2015年5月22日 (金)

たそがれに還る 序章

1965年、高校2年の時、この本に出会う。上野産業会館の中にある小さな書店の奥のほうの棚に燦然と輝いて立っていた。

たそがれに還る 光瀬龍

早川書房刊行、日本SFシリーズの第2弾。手に取った表紙がこれまた幻想的。わくわくしながら、当時としては大金の350円をはたいて即購入。

Tasogare

このとき買った本は行方知れずなので今回、ハルキ文庫版にて再度読み始める。この本自体も何年も前、まだ光瀬龍氏が存命中に買ったものだ。

「たそがれに還る」

このタイトルの響きからして胸に迫るものがある。たそがれに還る、とは何か?

扉を開けると二行詩

 人、うたた情ありて
 たそがれに還る
     ―― R・M ――

R・Mって誰? 光瀬龍(みつせ・りゅう)、作者。

人間は塵から生まれて塵に還る・・・自分勝手にそう解釈してた。

さて、物語の序章は・・・

――人類は、その宇宙に於ける発展の歴史の中で、三つのおおきな事件に遭遇した。そのいずれもが・・・・

ユイ・アフテングリ著の星間文明史、第七巻、第五章、特徴的文明よりの引用文が序章。

三つの事件のうちの二つは、
二千年代後半に於ける地球文明と宇宙植民地との泥沼のような統合戦争と、
三千年代前半の人類とサイボーグの間の絶望的で深刻な対立
である。

そして三つ目が三千年代も終りに近く、全く突然に人類の前に提示されたあの一連の奇妙な事件。――これが物語の本題となるようだ。

まず、このユイ・アフテングリ著の星間文明史がいつの時代に書かれたものかというと、

「第三の事件から一千年の歳月をへた今日、なお資料整理の段階にあり、・・・」とあるので、四千年代終わりとみていい。今から二千数百年も未来の歴史書。

次に、未来の人類が宇宙のどのあたりまで発展しているか、だが、この序章だけでは分からない。しかし、「3816年、宇宙省は太陽系連邦の経営に関して・・・」という文章から考えるに、第三の危機、すなわちこの物語の時代では太陽系全域に人類がその生活の場を広げていたとみていいだろう。

限りなく宇宙に進出しようとする人類の前に、立ちはだかった未曾有の危機とは?

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

| | コメント (0)

2015年3月12日 (木)

リヴィエラを撃て

先日、ちょっと無理してペースを上げて走ったのでまた体調不良が続いていた。やはり走るのは無理のようだ。

走らない、試合に出ないとなればこのブログを書くネタも限られる。散歩や他人さんの試合結果ばかりではモチベーションも上がらない。

そんなことでブログ更新は停滞気味。

で、今日は読書の話。

リヴィエラを撃て(高村薫・著)
Riviera_2
新潮ミステリー倶楽部の一巻。1992年発行の単行本で2段組547ページの大長編。一週間ほどかかって読む。
(読むのが遅いGGサン)

宣伝文句
1992年冬の東京。元IRAテロリスト、ジャック・モーガンが謎の死を遂げる。それが、全ての序曲だった――。彼を衝き動かし、東京まで導いた白髪の東洋人スパイ《リヴィエラ》とは何者なのか? その秘密を巡り、CIAが、MI5が、MI6が暗闘を繰り広げる! 空前のスケール、緻密な構成で国際諜報戦を活写し、絶賛を浴びた傑作。日本推理作家協会賞、日本冒険小説協会大賞受賞。

高村薫の作品を読むのは初めて。女性作家なんですね。外国を舞台にしたスパイ小説をこれだけ緻密に書ける筆力は凄い。

これから読む人のために内容についてはこれ以上バラしません。事前知識なしに読む方が断然面白い。ただし、単行本は絶版なのでGGサンのように図書館で借りるか文庫版(上下巻)を買って読んでください。

読み出したらやめられないスリル満点の傑作だが、リヴィエラの正体を暴くラストシーンは物足りなく感じた。それに若きテロリストとその恋人の死も、謎が残ったままなのだ。

(文庫化に際して作者は手直しを入れているそうなのでラストも変わっているかも)

ほかに面白いスパイ小説は、とネットで調べ、早速、図書館にネットで予約を入れ取り寄せ。

GGサンが行くのは近くの東山図書館だけど、そこに読みたい本がなければ京都市にある20ほどの図書館から取り寄せてくれる。それでもなければ岡崎にある府立図書館に行く。

次は結城昌治の『ゴメスの名はゴメス』(50年ほども前の小説です)

スパイ小説はコードネイム(暗号名)がタイトルになることが多い。
リヴィエラは地中海沿岸のリゾート地の地名だが、小説では白髪の東洋人。

ゴメスとは?

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

| | コメント (0)

2014年3月30日 (日)

アイリッシュあるいはウールリッチ

ヒチコックの『裏窓』というサスペンス映画はビデオで観たのかな。脚を骨折したカメラマンがアパートの自室でギブス暮らし。暇があるのと持ち前の好奇心から裏窓を通して他人の生活を覗き見るようになる。そしてある晩、裏庭の向かいのアパートの一室で起こった殺人事件を目撃する。と言っても殺人の現場を見たわけではないが、奥さんがその日を境に見えなくなり、旦那が不審な行動をする。これは殺人にまちがいないと、恋人や友人の刑事に調査を頼むことになるわけ。その恋人役がグレース・ケリーで、こんなに清楚で美しい人がこの世にいるのかと思うほど美しい。その恋人から結婚を申し込まれながら、なぜか躊躇する主人公はジェームズ・スチュアート。お前さんちょっとおかしいよ。こんなに綺麗なひとが夢中になっているのにこの男、何考えとんねん。このグレースが向いの怪しい男の部屋に裏庭からよじ登って行くスリルがまたたまらん。

Rearwin

この映画の原作者がウイリアム・アイリッシュ、またの名をコーネル・ウールリッチでGGサンが最近読んでいる作家です。

この作家の本を読みだした理由は『ゴルゴ13』にある。SPコミックスの第52巻に「クリスマス・24アワーズ」というエピソードがあり、その中にホテル探偵ドールという若い女性が登場する。ゴルゴに対決するドールが気に入ったし、ホテル探偵という職業に興味を持った。我が国では聞いたことはないが、欧米の大きなホテルでは職業としてあるらしい。ゴルゴの作者〝さいとう・たかを〟が見つけてきたのかな思ったがネットで調べると『ホテル探偵ストライカー』なる本があった。この本の作者がコーネル・ウールリッチ。そして図書館で探したらありました。

こちらは『913号室の謎』のタイトルで書かれた中編の2部作。ニューヨークのあるホテルが舞台。だいたいアメリカのホテルなんかではどの階でも13のつく部屋は無いはずなんだが、なぜかこの話のホテルにはあって、その913号室に泊まった客が夜中に次から次と飛び降り自殺を図る。まあ、読みだしたらやめられない。調べても調べても、どの客も自殺する動機がないのに9階からジャンプしている。ついには原因究明のためホテル探偵ストライカー自身が身分を隠して泊まり込むことに。さて、夜中にいったい何が起こるのか?

Room913
「913号室の謎」が掲載されたパルプマガジン

ウールリッチは1930年代から50年代にかけて活躍した作家なので、7,80年も昔に書かれた作品なんです。

GGさんが次に読んだのが白亜書房から出ている傑作短編集全6冊のうちの1冊目。本のタイトルは「砂糖とダイヤモンド」。発表年代順に編集された短編集なので一番初期の作品ですね。九つの短編が収められている。

訳者あとがき門野集氏の言葉によると、
強烈なサスペンスと情感あふれる独特な作風の短編小説

もうひとりのあとがき原尞氏の言葉では
彼ほど夜の闇の恐怖と魅力を小説のかたちで描ききった作家はいなかった

ウールリッチは1903年12月4日ニューヨークに生まれ、1968年9月25日ニューヨークのウィッカーシャム病院の一室で亡くなる。65年の生涯の後半はほとんどをニューヨークのホテルで暮らしたという。

読んだら順次、紹介しよう。面白いこと間違いなし。

| | コメント (0)

2013年3月24日 (日)

TWO LAP RUNNERS

晴れ。日曜日。練習も休み。というか1時間ほど散歩。

2laprun

著者:川島誠
発行:マガジンハウス(1992年)

陸上の本というとシューズの表紙が多いかな。文庫版はトラックの絵になっている。

宣伝文句は

なぜ八〇〇メートルを始めたのかって訊かれたなら、雨上がりの日の芝生の匂いのせいだ、って答えるぜ。思い込んだら一直線、がむしゃらに突進する中沢と、何事も緻密に計算して理性的な行動をする広瀬。まったく対照的なふたりのTWO LAP RUNNERSが走って、競い合って、そして恋をする―。青空とトラック、汗と風、セックスと恋、すべての要素がひとつにまじりあった、型破りにエネルギッシュなノンストップ青春小説。

野生の中沢vs知性の広瀬。この二人が交互に一人称で語る陸上小説。著者も高校時代に800mの選手。

一人称の俺が中沢でぼくは広瀬。

作品中で気に入った箇所を列挙してみた。

なぜ800mを始めたのかって、雨あがりの日の芝生の匂いのせい

陸上競技場は、そんなにも特別なところだ

最初にその底に降りたときには、脚が震えたぜ。うん、ビビッたな、正直言って

こんなひろい、はれがましいところにいるのは初めてだって気がしたね。空が違ってみえるんだ

ウオーミング・アップで芝生の上にころがる。二度と起き上がりたくないと思った

気がついた、もうバック・ストレートになってた。俺、ここの景色を一番覚えてる。たぶん、一生忘れないね。まっすぐ、コースがあるの。それで、その先のスタンドは芝生になってて、で、また、その上にまっ青な空が、ぽかっと見える

バックの直線駆け抜けて、コーナの入口でひとり抜いた。大回りになって損だなって思ったけど、それどころじゃない。

みんな、止まってるんだないかって気がしたぜ。俺は走ってるのにさ。もちろん、俺だって苦しくなってた。でも、ぜんぜんスピードが違ってて、ほとんど外側走って直線だった

コースはひとりひとり分かれてなくてオープンだから、駆け引きがある。勝とうと思ったら、かなりの速さで走りながら緩急をつけなきゃならない

短距離っていうのは、才能なのだ。もちろん努力しなきゃだめで、努力すれば速くなるんだけど、絶対的なところで、生まれもっての才能なんだって気がする

100や200の調子で走れる限界は、300mぐらにある

からだがほどけてしまうようで、アゴがあがって、スライドだけがのびてバタバタ

ひとより速く走れることに何の意味があるかって考えると、意味はないんだ。でも、そんなことをいいだしたら、すべてのことが無意味だ。

ばくは、ぼくのからだが好きなのだ。800メートルを走っているときのぼくのからだが。それが、どんなふうに動いて、どんなふうに感じて、どんなふうに苦しんでいるかが

800mっていう種目は、結局、「抑制」なんだって思う。自分のからだ中の筋肉に気をつかって、コントロールして抑える。どれだけうまく抑えて、無駄なエネルギーを使わなかったが、最後の勝負にひびいてくる

コーナにさしかかったところで、二番になっていた。・・・ そのまま抑えてついていった。そして最後の直線に出るところで、一気に第二コースにふくらんで、並んだ。
そこでもう、勝ったってわかった。
ぼくは100メートル・ランナーだったのだ。スプリントで負けるはずがない。ていねいに、ていねいに、ラスト・スパートをかけた。予定通り

800mは、結局は、最大酸素負債量の勝負なのだと思う。
酸素負債量というのは、酸素を取り入れないで、からだとしては借金しながら、どのくらい運動が出来るかという能力。酸素摂取量というのは、決まった時間。1分ならその1分間に肺から酸素を取り入れる能力のこと

800mでは、スタートしてから200mで、最大酸素負債量の70%に達して、そのあとの600mで残り30%がだんだんと増えていく。だから、200mから先は酸素摂取能力が重要になる、というのが運動理論

限界に近い酸素負債、つまり、もう借金で酸素がほしくてたまらない状態でハイスピードを維持しながら、酸素をこんどは思いっきり取り入れていかなければならない、だから。800m走者は、つらい

酸素を吸収する能力も当然いるだろうけど、走っている間、それはそう意識してることではない。感じるのは、筋肉のなかに老廃物がたまって、悲鳴をあげているのを、おさえて、がまんして走り続けてる、そんなイメージ

本当に速く走れるようになりたかったら、無駄に疲れる練習なんてしたらいけない

量よりは質の問題で、適度な刺激を与え、そのあとは、むしろ回復させるのに時間をかけるべき。だらだら練習してるから、スプリントがなくなっちゃうんだ

やっぱり先頭にたたなきゃ。ひとの背中見ながら走るのっていやでしょ

たいがいは追い風と向い風の両方がある。その両方の風向きに合わせた走り方、高度な技術が要求される

ぼくは、走るときは、走ることだけに集中したい。他のことは何も考えたくない。

陸上はなんといっても、自分のからだとの対話なのだ。最終的には、結局のところは、レースの相手なんて関係ない。

自分のからだを調整して、100パーセントの力を試合で出せるようにする。そのための準備なんだ。

レースのある日は最高。陸上競技場にいられる。お祭りだよね。

ひとより速く走ることが快感だからだ。

スパイクが全天候のラバーのトラックをとらえ、突き刺し、後ろへと蹴り、ぼくのからだを前に運ぶ。これは、おそらく、陸上競技をやったことのないひとにはわからない感覚だ

ハードルって、ちゃんと見たことある?
位置付いて、用意、っで、バンでしょ。そうすると、八人の女の子がバッと一列でとびだしてきて、最初は同じような、でも、ちょっと微妙にズレたタイミングで、ひとつめのハードルを越える。
それで、タッタッタ、バシ、タッタッタ、バシって感じでハードルを越えて、どこかで何台か倒れる音がガシャッていって、気がつくとグングン伊田だけ前に出て来るの。
すごい迫力

アウトコースで大切なのは、後ろから来るだろう他の選手たちを気にしないことだ。自分の走りのイメージ、大きな走り方をするように心がけてコーナリングをする

第2コーナを脱けるとオープンコースになる。少しずつ斜めにインにはいってゆく。ここでペースを乱さないようにして良い位置を確保しなければならない。

バックの直線で、急に向い風が強まる。ぼくは、前の選手について、体を小さくし、強く腕を振る。あとは少し抑えたままでいくのだ。

「あんなさ、最初からトップに立って、一周目のラップも取って、抜かれるまで一番でいく気なの?」
「何も、頭使ってないんだ」
「気持ちいいレースだね。将来、有望だよ」

上体を前に向けて保ったまま、左右の足が一直線上に着地するように腰の回転を使って走る練習をする。ストライドをかせぐためには、脚を前に振り出して着地するときに、ウエストの回転を利用して、振り出す側の腰を前方に突き出すようにすればいい

ぼくのからだは機械だ。
それは、外からの刺激に自動的に反応するだけだ。ピストルの音を感知し、瞬時に筋肉を収縮させ、スタートをきる。風、気温、ペース配分、他のランナーの実力と現在の全体の位置取り、自分の筋肉に状態、すべて計算し、からだの動きを制御する

もし神がいるのだとしたら、ぼくの神は陸上競技場に宿っているのだろうと思う

高いレベルで800をやるには、持久力なんかに頼っていられないからだ。勝負はたいてい最後の直線で決まるのだから、爆発的な瞬発力、スプリントがいる

とにかく、まず、第2コーナの終わりの合流点でトップに立つことだ。
俺の場合、他のやつの走りなんて、どうでもいい。しょうもないかけひきなんてしない。最初にトップになって、そのまま一位でゴールを駆け抜ける

ピストル。
ぼくは、なめらかに走り出す。ストライドをおおきくするように心がける。力まないことが大切だ。

広瀬がものすごく積極的。どうせ、また、チンタラチンタラ走ってて、最後に追いかけてくるんだろうと思ってた。そしてら、最初から俺の前に出てくる。こいつがこんな走り方すんの、初めて見た。
嬉しくって、ゾクゾクしてくるね。
やっぱ、レースはこうでなくっちゃ

直線の向こうに、でっかい青空が見える。俺が初めて800メートルを走った日と同じだ。まっすぐ、まっすぐ走る。そのまま空に飛んでって、吸い込まれそうだぜ

そしたら、広瀬が少しだけ、アウトへふくらんできた。俺に抜かせないために、なりふりかまわず走路妨害めいたことまでしようっていうの。
いいねえ。
君に欠けてたのは、そういうファイトなのよ。
レースはケンカだ

そのとき、ぼくは、ぼくのからだに力の生まれてくるのを感じた。ぼくのからだが走りたがっているのを感じた

あのバック・ストレートの終わり、第3コーナにかけてのトラックの外の芝生で、俺たち、横になってた夜があったよな。伊田と、俺と、広瀬とで。
あれは、いい夜だったよな、絶対。これから、どんなことがあったって、それだけは、変わんないよな。

気持ちいいぜ。やっぱ、走るっていうのは、一番前を走ることだ。

ぼくは、フォームを整え、ラストスパートにはいる。
アゴをひき、腕を強く小さめに振る。しかもリラックスをめざす。

もうすぐ、あと数秒で800メートルは終わる。そう、ぼくは、負けるかもしれない。でも、ぼくは、一生800メートルを走り続けるだろうと思う。これから、死ぬまで。

陸上経験者にはバシバシと心に響く。

ちょっと引っ掛かるのは、

長距離選手のことをコケしている箇所が目につくんですね。

それに高校生の恋愛って、こんなに進んでるの

| | コメント (0)