宇治3)
③2.22.60 上村英恵(京都外大西3)
W800

少年B女子1500m
①4.42.55 寸田桜(立命館宇治1)
②4.45.25 藤村晴菜(桂1)
③4.45.74 藤村晶菜(桂1)
W1500

少年B男子3000m
①8.55.40 清水颯大(洛南1)
②8.57.53 吉田登輝(洛南1)
③8.57.65 松久亮介(京都外大西1)
M3000

少年A女子3000m
①9.30.51 安藤富貴子(立命館宇治2)
②9.37.24 眞部亜樹(立命館宇治2)
③9.39.12 関紅葉(立命館宇治3)
W3000

少年A男子5000m
①14.53.73 本多寛幸(京都外大西3)
②14.57.91 藤井翔太(京都外大西3)
③14.59.77 古田光(京都外大西3)
M5000

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

| | コメント (0)

2014年5月13日 (火)

京都国体1次予選(1)

10日の土曜日は昼からのんびりと西京極に出掛け、国体予選を観戦した。そのときのスナップを掲載。

いい天気でしたが風が非常にきつく、短距離は軒並み追い風参考だったようです。事前に京都陸協のWebサイトから印刷した競技順序がゴチャゴチャに間違っていて面喰いました。よって競技種目の分からないスナップもあります。ウ~ん。

記録会の女子400mでしょう。

W400_1

W400_2

W400_3

W400_4

W400_5

男子110mH

M110mh_0

M110mh_1

M110mh_2

女子の100mH。国体少年Bか。

W100h_00s

W100h_00

次は100m

M100_1

W100_1

M100_2

W100_2

少年A女子100m
①11.98 壹岐いちこ(京都橘2)
②12.12 梅木喬世(塔南3)
③12.19 中島藍梨(京都文教1)
風+3.1で参考記録

9レーンは成年女子で
①11.67 和田麻希(ミズノ)

少年Aの男女400mハードル

M400h
①54.42 道下幸平(洛南3)
②55.18 岩本武(京都両洋3)
③55.53 豊田将樹(洛南2)

W400h
① 59.73 ヘンプヒル恵(京都文教3)
②1.00.73 出水楓(京都文教2)
③1.04.75 武村明香(西京2)
 
3選手とも昨シーズンの記録を更新

少年A男女400m

M400
①49.84 大谷直矢(洛南2)
②50.26 小薄和哉(洛南3)
③50.36 向井亮太(西城陽3)

W400
①57.59 出水楓(京都文教2)
②58.88 南百花(京都橘3)
③59.51 長谷川風雅(西城陽2)

出水選手、400ハードルから連戦。

※この記事つづく

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

今日は清水山山頂へ。将軍塚にクルマをとめて、そこからハイキング。1時間ほどゆっくり歩く。途中出遭った人はたったのひとり。

40513_01
清水山2425m・・・? いいえ、242.5m。すぐ下が清水寺です。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

| | コメント (0)

2014年5月 6日 (火)

京都高校市内ブロック予選2日目観戦記(1)

京都I.H(全国インターハイ京都予選)の市内ブロック予選が5(月)、6(火)のGW2日間、西京極で行われた。その2日目、10時15分開始の女子800mから観戦した。今日は清々しいいい天気。でもちょっと風がきついなあ。

この大会で、すでに参加資格を持つ者を除いて25位以内に入ると今月30日からの京都I.Hに出る資格が与えられる重要な大会なんだ。

試合の結果はアスリート・ランキング(AthleteRanking.com)サイトに出ていまするのでそちらをみてくだされ。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

女子800m

12組まであって持ちタイムのいい者順に組み合わせ。DNSの選手を除くと101名が出場した。上位3人はというと、
① 2:19.79 久世 幸 (桂1)   
② 2:19.95 文字優花 (乙訓1)   
③ 2:20.10 河添柚香 (京都外大西1) 
と、なんと1年生で独占。

12組まで走り終わった結果、京都I.H出場資格は28位の2’26”90までだった。グラフで表示すると下図となる。

申込記録(2013年以降の自己ベスト?)も一緒に表示しているので、どの程度頑張れたか分かると思う。なお、11組と12組の17選手は申込記録なしだったので800mは初レースということかな。

40507_01

このグラフから何が読み取れるか?

・府大会に出場するのも狭き門(3.6倍)
・(昨年以降の)自己ベスを更新できなかった選手のほうが多い。
調べると、38人がプラスで、46人がマイナス。45%の選手が昨年からのベストを更新したことになる。

45%? けっこう高い数字と思いますが。

自己ベストなんてそう簡単に出る訳ではない。まあ成長期の高校時代なので記録が向上していく傾向にあることは間違いないが。

ぼくの経験と言っても、高校時代にクラブ活動をしていないのでわからないが、19歳から会社勤めをしながら趣味で陸上を始め30歳ぐらいまでは記録が伸びていたので、競技開始からピークまで10年は上向き。そして45歳までそこそこ走れたので、ピークから15年は維持できる。そのあとは体が動かなくなるまでおよそ20年ほどはマスターズで刺激を味わえる。こんな感じだろうか。

GGサンの陸上競技期間
始めてからピークまでの上昇期間         10年
ピークから落ちるけど年齢を考えず戦える期間 15年
マスターズで同年代の選手と刺激共有期間   20年

トータルで45年も陸上競技を楽しめた、と自分の経験から言える。まあ体が思うように動かなくなって試合に出るのが無理になっても、観戦の楽しみに終わりはない。それに道端に咲く名もなき花が応援してくれる(ちょっと文学的すぎる?)超スロー・ジョギングもできるしね。ということで死ぬまで陸上を楽しめるのだ。

話が脱線したが、高校時代の陸上競技は記録が伸びる?はずですね。 勉強という仕事はある。それに宿題と言う残業もあるし、試験前の徹夜仕事もあるかな。でも一般の社会人(実業団ではなく)よりは陸上に打ち込めるでしょう。

続けていれば10年間は記録が伸びるはずなので高校3年間なんて、恋の滝登り、間違い、鯉の滝登りみたいに日々、成長していくのだ。まあ、浮き沈みは当然あるけど、年間でみれば間違いなく伸びていく。

そろそろ時間となりましたので続きはまたあした・・・

| | コメント (0)

2014年4月21日 (月)

京都陸協記録会

今日は西京極へ京都陸協の記録会観戦です。昼からは小雨となり、肌寒い日となりました。

女子800m
①2.15.81 杉浦朝香(西京高)
②2.16.67 米田香澄(神戸大)
③2.17.90 上村英恵(京都外大西高)
④2.18.83 浦西彩子(西京高)
⑤2.19.44 長野夏子(智辯学園高)
以上、2分20秒以内。14組まであったが上記5選手は1組。

40420_01
1周目。途中400mは1分05秒

40420_02_2
ラスト100m

男子800m
①1.55.74 鍋島 基(桂高)
②1.56.18 近藤克紀(立命館同好会)
③1.57.66 西村伸哉(同志社大)
④1.57.95 杉本和也(智辯学園高)
⑤1.58.85 田中稜也(近畿大)
⑥1.58.88 尹 順平(近畿大)
⑦1.59.50 富家 稜(向陽高)
⑧1.59.62 山下隼人(近畿大)
⑨1.59.81 西島玄基(洛南高)
⑩1.59.87 中谷一平(桂高)
以上、2分00秒以内。15組まであり、1組7名、2組1名、14組2名。

40420_11
1周目55秒

40420_12
最終コーナー

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

男子で2分05秒ぐらいだと全体の真ん中ぐらいかな。みてると結構速い。会社に入って趣味でランニングを始め2度目の800mの試合でそれぐらいのタイムを出した。土の300mトラックだった。こんなに速く走っていたのかなと自分でも?。 

高校生にとってはこの時期の記録会は実力の確認となる。インターハイを目指す選手には京都高校30傑が目安となろうか。

昨年度800m京都高校30傑入り( )内は近畿30傑
男子 2.01.16 (1.56.25)
女子 2.23.24 (2.16.83)

| | コメント (0)

2014年4月 6日 (日)

第1回京都陸協記録会女子1500m

春爛漫まらまた少し冬に逆戻りのような気候の今日、西京極へ出かける。

0406_01

アリーナの桜も少し散り始めた。

9時20分に競技場に着いた。メインスタンド下段のフィニッシュ側に座布団を敷いて座る。防寒は万全だがやはり寒い。

今日は男女の1500mと100mを観る予定。最初の種目は女子1500mで6組まであった。一応、持ちタイムの速い選手順に組み合わせがされているみたいだ。

その第1組。

W15_1_01

W15_1_02

W15_1_03

テントがちょっと邪魔してますが、佛教大の選手が先頭で、塔南高の選手が続きます。

W15_1_04

トップから來海りえ(佛教大4)、佐藤瞳(塔南高3)、小嶋菫(佛教大4)の3選手

W15_1_05

400は1′10″。ゴールタイム4′23″ペース。

W15_1_06

來海選手と小嶋選手が並んでトップを行く。來海は「キマチ」と読み、現在の島根県にかつて存在した出雲国意宇郡来海村が起源だそうです。來海選手も島根県平田高出身。

このあと、小嶋選手が抜け出します。と言うより他の選手のペースが落ちたのかもしれない。800mは2′24″ぐらい? カメラで通過点を撮って、カメラの時計であとから割り出すつもりが、タイミングが合わず。場内アナウンスはあるが、電光掲示板は使用されていないので不確か。多分400は1′14″。4′30″ペースですね。

W15_1_08

小嶋選手が独走。小嶋菫(すみれ)、佛教大陸上部のホームページをみると兵庫県龍野高出身とある。思い出した。このブログにも書いたが、2010年のインターハイ近畿大会。1500mの決勝だった。スタートしてすぐに転倒してなかなか立ち上がれない選手がいた。ひどいケガだったのかもしれない。その選手の名前が小嶋菫。そのレースはDNFとなってしまい、最終日の3000mも欠場。高校3年最後のインターハイ挑戦だったでしょうが・・・。

小嶋選手、佛教大に進まれ、昨年は全日本大学女子駅伝のアンカーを務め今年は大学も最終年。3月の学連競技会では雨の中、10000mを35′36″。そして今日の記録会もトップ。

途中1200mもカメラシャッターミス。たぶん3′37″ぐらい。ぎりぎり4′30″か。

W15_1_09

小嶋選手が同じ佛教大の選手を引き離して力強いフィニッシュ。

①4.32.63 小嶋菫(佛教大4) 兵庫・龍野
②4.41.94 來海りえ(佛教大4) 島根・平田
③4.42.60 成岡千夏(佛教大3) 三重・津商
④4.43.06 山本萌絵(佛教大3) 京都・桂
⑤4.46.15 高橋世奈(佛教大3) 高知・山田
⑥4.49.69 新田彩乃(京都光華高3)
⑦4.51.38 佐藤瞳(塔南高3)
⑧4.53.40 江上知沙(大阪芸術大2) 大阪・薫英女学院
⑨4.53.81 細峪由麻(佛教大1) 和歌山・日高
⑩4.58.78 上田真弥(京都光華高2)
⑪5.05.21 木下菜々(塔南高2)

※学生選手には末尾に出身高校を記載

スナップ

W15_1_11

W15_1_12

W15_1_10

W15_1_13

W15_1_14

シーズン最初の試合でかつ朝一番のレース。それに寒い。そんなことでタイムは10~20秒ぐらいは悪いかもしれない。

GGサンなら、こういう時はじっくりとアップし体を慣らしていく。そしてきつい目の刺激をガガーーンと。アップで疲れるぐらいが丁度いい。

| | コメント (0)

2013年4月20日 (土)

京都陸協記録会女子3000m

晴れのち曇りのち雨

昨夜から読みだした今野敏の警察小説、隠蔽捜査3「疑心」。今日も朝から続きを読む。読み終えてからいつもの鴨川上流コースへ。

体操を混じえ2時間近い練習。と言ってもほとんどジョグ。なので調子がいいかどうかなんてわからない。

コースの最後に2km走計時 9’15”

ちょっとは上向いてきたのか。

□□□ □□□ □□□

午後から西京極へ。京都陸協記録会をみる。女子3000mが3組。大半が高校生だが1組には実業団選手が出場していた。地元ワコールと兵庫のノーリツ。それに大学生も。関西大に光華女子大。

W3000_1
1組

ノーリツの井上選手がトップに出て、ワコールの川西選手が追う形でレースは進む。途中1000mが3’07”、2000mは6’18”。中盤から井上選手が徐々に差を広げ終盤は独走状態。川西選手はラスト200mから後続の乙訓高の筒井選手、最後の直線で関西大の廣瀬選手に抜かれ4位だった。なお、5位には樫原中学の西川選手が入った。

①井上 藍(ノーリツ)  9.27.69
②筒井 咲帆(乙訓高) 9.36.42
③廣瀬 亜美(関西大) 9.38.32
----------------------------
④川西 寧々(ワコール)9.38.81
⑤西川みゆう(樫原中) 9.40.78

W3000_2
2組

①安川 侑那(綾部高)   9.45.43
②和田優香里(乙訓高)   9.48.26
③新田 綾乃(京都光華高)9.50.32



このあと、男子3000m、男女の5000mを観戦し、終わったのが6時前。

その足でス競技場の隣のポーツ会館に行く。京都ランニング連合会の総会だ。京都マスターズも今年から連合会に入会することになりました。


□□□ □□□ □□□

川西寧々(ワコール)

滋賀水口東高からワコールに入社して2年目。ねねちゃんは高校時代から応援してます。厳しい実業団だが頑張って。

Knn3000a
グラフにすると確実にレベルアップしているのがわかる。今年は9分30秒越えの回数を増やし、自己ベストを更新。目標は20秒突破。

もちろん、1500m、5000mも自己ベスト更新でしょう。

Knn3000b

ワコールスパークエンジェルス川西寧々


焼肉大好き。いいね。

□□□ □□□ □□□

3日連続で今野敏の隠蔽捜査シリーズを読む。

新潮社:疑心―隠蔽捜査3―

朴念仁が美貌の女性キャリアに恋病? 
仕事が手に着かず疲労困憊の窮地!
脱け出せるのか竜崎伸也・・・

| | コメント (0)

2012年8月23日 (木)

京都高校ユース1日目

ソリオの6ヶ月点検でスズキに行く。購入からまだ1年と6ヶ月、快調に走っている。どこも異常なし。乗ってるGGサンはポンコツだけど。

ポンコツという言葉はもともとは拳骨(げんこつ)からきたものらしい。げんこつ⇒ハンマーになって、ハンマーで叩いてクルマを壊す作業も「ポンコツ」となり、ついには壊すクルマそのものも「ポンコツ」となった。

午後から西京極へ京都高校ユースの800m観戦へ。クルマだと25分もあれば到着。

・゜゜・。。・゜゜・。。・゜゜・。。・゜

3位までが9月15日から奈良で行われる近畿高校ユースに出場できる。

タイムレース予選の結果とエントリーランキングを併記した

1年女子800m決勝

①2:20.60 上村 英恵(京都外大西) 予①2:19.17 Rank①2:18.03
②2:20.75 杉浦 朝香(西京)     予⑦2:27.32 Rank④2:21.06
③2:20.95 梅原 千佳(立命館宇治) 予②2:24.16 Rank②2:19.60

途中400は1'09"(梅原選手)。ランキング1位の上村選手がラストを制す。


2年女子800m決勝

①2:17.06 岡田 梨佐(立命館宇治)予①2:19.27 Rank①2:15.18   
②2:20.29 和田 優香里(乙訓)     予②2:19.46 Rank⑦2:20.78
③2:20.50 片田 桃華(立命館宇治)予③2:19.65 Rank④2:18.83

途中400は1'08"(岡田選手)。岡田選手強い。和田選手のラストの追い込みが光る。昨年の近畿ユース1年女子800mで3位に入った京都光華の中畑美希は最後の直線でせり負け4着。気持ちを入れ替え明日の1500mに懸ける。


1年男子800m決勝

①2:03.29 北村 翔(桃山) 予③2:04.64 Rank①1:59.14    
②2:03.97 小薄 和哉(洛南)予⑥2:06.21 Rank②2:01.81    
③2:04.03 河原 響(洛南)  予②2:04.28 Rank --(記録なし)

途中400は1'01"


2年男子800m決勝

①2:01.41 勝部 舜也(京都外大西) 予③2:01.40 Rank①1:56.88 
②2:01.66 吉岡 成(網野)    予②2:01.31 Rank③1:58.92
③2:02.50 増田 隼人(西京)  予⑤2:02.07 Rank⑥2:00.57

途中400は1'01"

・゜゜・。。・゜゜・。。・゜゜・。。・゜

駐車料金は1時間以内なので200円。帰宅して走ろうと思いきや雷さんがゴロゴロ、ゴロゴロ。家の中でストレッチと筋トレ。

・゜゜・。。・゜゜・。。・゜゜・。。・゜

| | コメント (0)

より以前の記事一覧