駅伝

2015年1月19日 (月)

駅伝競走規準

昨日の全国男子駅伝で愛知チームの1区走者が2区走者にたすきを【投げ】渡したので失格となった。

1区走者がフラフラになって這いつくばりながら中継線(タイム計測マット上の白線)手前まで来た。次走者は体をかがめてたすきを受けとろうと右手をさしだす。

もう少しでたすきが渡る、と思いきや這いつくばった前走者がたすきを次走者の足元にほうり投げた。そのたすきを拾いあげ次走者は、前走者をふり返りながら走り出す。行っていいのか、一瞬ためらったようだったが、次走者は走って行った。前走者は這いながら中継線を越えた。

こんなシーンでした。GGサンはテレビを観ていて、すぐに「これは失格だな」とうちのオクさんに言う。なぜなら日本陸連の駅伝競走規準に

■たすきは必ず前走者と次走者の間で手渡さなければならない。

という条項があるからです。オクさんは「ふ~ん」とだけ返事した。
(このひと、もと陸上部のマネージャーなんですけど)

その後、テレビでも失格のアナウンスがあった。そのとき解説者の宗さんがその判定に「ちょっと厳しすぎますね。中継線は越えていたんですから」みたいなことを話していたような。(うろ覚えなのでわかりませんが)


駅伝競走規準には他にも

■たすきの受け渡しは、中継線から進行方向20mの間で行う。中継線は幅50mmの白線とする。中継の着順判定およびタイムの計測は、前走者のトルソーが中継線に到達した時とする。

注意してテレビをみていると、中継線から走行方向20m先の道路上に白線の引いてあるのがわかる。だからこの白線間20mのなかでたすきを手渡さないといけない。

広島でおこなわれた全国男子駅伝の1区と2区の中継点では、中継線から走行方向に2~3mのところに黄色のラインが引いてあった。そこのラインで次走者は前走者の来るのを待機していましたね。これはこの駅伝だけのローカルルールでしょう。次の中継点では黄色のラインは計測マットの端に引いていました。だから中継ラインと黄色ラインに3mほどの間隔を持たせていたのは第1中継点だけだったみたい。

これは、最初の中継点なので非常に混雑する。第2走者が押し合いへし合いして中継線からはみ出さないための措置だと思う。だから黄色ラインよりはみ出してたすきを受けても規則違反ではない。

タイム計測は胸のナンバーカードに貼付された計測チップで自動計測されるので走者がどんな格好で中継ラインに飛び込んでも構わない。愛知の1区走者も這いながらラインを越した。その瞬間が2区走者の計測開始点となる。たすきをひろいあげた時点ではない。

なお規準には違反の場合の罰則などは書かれていない。失格などの判断は審判長が行う。


■たすきを受け取る走者は、前走者の区域(中継線の手前の走路)に入ってはならない。また、たすきを渡した走者は直ちにコース外に出なければならない。

次走者は番号を呼ばれて中継ラインに並ぶとき、前走者が走ってくる方向の道路からのこのこと入って来てはいけない。そして、たすきを手渡したあとは、ぐずぐずと道路上に残っていてはダメなのだ。

ただし、これらのことをしでかしても失格になることはないようだ。


■たすきは,必ず肩から脇の下に掛けなければならない。

たまにたすきが肩からずり落ちそうになって、肩に戻しながら走っている選手をみかける。テレビをみてるこっちも、気になって落ち着かない。あ~、またずれてきたよ。

たすきは脇のしたで絞って、端はおなかに回してランパンの中にしまう。練習することでもないが。

昔は首に掛けてる選手もいたような・・・。 おなかで縛ってる選手もいたか・・・

いやそもそも主催者で用意されたたすきが〝輪っか〟だけのもので絞ることができないものもあった。この場合は輪っかの端をむりやりランパンに入れるか。でも短いと入らない。そのままヒラヒラさせるか、首にまくしかない。

たすきの端っこが、絞りから抜けて輪っかがなくなって一本になってしまうことも、極たまにある。前走者はたすきを外すとき無理やり引張ったので端が抜けたのだろう。このたすきを手渡された次走者はつらい。走りながらたすきを繕うはめになる。


などなどのルールがある。

以前の規則で、

たすきは中継点の○○m手前までは外して手に持ってはいけない。
とかの条項があったように思う。

中継点の前後○○mを除いて、たすきを肩から外してはいけない、だったかも)

ただ。この規則を守る選手はすくない。みんなもっと早い段階で肩から外して手に巻きつけ握りしめてラストスパート。まれにあと1km地点で早々とたすきを外す選手もいたり。

このルールは守る選手が少ないので抹消されたようです。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

| | コメント (3)

2014年12月 1日 (月)

国際千葉駅伝結果

早や一週間がたってしまいました。日本代表5年ぶりVの国際千葉駅伝、その結果をまとめておきましょう。

①日本    2.05.53
②ケニア   2.06.29
③学生選抜 2.07.16
⑩千葉選抜 2.13.16


タイム差でみるレース展開
本命のケニアが前半予想外に遅れたお蔭で観戦するほうにとってはスリル満点の展開となった。視聴率低迷で苦心していたテレビ関係者としては願ったり叶ったり(まだ今回のデータは出ていませんが)。

日本の1区はトップと12秒差の8位だったが、2区以降は2番手をキープ。トップとの差も10秒以内の僅差で常に先頭争い。そしてアンカー勝負でここまで3連覇中の王者ケニアを撃破。全員の力を結集しての優勝ではあるが一番の殊勲はやはり5区の大石港与(トヨタ自動車)。5000m12分台の怪物ケニアのキソリオ選手相手によくぞ喰らいついた。

学生選抜もスタートから好位置で戦列に加わり大健闘の3位。

Cbedre01

日本選手の成績
学生選抜の4区大森選手、昨年は15分45秒の区間賞でしたが今年は6位。そういつもいつも区間賞はとれないんだ、と自分でもコメント。これでプレッシャーもなくなり次は新規一転。

Cbed2014_2

Cbedr501

 (4区は更新なし)

Cbedr502

国際陸連公認の駅伝世界一決定戦。主催国としては必勝の構えで参戦は当然として、外国参加国の力の入れ具合も興味ありですね。

| | コメント (1)

2014年11月23日 (日)

明日は国際千葉駅伝

明日の国際千葉駅伝、オーダー表をみると日本代表は
1区   5km   村山謙太(駒沢大学4年)
2区   5km   鈴木亜由子(日本郵政グループ)
3区 10km   村山紘太(城西大学4年)
4区   5km   尾西美咲(積水化学)
5区 10km   大石港与(トヨタ自動車)
6区  7.195km 萩原歩美(ユニクロ)
と強力布陣。対抗馬のケニアと較べても遜色がない。

ケニアは5区のキソリオ選手が10000m26分54秒と桁違いの強さだが他の区間は日本が凌駕している(あくまで自己ベストの比較)。ただし2、4区のケニアの女子選手は自己ベスト欄が空白なのはいやな感じ。4区終了でケニアに1分以上の差はほしい。

この千葉駅伝は日本チームが外国チームに対してどこまで戦えるかが見どころではあるが、日本チーム同士の対抗も面白い。

ということで、過去5大会での日本チームの戦いぶりをふり返ってみよう。

2009年
日本チームと上位3位(以下同じ)
①日本    2.05.58
②学生選抜 2.07.47
③ケニア   2.08.34
④千葉選抜 2.09.26
Cbed2009
バック色 赤:区間 青:通算 の順位(以下同じ)

日本は2007年からの男女混成となって2度目のV。4区赤羽選手は区間タイ記録。学生選抜、千葉選抜ともに過去最高順位。

2010年
①学生選抜 2.07.52
②ケニア   2.08.06
③日本    2.08.12
⑥千葉選抜 2.12.56
Cbed2010
学生選抜が日本代表を下し初優勝。4区で西原選手がトップに立ち、5区で日本代表の宇賀地選手に逆転されるも、アンカー勝負で田中選手が日本とケニアに競い勝つ。

2011年
①ケニア   2.04.40 大会新
②日本    2.04.59 大会新
③学生選抜 2.07.26
⑦千葉選抜 2.11.55
Cbed2011
大会新をマークした日本だったが10代の若い男子ケニア選手の快走に後塵を拝す。女子は3選手とも区間賞の大活躍。5区鎧坂、6区新谷両選手は区間新記録。

2012年
①ケニア   2.05.06
②日本    2.05.16
③アメリカ   2.06.36
⑤学生選抜 2.09.31
⑧千葉選抜 2.12.12
Cbed2012
スタートからケニアと接戦の日本は5区の上野選手が30秒差を大逆転し11秒のリードを奪う。しかしアンカー新谷選手が区間新で走るもケニア選手の勢いが上回り2年連続の2位。

2013年
①ケニア   2.03.59 大会新
②日本    2.07.13
③ロシア   2.07.22
④学生選抜 2.08.03
⑫千葉選抜 2.15.50
Cbed2013
1区でトップのケニアが一度もその座を明け渡すことなく大会新で3連覇。日本は3区宇賀地選手(区間新)、4区尾西選手でケニアに迫るが、5区佐藤選手がまさかのブレーキ。5、6区を快走したケニアに大差で敗れまたも2位。学生選抜は鈴木、大森の女子2選手が区間賞。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
ついでに過去5大会での日本選手の区間TOP5をリストアップ
Cbedt501
Cbedt502

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
さて明日は日本代表の5年ぶり優勝がなるかどうかですね。

学生選抜も日本代表に負けない凄い顔ぶれ。
1区 一色恭志(青山学院大学2年)
2区 野田沙織(大阪学院大学4年)
3区 横手健(明治大学3年)
4区 大森菜月(立命館大学2年)
5区 平井健太郎(京都大学3年)
6区 鍋島莉奈(鹿屋体育大学3年)

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

| | コメント (0)

2014年11月11日 (火)

東日本女子駅伝結果

今日は9日(日)に行われたもう一つの女子駅伝、東日本女子駅伝について。

昨年29回大会までの優勝チームを回数の多い順に並べると
東京  8
千葉  7
神奈川 5
埼玉  3
群馬  2
宮城  2
茨城  1
長野  1
となる。

今回の結果をさっそくタイム差グラフで見てみると、

群馬が混戦のなか4区・8区の中学生区間で優位に立ち、アンカーも快走。総合力で8年ぶり3回目の優勝を果たす。

Hnwe01

4区終了時点で上位6チームが抜け出し脱落組と分別。そして5区でその6チームが6秒差でひしめく団子状態。もう一度6区からリスタートです。6区、7区とつばぜり合いが続くが勝負を制したのは8区か。ここで群馬が後続を30秒近く引き離し、アンカーへ。

総合成績
1群馬   2:16:43   
2神奈川  2:17:46   
3埼玉   2:17:48   
4長野   2:18:00   
5東京   2:18:23   
6静岡   2:19:37   
7福島   2:20:32   
8千葉   2:20:36 
(大会記録 2.16.16 第28回大会 神奈川)

区間成績
群馬は4つの区間賞を獲得。とくに中学生区間の4区、8区とアンカー最長区間10km9区で他チームを圧倒。なお8区は区間最高記録まであと1秒に迫る爆走だった。

過去最多優勝の東京は1区・2区と区間1位で序盤は優勢にレースを進めるもトップ集団から抜け出すことができず最後は後退。

連覇を目指す千葉も6区が終わってトップに立つも集団に埋没。アンカーが群馬・神奈川・静岡のような強豪実業団選手ではないので終盤までに抜けていたかった。

Hnwe02a
Hnwe02b_2

区間賞を獲った群馬の中学生2人は11月2日のジュニアオリンピック3000mで2位と7位に入賞してます。

A(中3)女子3000m決勝
1 髙松智美ムセンビ(゙薫英女学院・大阪) 9:17.60   
2 林英麻(富士見・群馬)          9:17.97   
3 田中希実(小野南・兵庫)         9:23.58   
4 松井優実(高豊・愛知)          9:28.88   
5 森林未来(時津・長崎)          9:31.27   
6 和田有菜(川中島・長野)        9:31.30   
7 不破亜莉珠(高崎大類・群馬)      9:36.26   
8 岡本彩花(高川学園・山口)       9:36.78 

来年1月の全国女子駅伝でも京都のライバルとなりそう。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

| | コメント (0)

2014年11月 9日 (日)

FUKUIスーパーレディス駅伝結果

今日は福島と福井で女子駅伝があったようです。

福島は東日本女子駅伝。18都道県対抗で全国女子駅伝の東日本版みたいなものかな。福井のほうはスーパーレディス駅伝。こちらは実業団、大学、各府県選抜と自由に参加できるようだ。どちらも今年で30回目。京都で行われる全国女子駅伝の行われたその2年後に始まったことになるのかな。

で今日は福井のほうの結果をまとめてみた。

結果 (6区間30km) 38チーム出場
1 大阪学院大A (大阪)   1:38:23   
2 パナソニック (神奈川)  1:39:12   
3 キヤノンAC九州 (大分) 1:39:18   
4 立命館大 (京都)      1:39:44   
5 名城大A (愛知)      1:40:08   
6 京都産業大 (京都)    1:40:09 

優勝した大阪学院大はベストメンバーのようです。立命館大は10月の全日本大学女子駅伝に出た選手は出ていないですね。このあと年内に大学は富士山の選抜駅伝、実業団は全日本を控えてるので調整となる大会でしょう。

いつものようにタイム差グラフ

区間ごとに先頭が入れ替わり、5区終了でもまだ7チームが30秒差でトップ争いという大混戦。最後はアンカー勝負。観る者にとっては最も見応えのある駅伝ですね。

そのアンカー6区は最長区間。チームのエース登場。ここで一番いいとこを持って行ったのは大阪学院大の野田沙織。全日本でもエース区間5区で区間賞獲得。勢いが止まりません。

Sle01

あの高橋尚子さんと同じ大阪学院大学なので『Qちゃん二世』と期待されている野田選手。1500m(今年の日本選手権3位)もこなすスピードランナーは来年は三井住友海上でさらに大きく羽ばたく。

Ns001
奈良インターハイ3000m予選での野田選手
(熊本千原台2年)

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
区間成績は下記。

Sle02
距離、コースが違うので1km換算はあくまで横ニラミ用としての目安です。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

この大会は福井テレビ主催で、テレビ放送もあります。 近畿地方は関西テレビですね。14日(金)の深夜3時36分予定(録画)。

| | コメント (0)

2011年1月30日 (日)

大阪女子マラソン 赤羽有紀子が2:26:29でV

優勝候補筆頭の赤羽有紀子(ホクレン)が勝った。38キロを過ぎたあびこ筋に入ったところでスパート。並走していた伊藤舞(大塚製薬)を一気に突き放した。ゴールタイムは2時間26分29秒。世界陸上内定条件の26分は切れなかったが外人招待選手も寄せ付けない堂々の優勝だ。ほぼ内定でしょう。

今日は京阪電車で淀屋橋へ行き、20キロ手前の中之島通りで観戦し、その後、地下鉄で長居へ回る。

あと1キロぐらいのところか。強い向かい風に最後の力を振り絞って前へ進む選手を応援。

1_akaba
①赤羽 有紀子(東京・ホクレン) 2:26:29

2_ito
②伊藤 舞(徳島・大塚製薬) 2:26:55

3_horie
③堀江 知佳(千葉・ユニバーサル) 2:27:26

4_incerti
④インチェルティ(イタリア) 2:27:33

5_kizaki
⑤木﨑 良子(大阪・ダイハツ) 2:29:35

6_okunaga
⑥奥永 美香(福岡・九電工) 2:30:36

7_pirtea
⑦ピルティア(ルーマニア) 2:32:44

8_miyauchiy
⑧宮内 洋子(京都・京セラ) 2:36:43

9_zakharova
⑨ザハロワ(ロシア) 2:36:56

10_miyauchih
⑩宮内 宏子(京都・京セラ) 2:38:31

11_oka
⑪岡 美希(愛知・小島プレス) 2:39:38

12_matsuo
⑫松尾 千春(福岡・九電工) 2:40:05

13_ohira
⑬大平 美樹(東京・三井住友海上) 2:40:18

14_mcrae
⑭マクエラ(オーストラリア) 2:40:53

15_uetani_2
⑮上谷 聡子(兵庫・神戸学院大AC) 2:43:32

世界陸上マラソンの代表は4名。今後の横浜、名古屋の結果にもよるが2位に入った伊藤舞にも可能性は残った。

| | コメント (0)

2011年1月 4日 (火)

箱根駅伝 早大が大会新で3冠達成

今日で長いお休みも終わり。熱のない咳だけの風邪も治りかけ。鴨川河川敷を久しぶりに走る。今週の日曜は5キロレースなので多少でも練習しておかねば。

3日の箱根駅伝は早稲田が大会新で優勝。出雲、全日本と合わせ学生駅伝3冠を達成した。東洋の柏原竜二が5区の山登りで逆転しトップに立つが2位早稲田との差は27秒。両雄の勝敗を分けたのは6区。跳ぶように駆け下りる箱根の山くだり。抜きつ抜かれつの死闘は終盤の平地で勝負がついた。勢いのついた早稲田は7区でさらに差を拡大。8区からアンカーの3区間を連続区間1位で東洋がひたひたと追い上げるも届かず。早稲田の背中は遠かった。

レース展開をトップとの時間差グラフでみてみよう。

1区の早稲田の飛び出しが勝敗を分けた。ここでの2分の差はあまりにも大きかった。

早稲田、東洋、駒沢の3校が他の大学を圧倒した。3強は復路にも有力選手を配置する布陣ができていたが他校は復路に入ると後退していくばかり。


Hk2011st

過去5年のTOP10も更新

5yhk2011

GGの趣味のランキングも更新。今大会の上位3校、早稲田、東洋、駒沢が横綱クラス昇進となりました。中央、日体大が滑り込みの大関。そして関脇陣が6校に増加。明治が昇進。山梨学院と日大は大関から陥落です。
Bdhk2011

今回の箱根テレビ観戦で一番力が入ったのはシード権争いの4校のデッドヒート。8位から11位までの4校で残るシード権は3つ。ゴール前の4校の渾身のスパート合戦は感動でもあった。

ただ、ゴール手前のコース外れには一瞬、何が起こったのかと思った。観ている方がパニックになりそう。GGも駅伝でコース間違いの大失敗をしたことがある。コースは事前にチェックして分かっているはずだが、分岐点でたまたま役員が立っていなくて、何を思ったか曲がるところを直進。そのため、できていた優勝が泡と消えてしまった。

レースで走っている時、それも先頭で走っている時は頭の中は真っ白。國學院の寺田選手も4人の先頭であったため、ゴール直前にもかまわずテレビ中継車につられて付いて行ったようだ。中継車があまりにも選手を引き付け過ぎだし、コース監視役員さんも不注意。もっとランナーの心理を分かってあげてください。

| | コメント (1)

2011年1月 2日 (日)

箱根駅伝 過去5年実績ランキング

箱根駅伝が始まってしまいました。後追いになりますが、過去5年間のTOP10によるランキング表を作成。これで3日の復路のテレビ観戦を楽しむGGです。

5yhk2000

箱根は実業団や高校駅伝のように横綱クラス入りするチームがありません。それだけ順位争いが激しいということでしょうか。

※横綱は得点30点以上。5年間で30点なので平均6点。順位では5位。

Bdhk2000

2011年の往路結果

Ouro_st


Or_top12

東洋の三連覇か、早稲田の3冠か。復路の激闘が始まる

| | コメント (0)

2010年10月25日 (月)

全日本大学女子駅伝 区間成績

昨日24日の全日本大学女子駅伝の区間成績について。結果詳細は主催者Webサイトをみてください。

1区 5.8km

昨年より200m短くなったわけですが区間1位の18:24は6.0kmに換算すると19:02。昨年までの6.0kmでの区間記録は19:09なので、区間新記録と言ってもいいでしょう。

下記は区間10位までの成績です。行末のタイムは5.0km換算。5000mにすると感覚的に分かりやすい。

区間1位の森選手の5000m自己最高は15:52.75なのでほぼ自己ベストの走りでした。夏原選手も現時点でのベストでしょう。伊澤選手はもう少し走れたかな。10位の三浦選手は5000mで16分代の記録は無いようですので大躍進でしょうか。

日本インカレ800m、1500m2冠の鹿屋体大、上田選手は途中まで先頭集団につけていたが後半は沈んで22位で中継した。ただし5km換算17:02だからよく粘った、というべきでしょう。

① 18:24 森 知奈美 (佛教大2) 15:52   
② 18:38 田村 紀薫 (松山大2) 16:04   
③ 18:49 岡 小百合 (大体大2) 16:13   
④ 18:54 夏原 育美 (立命大2) 16:18
⑤ 18:59 伊澤 菜々花 (順大1) 16:22   
⑥ 19:02 肥田木 理菜 (福岡大2) 16:24   
⑦ 19:07 片貝 洋美 (城西大1) 16:29   
⑧ 19:10 小林 美友 (白鴎大3) 16:31   
⑨ 19:11 浦川 有梨奈 (名城大3) 16:32   
⑩ 19:12 三浦 舞子 (城西国大1) 16:33 

Juwek_s1


2区 6.8km

この区間は200m長くなった。昨年までの区間記録は21:16。1位竹中選手の記録21:30は昨年なら20:52。これも区間新記録と言える。

この区間はやはり竹中、石橋の両選手が突出している。2選手の追走劇は迫力満点でした。

なおこの区間で追い抜き最高は区間10位の日大、中川選手の8人抜き。19位で襷を受け11位で繋いだ。

① 21:30 竹中 理沙 (立命大3) 15:49   
② 21:36 石橋 麻衣 (佛教大3) 15:53   
③ 22:17 清水 美穂 (白鴎大2) 16:23   
④ 22:20 池田 絵里香 (名城大1) 16:25   
⑤ 22:29 垣津 奈美 (名大M2) 16:32   
⑥ 22:36 坂口  瞳 (福岡大1) 16:37   
⑦ 22:37 後藤 百絵 (城西大1) 16:38   
⑧ 22:46 来栖  梓 (順大1) 16:44   
⑨ 22:50 中村 萌乃 (城西国大3) 16:47   
⑩ 22:54 中川 雪乃 (日大2) 16:50 

Juwek_s2


3区 9.1km

区間10位までの成績。行末に5km、10km換算タイムを記載。従来の区間記録は立命大、小島一恵の29:19。これを佛教大の西原選手は23秒短縮。まさに快挙、快走です。

区間2位の立命大、田中選手も10km換算で32分台。自己ベストの走りでしょう。

区間3位の名大、鈴木選手は8人抜き。10km換算32分台。そして区間10位までは10km換算33分台


① 28:56 西原 加純 (佛教大4) 15:54  31:48  【区間新】
② 29:27 田中 華絵 (立命大3) 16:11  32:22   
③ 30:01 鈴木 亜由子 (名大1) 16:30  32:59   
④ 30:06 山田 美紀 (城西大2) 16:32  33:05   
⑤ 30:09 野村 沙世 (名城大3) 16:34  33:08   
⑥ 30:19 矢野 麻利亜 (松山大3) 16:39  33:19   
⑦ 30:25 徳田 夕佳 (大体大4) 16:43  33:25   
⑧ 30:36 三木 陽子 (大阪学大1) 16:49  33:38   
⑨ 30:39 松浦 七実 (鹿屋体大3) 16:50  33:41   
⑩ 30:45 阿部 有香里 (城西国大3) 16:54  33:47 

Juwek_s3

以下はまた明日。

| | コメント (0)

2010年10月24日 (日)

全日本大学女子駅伝 佛教大が大会新記録で連覇

佛教大が強かった。最長区間3区と次に長い6区で区間新記録の走りをされたら勝てません。

結果
Kekka_2 

タイム差グラフ
Timesa

1区の2年生対決。佛教大の森知奈美の方が体だ絞り込まれていて走りにも切れがあったように思う。ここでの30秒差は痛い。立命大の日本一奪還に暗雲。

2区は竹中理沙が猛然と追い上げるが石橋麻衣も高速ペースでトップを行く。立命大が僅かだが佛教大に迫る。その差24秒に。

3区の最長区間。佛教大の西原加純は今日が最後の杜の都駅伝。3年連続3区を走るエースは区間記録更新を目指して最初から突っ込んで行く。中間点で立命大との差が45秒に広がる。この時点で佛教大の優勝、連覇がほぼ決まった。ひた走る西原選手は今までの区間記録を23秒更新。立命大との差は55秒に。

4区でも佛教大の勢いは止まらない。立命大が挽回の区間として配した沼田未知も仙台初出場の佛教大の川嶋利佳に敗れた。1分18秒差に拡大。

最短区間の5区。立命大の藪下明音が一矢を報いた。佛教大も1年生ランナーだったが日本インカレ1500m2位の藪下選手のスピードは段違い。区間新記録。46秒差まで縮める。

そして最終区間6区。佛教大の吉本ひかりが連覇の道を区間新記録のスピードで駆け抜けた。まさにひかり輝くVロード。仙台市役所前のフィニッシュはscissors。連覇達成。大会新記録。

敗れた立命大も昨年を上回るタイムで粘り強く走った。また新たな気持ちで歴史をつくってください。

出場選手がそれぞれの思いを懸けて走った杜の都駅伝、見応えがありました。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

| | コメント (0)

より以前の記事一覧