駅伝(都道府県対抗)

2016年1月24日 (日)

全国男子駅伝過去5大会ランキング

全国男子駅伝が広島で行われてますが過去5大会でのランキングを作成。

Zme16_01

大会主催者発表の順位予想は

①広島
②埼玉
③静岡
④宮城
⑤群馬
⑥兵庫
⑦栃木
⑧長野
⑨愛知
⑩福島

| | コメント (0)

2016年1月21日 (木)

全国女子駅伝 京都4位

1月17日(日)の全国女子駅伝。

いつものようにJR円町駅から西大路を北へ歩いて1区の観戦。

そのあと近くのイズミヤへ。2階にちゃんと観戦コーナが設けられていて、テレビの前に並べられた椅子に爺さん婆さんたち(自分もそうだけど)が座って見入ってます。

4区から5区中継ぐらいまでそこで見てから西大路を南へ歩く。京都が調子よさそう。中学高校大学の選手比較なら京都が一番強いか。

西大路を五条まで南下。アンカー9区は西大路五条の曲がり角で観戦。

トップで来たのは京都。昨年1秒差で涙をのんだ奥野有紀子(西京高→京都産大→資生堂)。
Wekd_26

10秒遅れて2番手は兵庫の竹地志帆(須磨友ヶ丘高→佛教大→ヤマダ電機)
Wekd_28

その後ろは5秒差で愛知の鈴木亜由子(時習館高→名古屋大→JP郵政)
Wekd_22

そこから10秒後、4番手の群馬の西原加純(京都・宮津高→佛教大→ヤマダ電機)
Wekd_10


歩いていたので後半のレース展開は知らない。
まさか9区中継で京都が後続に1分以上の大差をつけていたとは。

だからこの時点ではフィニッシュまであと2キロちょっと。京都が逃げ切るか、と思っていた。

9区の最後の選手まで応援し終わって周りの人の声に注意を傾けると、「愛知、兵庫、群馬、京都」が聞こえてきた。

負けたか。

家に帰ってビデオでスタートから再観戦。やっぱり駅伝は現地で見るよりテレビ観戦だな。来年からはテレビにしょう。

結果は
①愛知 2:16:02
②兵庫  20"差
③群馬   6"差
④京都   7"差

京都の奥野選手のコメント
「ふがいないし情けない。2年連続して自分のせいで優勝を逃すことになって、みんなに申し訳ない」
(時事ドットコム)

アンカーで逆転され1位から4位脱落はつらいですね。

ぼくも63歳での(これが最後だったけど)全日本マスターズ駅伝や近畿マスターズ駅伝では次から次に抜かれてみんなの足を引っ張りまくり。体が動かないのでどうしょうもない。情けないの一言。

奥野選手、去年の大阪国際のネクストヒロインなので当然、今年もマラソン狙いでしょう。この借りはマラソンで返してほしいですね。

ただちょっと気がかりなのは、テレビで見た感じだけど体が絞れていなくて重たそうだったこと。

しかし京都はよく頑張った。見応えあった。途中はずっと京都先頭で沿道も盛り上がったし、アンカー勝負も駅伝の醍醐味をみせた。なにせ34回の大会のうち15回も優勝してる京都。もともと勝ち過ぎなんだ。勝とうと思えばいつでも勝てるが毎度地元の京都が勝つと他の府県のやる気がなくなる。

常勝京都、それでは面白くない。まあ、アンカーがちょっと不安ぐらいがちょうどいい勝負なんだ。3年に1回ぐらいの優勝でいいんじゃないの。あとは他府県に花を持たせてやれば。

そうすると来年は本気になって勝ちに行くめぐり合わせだ。

| | コメント (0)

2015年1月18日 (日)

全国男子駅伝は埼玉が初V

全国男子駅伝は7区間48km。距離が短いので30秒も差がつくと挽回は難しい。今大会は4区で勝敗が分かれた。真ん中の区間で高校生区間。距離も高校生では一番短い。そういう意味では〝つなぎ〟の区間。ここでトップに並んだ熊本、埼玉、静岡の3選手。5000mの記録を比較すると3人とも14分20秒前後で走力は互角。誰が抜け出すか。

あと1km手前で埼玉の小山選手が出る。なかなかいい走り。前傾で脚がよく上がり、ゆったりで柔らか。ケニア選手を彷彿。熊本、静岡をつき離し、4番手集団とも30秒以上の差をつけた。

駅伝なので勝因はもちろん総合力だが、流れを変えた、勢いをつけた、という意味でMVPは小山直城(松山高3年)。

小山選手、インターハイの経験はないようですが、昨年の埼玉県高校駅伝1区区間賞。大学はどこへ。

Zme15_01

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

| | コメント (0)

2015年1月17日 (土)

明日は全国男子駅伝

先週の女子につづいて明日は男子。

女子と同じように過去5大会でのランキング発表

下表のごとく23チームがリストに載った。女子は15チームで特定の都道府県に偏る傾向大であった。しかし男子の場合は少しバラツキ気味。

5年間でTOP10入りが一度だけは10チーム。昨年は群馬、宮崎、福岡、神奈川の4チームが初登場。どこの府県でも、ある程度の強い選手を集めることができれば勝負できる、ということか。

いかに強い選手、とくに実業団・大学の社会人選手を集められるかが府県の陸連関係者の腕の見せどころなのかな。

Zme5y

この大会は主催者ホームページで詳細な選手紹介や予想順位、レース展望まで載っており、至れり尽くせり。

注目選手は

愛知
大石港与(トヨタ)
神野大地(新・山の神)

三重
下史典(高校駅伝1区①、伊賀白鳳)
西山雄介(駒大、箱根7区②、伊賀白鳳出身)

広島
鎧坂哲哉(旭化成)

宮城
村山謙太・紘太ツインズ

埼玉
設楽悠太(Honda、ニューイヤー4区①)

栃木
宇賀地強(コニカミノルタ)
大谷陽(全日中1500m、3000m優勝)

などなど。

なお主催者HPのTOP10予想は
①広島 ②埼玉 ③群馬 ④愛知 ⑤栃木
⑥宮城 ⑦静岡 ⑧北海道 ⑨千葉 ⑩長野

過去5大会ランキングTOPの兵庫は⑪、地元京都は25位、女子優勝の大阪は26位。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

| | コメント (0)

2015年1月15日 (木)

全国女子駅伝9区スナップ

今日は9区のスナップ写真整理。ピント外れが何点か。撮影位置が良くなかったかな。五条通りの天神川を越えるところで坂の頂上付近。向こうから走ってくるランナーが見通せず、ピントが合わせにくかった。それに安いデジカメということもある。

Zwe159_3
実業団の強豪選手がたくさん走った9区。31分台はなく、32分台が9人、33分台は20人でした。平均は33分51秒。

Zwe159_1

区間1位は熊本の前田選手。どの試合でも結果を出す選手です。ほんと強い。

前田彩里、昨年4月ダイハツ入社後の成績
5月 関西実業団陸上 5000m ②15' 57"24
6月 日本選手権    10000m⑧32' 45"93【自己ベスト】
7月 ホクレンDC網走  10000m A組②32' 04"37【自己ベスト】
10月 全日本実業団陸上 10000m 総合⑥32' 03"43【自己ベスト】
10月 実業団女子西日本駅伝 3区10.2km ①32' 35"
12月 全日本実業団女子駅伝 3区10.9km ②34' 45"【区間新】

こうなると期待はマラソンですね。大阪はエントリーがないようなので名古屋か。

Zwe159_2

福士選手は全国女子駅伝9区の顔。9区で31分台を出せれば日本歴代のトップランナーといえる。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
Zwe_9_01
大阪、京都

Zwe_9_02
愛知、兵庫

Zwe_9_03
鹿児島

Zwe_9_04
埼玉

Zwe_9_05
群馬

Zwe_9_06
区間①位 熊本・前田彩里

Zwe_9_07
静岡

Zwe_9_08
大分

Zwe_9_09
山梨

Zwe_9_10
千葉

Zwe_9_11
長崎

Zwe_9_12
神奈川

Zwe_9_13
長野

Zwe_9_14
福岡

Zwe_9_15
東京

Zwe_9_16
岡山

Zwe_9_17
茨城

Zwe_9_18
栃木

Zwe_9_19
山口

Zwe_9_20
秋田

Zwe_9_21
北海道

Zwe_9_22
愛媛

Zwe_9_23

山形

Zwe_9_24
佐賀、三重

Zwe_9_25
広島

Zwe_9_26
徳島

Zwe_9_27
福島

Zwe_9_28
滋賀

Zwe_9_29
岐阜

Zwe_9_30
石川

Zwe_9_31
青森

Zwe_9_32
宮崎

Zwe_9_33
宮城

Zwe_9_34
新潟

Zwe_9_35
岩手

Zwe_9_36_2
福井

Zwe_9_37
島根、奈良

Zwe_9_38
高知

Zwe_9_39
沖縄

Zwe_9_40_2
和歌山

Zwe_9_41
鳥取

Zwe_9_42
香川

Zwe_9_43
富山

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

| | コメント (0)

2015年1月14日 (水)

全国女子駅伝1区スナップ

1区とアンカーを観戦しましたのでスナップ写真を整理。本日は1区。

Zwe15_04

Zwe15_05

区間歴代1位は山中美和子(2003年、奈良・ダイハツ)18:44ですが圧倒的な記録。山中選手は現在、ダイハツのコーチ。
その他で残ってる記録も凄いです。

3000m中学歴代 1位 9.10.18 (香芝3奈良)1993.10.27
3000m高校歴代27位 9.08.16 (添上3奈良)1996.10.14
5000m日本歴代27位 15.20.58 (ダイハツ) 2002.5.11
10000m日本歴代21位 31.32.10 (ダイハツ) 2003.9.27
ハーフ日本歴代6位 1.08.54 (ダイハツ) 2001.12.16

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

1区のスナップ
中継点まであと200mぐらいのところかな。


Zwe_1_01
静岡

Zwe_1_02
鹿児島

Zwe_1_03
山口、山梨

Zwe_1_04
兵庫

Zwe_1_05
愛知、熊本

Zwe_1_06_2
岡山

Zwe_1_07
埼玉、徳島

Zwe_1_08
京都、三重

Zwe_1_09
千葉

Zwe_1_10
大分、大阪、青森、長野

Zwe_1_11
栃木

Zwe_1_12
茨城、沖縄

Zwe_1_13
福岡、神奈川

Zwe_1_14
長崎

Zwe_1_15
秋田、岐阜、滋賀?、広島?

Zwe_1_16
北海道、富山

Zwe_1_17
群馬

Zwe_1_18
島根

Zwe_1_19
愛媛、福島、香川、佐賀

Zwe_1_20
石川、東京、新潟

Zwe_1_21
福井、宮崎

Zwe_1_22
岩手

Zwe_1_23
高知

Zwe_1_24
奈良

Zwe_1_25
宮城

Zwe_1_26
和歌山

Zwe_1_27
山形

Zwe_1_28
鳥取

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

| | コメント (0)

2015年1月13日 (火)

全国女子駅伝区間成績

駅伝の区間成績を評価するには?

区間順位、区間タイム

勿論それが第1の評価項目ですが、もうちょっと違った分析をしてみました。

区間の全タイムの平均からどれぐらい差があるか。数学では〝偏差〟といわれる数値。平均より速く走った場合はプラスとし、遅ければマイナスとしましょう。〝平均より何秒稼いだか〟の目安になると思います。・・・①

次に区間ごとにタイムのバラツキがことなるので、それを平準化するため区間ごとの標準偏差σを算出し、±3σの範囲を100となるようにした数値で比較する。バラツキを考慮した評価点・・・②

※±5σの範囲を100とした数値は入試などで使われる学力偏差値ですね。

さらに区間最高記録への到達度で評価することもできる。
(区間新/区間タイム)*100 ・・・③

以上、①、②、③の指標の計算結果を大阪、京都、兵庫の3チームについて掲載。

各チーム、各指標の高得点上位3つに赤の背景色付与。

大阪は3区間で区間1位でしたが7区が±3σ評価(指標②)で85と高得点。それだけ群を抜いていたことになります。獲得タイム(指標①)、区間新到達度(指標③)でも7区加賀山(恵)選手がチーム最高点なのでMVP。

区間1位の髙松(智)選手、前田選手も高評価。1番なのでどの指標も高くなって当然であたり前ですが。

獲得タイムをみると4区以外はよく稼いでます。これで髙松(望)選手が本来の走りなら確かに独走態勢に入っていたかもしれません。

Zwe_os01_3

つぎに京都

全選手が20秒以上稼いでますね。駒が揃っていた感じです。なかでも4,5,6区の立命宇治高が活躍。

殊勲賞は稼ぎ頭の小西選手としておきましょう。

4区は5位だが区間新まで98.3%と高得点。レベルの高い区間だったと推測。この区間新到達度、やはり95ポイント以上はほしいですね。

表をじっくりみると、一番きつかったのはアンカー奥野選手ですか。どのチームもエースが布陣する区間での13位。よく走った。

Zwe_ky01_3

兵庫
短い中学生3km区間の8区での獲得タイム44秒が凄い。突出度をみる3σ評価値も87と全区間を通して最高値。殊勲賞でしょう。

つづいて稼ぎ頭のアンカー林田選手。そして区間2位ながら区間新到達度98.7%の4区太田選手ですか。

3区、7区は少し低調だったが、獲得タイムがプラスで粘っているところがTOP3に入る理由でしょう。

Zwe_hy01

以上。他のチームもやりたいが時間もありません。

最後に全区間を通じての最高得点者を

獲得タイム・・・9区熊本・前田彩里(ダイハツ) 1分37秒
±3σ評価・・・8区兵庫・田中希実(小野南中) 87
区間新到達度・・・4区埼玉・沼田未知(豊田自動織機) 99.3

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
いろいろ分析しましたが、あくまで趣味。

| | コメント (0)

2015年1月12日 (月)

全国女子駅伝結果

4チームがトラック勝負という大接戦の結果、大阪が3年ぶり3度目の優勝に輝く。

Zwe15_01
西京極運動公園のすぐ近く五条天神川を走る大阪と京都

①大阪 2:17:26   
②京都 2:17:27   
③兵庫 2:17:28 

ただし優勝タイムとしては21世紀に入ってから15回の大会のなかで14番目という低い記録だった。今大会は気象条件もいいほうだったので、これはずば抜けたチームがいなかった、とも言えますね。

ではいつものタイム差グラフでみてみようかな。

確かに大混戦。全区間を通じてトップから30秒差以内にこれだけ密集している展開は珍しい。

特筆は鹿児島。1区上原美幸(第一生命)、2区倉岡奈々(鹿児島女高)で序盤の好位置は予想できたが9区まで優勝争いの大活躍。鹿児島は第4回大会に優勝し、過去32回の大会中10位以内が13回。ここ5大会での10位以内はないが11位は2回と地力はあるチーム。今回アンカーで力尽きたものの15年ぶりの入賞を勝ちとる。

優勝した大阪は1区で出遅れた。大森選手が昨年の千葉駅伝ころから本調子でなかったのでやっぱりという感じ。だが3区中学生の髙松(智美)選手が挽回。つづく4区で姉の髙松(望)選手がトップに並ぶも後半バテたか順位を下げる。でも5,6区とトップとの差を20秒程度でキープ。そして7区の加賀山(恵)選手がトップ京都に6秒まで肉薄。これが大きかった。アンカー10kmは未知数の松田選手ではあったが中間点までに先頭に追いつき並走、勝利への執念でトラック勝負を制した。

2位の京都も出遅れたが、4区以降の立命館宇治高の3選手でトップに躍進。最後の最後に1秒差で涙を飲んだが強力な実業団選手抜きでよく戦ったといえる。

3位の兵庫は思惑通り4区太田選手でトップに躍り出るも6,7区の高校生区間で大きく後退。が、8区の中学生田中選手とアンカー林田選手で盛り返し3位まで登りつめる。

結局、近畿の3強が3位まで独占。

4位の愛知は6区以降の落ち込みでトップと1分差は厳しかった。多分、本来の鈴木選手なら最初から突っ込んで行くんだろうが、足に不安があったようなので致し方ないか。

初優勝へのプレッシャーか6位の群馬はグラフを見ての通りで好不調の激しい展開。選手個人の体調にも問題があっただろうが高校生と実業団のエースをオーダーできなかったことも心理的に影響しているかも知れない。

7位埼玉は6年ぶりの入賞。4区区間賞の沼田選手はじめ全員が持てる力を発揮。

8位熊本も4年ぶりの入賞。1区野田選手が好位置につけ前半は粘り、中盤以降11位まで落ち込むも、アンカー前田彩里(ダイハツ)が区間賞の走りで入賞を果たす。

Zwe15_02

今大会はどのチームも思わぬ展開にハラハラドキドキの連続・・・

以上、GGサンのドクヘン所見でした。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
第4回大会、鹿児島優勝の記録(1986年1月19日)
総合タイム 2.22.59 大会新(当時)

<<区間成績>>
1区 ②日高美子(京セラ国分)   20.40
2区 ①荒木久美(京セラ国分)   12.56 区間新(当時)
3区 ④勘田桂子(京セラ国分)     9.53
4区 ②椛島順子(京セラ国分)   13.48 区間新(当時)
5区 ⑤田中光子(
池田製菓加世田)  14.14
6区 ③里山弘美(鹿児島南高)   13.48
7区 ⑨石田潔美(京セラ国分)   13.45
8区 ⑥岩松加代子(京セラ国分)  10.27 区間新(当時)
9区 ④田崎裕子(京セラ国分)   33.19

(全国女子駅伝大会10周年記念誌より)

3区と8区が中学生区間となったのは第7回大会から

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

| | コメント (0)

2015年1月10日 (土)

明日は全国女子駅伝

まずは過去5大会でのランキングをみると、
10位内に入ったことがあるチームは15。最強は地元京都。TOP3が4度と抜群の安定性を誇る。

Zwe5y

では今大会はいかに。

今日発表された区間オーダーから予想を。

京都
1区は昨年区間2位の菅野七虹(立命大)。2、4、5,6区の4km区間は立命館宇治高の全国高校駅伝準優勝メンバー4選手が固める。中学生も全国中学駅伝優勝メンバーの2人で強い。1区の出遅れさえなければ6区までは3番手位内か。

あとは7区4kmの小﨑まり(ノーリツ)39歳がどこまで走れるか。昨年はこの区間で筒井咲帆(乙訓高→ヤマダ電機)が区間賞で優位にたった。

そしてアンカーは奥野有紀子(京産大)。ライバルチームの顔ぶれをみると接戦になればちょっと厳しいか。

昨年は木﨑良子(ダイハツ)が4区区間新の爆走で2位に浮上し勢いづいた。今年は出遅れると絶対的なエースがいないので盛り返すのは難しい。ただし中学生区間が強いのでアンカーに渡るまでは3位は確保か。

群馬
昨年2位。1区が昨年京都の筒井咲帆(ヤマダ電機)。全日本実業団女子駅伝6区区間賞のルーキーで今大会1区のTOPを狙う。

高校生は全国高校駅伝3位の常盤から3選手出場。ただしエースの岡本春美は外れた。

実業団勢ではヤマダ電機の森唯我がアンカーで万全を期す。しかし昨年のアンカー西原加純は出走しない。

中学生区間は非常に強いのでアンカーまで上位に来ることは間違いなさそう。

岡山
昨年3位。天満屋と興譲館高で占める。昨年アンカー区間賞の重友梨佐が抜けており、興譲館勢も全国高校駅伝では15位と不本意な結果だった。上位はちょっと厳しいかも。

愛知
昨年4位。1区荘司麻衣(中京大)、2区鷲見梓沙(豊川高)で序盤トップを狙う。3区中学生も強い。アンカーには今季5000m日本トップの鈴木亜由子(日本郵政)が控えており、中盤を乗り切れば3位内は確実。

神奈川
昨年5位。1区森田香織(パナソニック)の出来次第だが、前半上位で戦えれば入賞は堅い。

兵庫
昨年6位。4区に立命大のかっ飛び娘、太田琴菜が入る。8区の中学生、田中希実(小野南中)は昨年区間賞で最強。よって1区坂井田歩(ダイハツ)が重要。4区でトップなら3位内でのゴール。

静岡
昨年7位。スズキ浜松AC勢が中心。中学生も強い。中盤の高校生が活躍できれば昨年以上の順位。

福岡
昨年8位。1区は昨年26位の日髙侑紀(三井住友海上)。今回どこまで上げられるか。総合力では昨年と同等か。

大阪
昨年9位。全国高校駅伝で優勝した薫英女学園高勢が今大会も突っ走るか。中学生も最強布陣なので1区大森菜月(立命大)が上位で来れば優勝最右翼。ただし、アンカー松田瑞生(ダイハツ)の10kmは未知数。

以上は8位入賞候補。

優勝となるとなかなか予想は難しい。
1区と9区のエース区間でみると群馬愛知
総合力なら大阪兵庫京都
序盤先行できれば静岡神奈川


そのほかのチームは
鹿児島
1区上原美幸(第一生命)、2区倉岡奈々(鹿児島女高)で上位進出

熊本
1区学生トップ野田沙織(大阪学院大)、アンカー前田彩里(ダイハツ)で入賞まで手が届くか

山口
1区区間賞候補№1は実業団トップの高島由香(デンソー)

滋賀
地元。1区佛教大エース桑原彩、アンカー竹中理沙(資生堂)

三重
GGサンの地元。1区石橋麻衣(デンソー)、4区床呂沙紀(関西外大)、アンカー正井裕子(デンソー、上野工高出身)

石川
4区、由水沙季は地元北辰中→福岡・筑紫女学園高→ユニバーサル

千葉
1区松﨑璃子(積水化学)はアジア大会5000m5位。昨年1区22位の雪辱戦。アンカー土井友里永(スターツ)とで8位入賞を目指す。

埼玉
1区は学生トップクラスの菊地優子(白鴎大)、アンカーはパナソニックのエース山崎里菜

・・・と、あげていけばキリがないのでこのへんでお仕舞。

12時30分スタート。NHKテレビ放映

| | コメント (0)

2014年1月23日 (木)

全国男子駅伝ビデオ観戦

1月19日(日)にあった全国男子駅伝、今頃になってビデオで観戦。近畿勢の結果を主に記載しました。

1区 7km 高校生
トップから30秒以内で来たチームが28チーム。強力チームで遅れたのは、兵庫と三重。とくに兵庫は55秒差の39位と連覇に向け最悪の出足となった。逆に京都は3位と絶好の位置。団子で次々と選手が来るので襷の受け渡しが戦争状態。

①福岡 (堀 龍彦・大牟田 20:11)
②宮崎 2"(廣末 卓・小林高 20:13) 
③京都 3"(川端 千都・綾部 20:14)
------------------------------------
⑦大阪 6"(中村 祐紀・大阪桐蔭 20:17)
⑲和歌山 17"(橋詰 大慧・和歌山北 20:28) 
24奈良 27"(大越 望・智弁学園 20:38)
31滋賀 35"(小澤 直人・草津東 20:46)    
39兵庫 55"(藤原 滋記・西脇工 21:06) 
 
2区 3km 中学生
福島、群馬、長崎の3チームが脱け出す。しかしトップから30秒差以内は17チームと、まだ混戦状態。
近畿勢は京都、大阪ともに後退。滋賀は9人抜きで上昇。兵庫は1分以上の差に開く。奈良は大きく順位を下げた。

①福島 (②遠藤 日向・郡山四 08:38)
②群馬 1"(①西山 和弥・伊勢崎一 08:30)   
③長崎 2"(②原田 宗広・喜々津 08:38)
------------------------------------
⑨京都 21"(31吉田 匠・泉川 08:59) 
⑫大阪 24"(31米田 智哉・豊中三 08:59)   
⑳和歌山 32"(28松尾 拓実・亀川 08:56)   
22滋賀 34"(⑥千葉 直輝・城山 08:40)
36兵庫 1'03"(⑭加藤 淳・大久保 08:49)   
38奈良 1'07"(45赤井 大樹・大成中 09:21)

3区 8.5km 大学・社会人
長野の上野選手が6位からトップに立つ。7秒差で神奈川、宮崎。トップから30秒以内は8チームに減少。31秒から1分以内は12チーム。
近畿勢では大阪が7位に浮上、兵庫も27位まで上がってきた。反対に京都は25人に抜かれたまさかの34位に転落。

①長野 (①上野 裕一郎 ・DeNA 23:49)
②神奈川 7"(④梶原 有高・プレス工業 23:57) 
③宮崎 7"(③田口 雅也・東洋大 23:56) 
----------------------------------------
⑦大阪 21"(⑥山中 秀仁・日本体育大 24:00)
⑳和歌山 56"(⑳潰滝 大記・中央学院大 24:27)
27兵庫 1'22"(⑱中谷 圭佑 駒沢大 24:22)
30滋賀 1'38"(36山本 采矢・東洋大 25:07)   
33奈良 1'43"(27吉村 直人・立命館大 24:39)
34京都 1'45"(43大西 毅彦・SGHグループさがわ 25:27)

4区 5km 高校生
神奈川が先頭。秒差なしで宮崎。6秒差で長野。上位3チームは変わらず。トップから30秒以内は8チーム、31秒から1分以内は10チーム。
大阪は6位に、20位をキープしていた和歌山は25位。

①神奈川 (⑨三田 眞司・光明学園相模原 14:41)
②宮崎 0"(⑨河野 誉・小林 14:41)
③長野 6"(22藤木 悠太・佐久長聖 14:54)
-------------------------------------------
⑥大阪 26"(21細川 隆太・大阪桐蔭 14:53)
24兵庫 1'14"(⑦福田 兼士・須磨学園 14:40)
25和歌山 1'20"(38谷野 稜弥・和歌山北 15:12)
29奈良 1'42"(⑯浜田 泰輔・智弁学園 14:47)
31京都 1'47"(⑱大塚 倭・洛南高 14:50)
34滋賀 1'56"(35山中 章弘・滋賀学園 15:06)

5区 8.5km 高校生
神奈川と宮崎が落ちて、長崎と群馬が長野を含めた先頭集団3チームに。④福島27"差、⑤神奈川29"差。⑥埼玉33"差。
近畿勢では兵庫が一挙に13位まで躍進。

①長崎 (①向 晃平・鎮西学院 24:43)
②群馬 2"(③清水 歓太・中央中等 24:45)
③長野 3"(⑥春日 千速・佐久長聖 24:57)
------------------------------------
⑨大阪 44"(⑱大森 澪・関大北陽 25:18)
⑬兵庫 59"(③井上 弘也 報徳学園高 24:45)
27奈良 2'10"(24喜多 悠貴・智弁学園 25:28)
34京都 2'50"(37角地 真・洛南 26:03)
35和歌山 2'53"(43野田 一志・日高 26:33)
40滋賀 3'23"(42松井 政洋・草津東 26:27)

6区 3km 中学生
先頭の長崎が差を広げる。トップから11位の三重で丁度1分差。この11チームのなかに大阪、兵庫が9位、10位でアンカーに望みを託す。

①長崎 (⑩山本 航大・長与二 08:51)
②群馬 16"(26清水 崚汰・中之条 09:05)
③長野 18"(28相馬 崇史・信州大付松本 09:06)
----------------------------------------
⑨大阪 54"(22西田 雄飛・千早赤坂 9:01)
⑩兵庫 56"(⑦中尾 大樹・宝殿 8:48)
30奈良 2'39"(43江口 詢・橿原 9:20)
35和歌山 3'12"(32有松 憧・貴志川 9:10)
36京都 3'13"(37松本 竜汰・西賀茂 9:14)
39滋賀 3'27"(⑬吉岡 遼人・志賀 08:55)

 
7区 13km 大学・社会人
矢野が昨年につづく連続区間賞で長野は5年ぶり6度目の最多優勝。長野は3区でトップに立つと以後は常に3番手位内をキープしたのが勝因か。

近畿勢では兵庫が1区39位からの追走で10位まで挽回するも15年続いていた入賞は途絶える。大阪は3区で6位まで押し上げ後続も粘って13位。

①長野 (①矢野 圭吾・日本体育大 37:28)
②埼玉 35"(③服部 翔大・日本体育大 37:41)
③群馬 36"(10阿久津 圭司・SUBARU 38:06)
--------------------------------------------
⑩兵庫 1'21"(⑪山本 亮・SGHグループさがわ 38:11)
⑬大阪 1'22"(⑬松村 康平・三菱重工長崎 38:14)
27奈良 3'32"(25山本 芳弘・トヨタ紡織 38:39)   
30和歌山 3'56"(20中村 悠二・愛知製鋼 38:30)
35滋賀 4'53"(33平井 章宏・八千代工業 39:12)
37京都 4'55"(37田中 鴻佑・早稲田大 39:28)

今年の結果を入れた順位推移表
大阪、奈良、和歌山は上昇。兵庫、京都、滋賀は下降。

Zde14_02
来年はどうなるか?

| | コメント (0)

より以前の記事一覧