雑記帳

2017年2月23日 (木)

青春歌謡 〝夕笛〟

青春歌謡の第2弾は舟木一夫の〝夕笛〟です。なんでや?

舟木一夫なら〝高校三年生〟でしょうが、最近お亡くなりになった船村徹の作曲ということで取り上げる。

この夕笛は映画『夕笛』(1967年、日活)のために作られたもので作詞は詩人の西條八十。

前年の映画『絶唱』大好評をうけ、同じ路線での製作となったのかな。悲劇のヒロインは『絶唱』和泉雅子から、『夕笛』は松原智恵子。

吉永小百合を含めて日活三人娘と言われ絶大な人気を誇った伝説の女優さんだ。

当時のGGサンは高校卒業して工場勤め。この歌も映画もまったく覚えていない。舟木一夫の歌なら〝絶唱〟〝夏子の季節〟ごろまではよく耳にしていたような。

夏、夏、夏、夏、夏子!

YouTubeで青春歌謡を視聴するようになって〝夕笛〟が好きになってきた。単調な旋律の繰り返しなのだが、何とも言えない心に響く歌なのです。歳のせいか?

ヒロインの松原智恵子もいいのです。先日、BSのどこかのチャネルでインタビュー番組がありました。

ミス日活とかに応募して入選(トップじゃなかった)。そして撮影所見学の際、カメラテストを受け、すぐに映画に出ることに。だから演技の勉強などしたことなしで本番に望んだとか。

やれと言われた仕事はなんでもやった、そうですが、どちらかといえば儚げで愁いを帯びたヒロイン(今は絶滅危惧種)役が多い。

ただしご本人はクルマをぶっ飛ばすのが好きな気丈な娘だったとおっしゃてたような。ちなみに新婚旅行は100日間かけてサハラ砂漠などをクルマで走破だと。

下がGGサンお気に入りの動画。



この映像で映画のおおよそのストーリーは想像できるが、〝想い出のオルゴール時計〟のサブタイトルがついた動画が4作あり、そちらがより詳しい。

(YouTubeアップされた方に感謝)

全篇みたいならばツタヤで。GGサンも最近観ました。昭和初期という時代を感じさせる涙なくしてはみれない悲恋の物語です。(やっぱり歳をとったのかな)

初恋の最愛のひとは駆け落ち寸前に公安に拘束され
意に反し、親が決めたひとと結婚
(婚礼を見送るクライマックスシーン)
嫁ぎ先では、姑、小姑に苛め抜かれ
オヤジさんは突然死で家も没落
夫にも冷たい仕打ちを受け
ついに家をとび出すも実家は火事!母さんもなくなる
兄さんは遠い戦地で行方不明となり
自らは失明
何もかも失ったヒロインを訪ねて初恋のひとが
一緒に東京へ行って眼の手術をしよう
しかし旅たちの朝、そのひとは持病の心臓病で帰らぬ人に
すぐ近くまでたどり着き力尽きたひとのことも分からず
ヒロインは想い出のオルゴール時計を手に
最愛のひとを待つ・・・

なお、この『夕笛』と『絶唱』それに『残雪』は舟木一夫主演・悲恋三部作。うち、絶唱のみ未見。レンタルないんですよね。

次回青春歌謡第3弾は吉永小百合。YouTubeに山の山ほどある。退屈しない毎日です。

| | コメント (0)

2017年2月 2日 (木)

青春歌謡〝君だけを〟

Youtubeとやらで、その昔の昭和の歌謡曲を聴くのは楽しいものです。何を聴き、みているのかと言えばやはり懐かしの青春歌謡が多い。誰の歌かと言えばぼくら団塊世代では御三家。

御三家とは? 橋幸夫(ビクター)、舟木一夫(コロンビア)、西郷輝彦(クラウン)。あと三田明(ビクター)も入れると四天王だ。このなかでGGサンがレコードをたくさん持っていたのは西郷輝彦。御三家のなかではいちばん歳が近かったからだろうか。

西郷輝彦のデビュー曲は『君だけを』。1964年2月レコード発売なのでGGサンは中学卒業の頃。

〝君だけを 西郷輝彦〟をYoutubeに入って検索。 ズラズラーと、いっぱい出てきます。ここでは映画『十七才のこの胸に』の中で歌っている動画があったので、これを掲載。



映画挿入歌は1番と2番まで。

フルコーラス版は



この動画も映画『十七才のこの胸に』の映像を使ってるようだ。こんな映画があったんだ。

そこで、ツタヤに行きレンタルして観ました。なかなかに面白い青春歌謡映画です。西郷輝彦が歌いまくってる。

♪♪ 十七才のこの胸に、君だけを、チャペルに続く白い道 ♪

共演の女学生役は当時アイドル的存在だった本間千代子。彼女の動画も調べるとたくさあるある。本間さんは俳優でもあり歌手でもあったのですね。たくさん歌ってます。ほとんどヒットはしなかったようだが今聴くと哀愁の歌声で結構いい。GGサンも遅まきながら本間千代子ファンになりそう。

これはこれでまた記事にしようかな。

しかし便利になりました。捨ててしまった膨大なレコードやカセットテープ。それがなくてもパソコンで歌謡曲が懐かしい映像と共に視聴できる世の中になった。もちろんスマホでもみれる。

昔なら夢の世界。

| | コメント (0)

2016年1月20日 (水)

林修の今でしょ!講座 誰でも知ってる歴史の新説

ゆうべ、オクさんがつけていたので何気なく聴いたテレビ。林修の今でしょ!

「歴史の偉人の衝撃新説スペシャル」と銘打った「織田信長」や「宮本武蔵」「新撰組」「真田幸村」について知られていない衝撃の情報を学ぶ、という番組だ。

東大のお偉い先生が調査した問題を出して林修が答える。どんな新説なのかと横目で見ていた。

宮本武蔵と佐々木小次郎の巌流島の決闘で武蔵が勝ったのは何故か?

強いだけじゃなくて姑息な手を使って勝った、とのヒント。

林せんせい答えられず。

この話はGGサンでも知ってる話。で、ぼくが答えを言って、それが当たるとオクさん驚く。「当たってるやん」

「実は小次郎は息を吹き返すが、隠れていた武蔵の子分ども出てきて、みんなで袋叩きしてとどめを刺したんや」とGGサン。

するとテレビでも同じことを東大教授が得意になって言っていた。

そこでまたオクさんが「凄い、よう知ってるやん」

「いや、こんなこと、ちょっと歴史の好きな人は知ってることや。以前、NHKの歴史番組でもやってたと思うで。それにネットでちょこっと調べたら出てることや」

新撰組の百姓剣法も有名なことだし、真田家が兄弟で東西に分かれお家の存続を図ったのも歴史上の常識。

関ヶ原で東軍が勝ち、西軍についた信繁(幸村のこと)が助かったのは、教授の言う、兄の信之の力もあるが、それよりも徳川四天王・本多忠勝が家康に助命嘆願したからが正解に近いだろう。

「忠勝の娘の嫁ぎ先が信之だからね」と言うとまたまたオクさん「へえー」


信長にしてもたいして新説でもなんでもなかった。

ことこのように、老いぼれGGサンでも知ってるようなことを林先生が知らなくて(実は知ってるけど知らんふりでしょう)、東大教授がさも自分が発見したように得意になって解説してるのを放送するテレビっていったいなんやろ。

まあこれで、ともすれば紙屑あつかいされるGGサンの沽券も多少あがったか。

「オクさん、ちょっとは見直した?」

いずれにしてもたいしたことない話でした。お粗末。

| | コメント (0)

2015年7月20日 (月)

高校野球

高校野球の京都府大会が西京極など3箇所で行われている。今日は近所の散歩コースにある日吉ケ丘高校が太陽が丘で試合。それで散歩も兼ねて行ってみた。

0720_01

京阪で宇治まで行き、そこから歩き。宇治橋を渡り、商店街を抜け、市役所前を通って、どんどん坂を登って行くと太陽が丘。クルマでは何度も走った道だが歩いて行くのは何十年ぶりか。

0720_02

入場料は700円。ちょうど日吉ケ丘と京都翔英の試合がはじまるところ。

0720_03

日吉ケ丘は初回に2点を先制し、ピッチャーもテンポよく投げて序盤を優位に進めたが、中盤に京都翔英の打線につかまり逆転を許す。【京都翔英8-3日吉ケ丘】

次の試合はバックネット後ろに席を変えて観戦。

0720_04

【府立工6-5京都廣学館】9回裏1死満塁からのサヨナラ勝ち。両校のキビキビした攻防は見応え十分でした。

高校野球をこんなに近くで観戦するなんて、半世紀前も昔、高校時代に三重県大会で母校の応援に行って以来かもしれない。

| | コメント (0)

2015年5月28日 (木)

ランナーはビール好き

走る人はビール好きが多い。というより飲まないランナーに逢った記憶がない。当然のごとくGGサンもビール好き。

走ったあとのビール、最高!

いままで千度走ってきた歴史は、ビールを千度飲んだ歴史でもある。走った日で飲まなかった日は一万三千余日のうち数日であろう。

とくにうまいビールは走り仲間と飲むビール。夏合宿の夜のバーベキューなどは人生最高に楽しい思い出ビール日のひとつ。

Gassyuku
会社の保養所・比良山荘での合宿(1999年・夏)

そんなにうまいビールではあるが飲み続けると体には相当の負担がかかってくる。家計への負担も半端ではない。

ということで遅まきながら(人生の9割がたは浪費したけど)飲酒量管理に乗り出した。

アルコールをビール換算で毎日大瓶2本以上飲んでる人は飲まない人に較べ消化器系癌などの発生リスクが2倍以上になるそうだ。毎日1本でも1.5倍。コップ1杯でも毎日飲み続けるとリスク100倍なんて数字もあった。

いい加減なとこもありそうだが、

飲み過ぎが良くないのは確か。そこで一週間単位で目標を決め管理することに。

うちは3種類の缶ビールを飲み分けている。
ビール中 500 スーパー・ドライ
ビール小 350 一番絞り
発泡酒中 400(オクさん専用) スタイルフリー

を1本あたりの数値とし、一日の飲酒量を計算。そして累積値をグラフ化。

目標 5000
上限 8000

目標を超える分は翌週に繰り越しとし、いかなる場合でも上限を越えてはならない。

Beer

思い立ったが吉日で今日、木曜日からスタート。

オクさんとのマッチレースです。
たまに外食する土・日が勝負のヤマ。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

| | コメント (0)

2015年5月23日 (土)

一行ショートショート

ショートショートと言えば非常に短い小説のこと。日本では1000篇以上の作品を残した星新一氏があまりにも有名(なにしろショートショートの神様ですからね)。

ところで、それよりもっと短い一行ショートショートと呼ばれる作品もあるようだ。オチだけのものだが、ちょっと面白いので以下に引用してみた。

<引用元>
SF Prologue Wave 日本SF作家クラブ公認ネットマガジン

■林譲治

『知性の誕生』

  ?



■高槻真樹

『地球最後の年の「今年の一字」』

  完



■片理誠

『未来病院・全身サイボーグ編』

「先生、脳の向きを見てくれませんか、どうも寝違えたみたいで……」



『未来病院・見たい夢を見られる薬編』

「先生、夢の内容に不満はないんですが、エンドロールが長すぎて毎朝寝坊しちゃうんです」



■木立嶺

『直線』

 史上もっとも人を騙すことに成功した曲線。



『Eの不満』

「なんで俺がmc^2なんかとイコールやねん」



どうです。ちょっとニヤっとするでしょう。

リンク先です。
「一行ショートショート特集」

同サイトのこちらも参考に
「一行ショートショートとは?」高井信


こういうのって自分でも作りたくなる。

■GGサン

『宇宙誕生』

「おぎゃー!」

<注釈>
ひとりの人間にとっては自分の生まれた時が宇宙の誕生ではないかなあ。

同様の考えかたで

『宇宙終焉』

「ご臨終さまです・・・」

(注釈入りのオチではオチにならんか――お粗末)

| | コメント (0)

2015年5月13日 (水)

ナノブロック

ナノブロック(nanoblock)を知ってます?

4mm×4mmの世界最小ブロックです。GGサン、このブロックにはまった。

ピンセットでひとつひとつ積み上げていくんだけど、これが楽しい。

最初につくったのはイギリスのタワーブリッジ。たっぷり2時間はかかりました。

Bridge

材料といっしょに見やすい組立図が付いているので少しの根気さえあれば誰でも簡単。ただし小さい子供は無理かも。一応12歳以上から。

できあがれば飾っておき眺める。でも、すぐに次の作品が作りたくなる。

| | コメント (0)

2015年3月28日 (土)

春の陽気にふらふらと

春爛漫。午前中ぷらっと清水寺・祇園界隈を2時間ほど散歩。

0328_00
八坂神社の境内

ここへ来ると、子どものころ(60年ほど昔)にみた見世物小屋を思い出す。ろくろ首とか蛇女、それに・・・(多分、いまでは禁止用語ばかり)。夢に出てきそうな、おどろおどろしい看板につられ、怖いもの見たさで中に入ると・・・

| | コメント (0)

2015年3月27日 (金)

京都で開花宣言

京都気象台の職員が二条城のソメイヨシノを観て開花宣言。昨年と同じ日になったそうだ。

一方、五条から七条の川端の桜は数日前から咲いていた。こちらはシダレザクラ。

0325_01
鴨川沿いの桜(3月25日のスナップ)

| | コメント (0)

2015年3月22日 (日)

風車村

今日は久々にオクさんとドライブ。びわ湖の西、高島市新旭町の風車村。

0322_01

広い敷地にポツポツと家族連れの人たちが遊びに来ていた。

のんびりした一日

| | コメント (0)

より以前の記事一覧