IH近畿大会

2015年6月18日 (木)

インターハイ近畿地区大会1日目(京都選手)

AthleteRanking.com、たくさんの人がアクセスするようで繋がりにくいですね。この調子では今後も日中は見ることは難しそうだ。

本日1日目の京都選手の結果を中心に書いてます。

男女400m
女子は準決勝で自身初の56秒台をマークした長谷川選手が決勝で6位に入り全国進出を決めた。村地選手も自己ベストの56秒台ながら惜しくも決勝7位。

男子は京都ではただ一人決勝に進んだ杉原選手が自己ベストの48秒11で2位。

R_400
女子400m決勝
① 53.97 石塚晴子(3) 東大阪大敬愛・大阪   
② 55.67 上杉悠菜(2) 枚方・大阪   
③ 55.87 逢坂友利子(3) 東大阪大敬愛・大阪   
④ 56.64 戸谷湧海(2) 東大阪大敬愛・大阪   
⑤ 56.68 杉浦真弥(3) 夙川・兵庫   
⑥ 56.73 長谷川風雅(3) 西城陽・京都   
⑦ 56.90 村地映美(2) 龍谷大平安・京都   
⑧ 57.33 中原みなみ(2) 大阪・大阪 
優勝した石塚選手は53秒台突入で日本高校歴代13位の記録。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
男女1500m予選
男女ともに3選手が予選を通過し明日午後1時10分からの決勝に臨む。惜しかったのは女子の安藤選手。着外ながら記録のいい順に+3名の3番目を同じチームの又村選手と競い0.35秒差で決勝進出を逃す。

R_1500_y

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
男子八種競技1日目
京都勢が好調でTOP3を占める。混成競技の全国インターハイ出場は3位までだが、4から6位までの選手も全国11ブロック全体33名のうち上位5位までが出場できる枠がある。だから少しでも得点は伸ばしておきたい。

1位の田上選手は盤石でしょう。1日目3位の久家選手は後半2日目に得点が伸びるので2位浮上濃厚。広野選手は4位と100点以上引き離しているので、このまま3位内確保で2日目も乗り切ってほしいですね。

R_m8_d1
R_m8_d11
R_m8_d12

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

| | コメント (0)

2015年6月17日 (水)

明日からインターハイ近畿予選

明日から4日間、和歌山・紀三井寺で近畿地区予選会。体調がちょっとよろしくないのでAthleteRanking.comで観戦かな。事前準備として京都選手のチェックをしておこう。

京都大会決勝順位でその記録と今季ベスト、近畿大会ランキングをまとめ。

明日の決勝種目は
男女の400m
S_400
男女とも厳しい戦いになりそう。準決を勝ち抜けるかどうかですね。

過去3大会の6位内選手
女子400m
2012年 
① 白永優美子 (洛北3) 55.54   
⑤ 安達真琴 (京都橘3) 56.80   
2013年    
② 稲岡真由 (塔南3) 56.48   
2014年     
③ 出水楓 (京都文教2) 55.88   

男子400m   
2012年    
① 宮澤勇伎 (乙訓3) 48.68   
② 山上剛志 (鳥羽3) 48.78   
③ 森知幸 (乙訓3) 48.79   
2013年     
なし      
2014年      
① 岩本武 (京都両洋3) 47.35 

男子走幅跳
S_mlj
予選通過設定記録6m95が第1関門

過去3大会の6位内選手
2012年     
① 山川夏輝 (洛南2) 7.36(+2.8)   
③ 和多利瑛洋 (西城陽3) 7.24(+1.9)   
2013年      
① 山川夏輝 (洛南3) 7.73(+2.4)   
2014年     
④ 野﨑千皓 (洛南2) 7.21(+1.4)   
⑥ 織田海斗 (西城陽3) 7.11(+2.6) 

男子ハンマー投 ・ 女子やり投
S_mhtwjt

過去3大会の6位内選手
男子ハンマー投
2012年      
なし      
2013年      
③ 木村友大 (乙訓2) 56.78   
2014年      
① 木村友大 (乙訓3) 65.05   
② 清水樹 (花園3) 60.19   
③ 川勝崇弘 (花園3) 59.47   

女子やり投   
2012年      
⑥ 片小田菜奈美 (乙訓3) 46.51   
2013年      
なし      
2014年      
③ 山下実花子 (京都共栄2) 45.98 


◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
次に予選種目

男女1500m
S_1500_3

予選は3組4着+3で15人が決勝進出。

過去3大会の6位内選手
女子1500m
2012年      
⑥ 廣田麻衣 (立命館宇治3) 4.28.11   
2013年      
② 筒井咲帆 (乙訓3) 4.25.94   
⑤ 片田桃華 (立命館宇治3) 4.27.94   
⑥ 橋本紗貴 (立命館宇治2) 4.29.55   
2014年      
① 小西真亜子 (立命館宇治2) 4.27.17   
② 真部亜樹 (立命館宇治2) 4.27.97   

男子1500m   
2012年      
① 東海真之介 (桂3) 3.53.60   
2013年      
④ 大槻瑠 (京都外大西3) 3.53.77   
2014年     
④ 鍋島基 (桂3) 3.51.05 

男女4x100mリレー
S_400r

京都橘はエース登場となるのかどうか。

過去3大会の6位内チーム
女子
2012年      
① 京都橘  47.21   
⑤ 西城陽  47.72   
⑥ 乙訓  48.06   
2013年      
① 西城陽  47.08   
③ 京都橘  47.28   
2014年      
① 京都文教  46.79   
⑥ 京都橘  47.78   

男子
2012年      
② 洛南  41.18   
③ 乙訓  41.41   
2013年     
① 洛南  40.65   
⑤ 乙訓  41.32   
2014年      
なし   

男子棒高跳
S_mpj
予選通過ラインは4m30

過去3大会の6位内選手
2012年
なし      
2013年
⑤ 渡邉蒼磨 (北嵯峨3) 4.60   
2014年
③ 渡邉蒼磨 (北嵯峨3) 4.70   
④ 廣瀬卓 (北嵯峨3) 4.70 


混成競技は男子八種競技が1日目

S_m8
日本高校新の6063点をぶち上げた田上選手。インターハイ連覇へ向け近畿をどう戦うか。

過去3大会の全国進出者
2012年
① 城野有希(洛南3) 5774
2013年
② 乾大輔(乙訓3) 5527
2014年
①田上駿(洛南2) 5795   
④久家俊希(鳥羽3) 5318

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

| | コメント (0)

2014年6月24日 (火)

近畿IH:男子八種競技

一昨日終わった近畿IH。高校記録は出なかったが、いい記録が出ています。男子八種競技もその一つ。この種目では滝川第二の潮崎選手が6037点の高校記録を持ってますが、優勝したのは2年生の京都・洛南、田上選手でした。

① 5795 田上 駿(2) 洛南・京   
② 5738 潮﨑 傑(3) 滝川第二・兵   
③ 5493 大岡 健(3) 太成学院・大 

田上選手は今季、京都IHで5650点をマークし高校歴代⑭位に名乗りを上げ、さらに近畿では5795点で高校歴代④位に躍進です。

歴代①位の潮崎選手および大阪IHで5613点の歴代21位に顔を出している大岡選手は今大会では自己ベスト更新はならず2位と3位となった。

ここで男子八種の高校歴代50傑を眺めるとしましょう。(下図になります)

現在の八種は2006年に砲丸の重さが5.443kgから6kgに変更になったので記録も2006年以降のものになっている。だから先般、日本選手権混成で十種で日本新を出した右代啓祐(27歳)は高校当時はまだ2005年以前なので載っていません。

そういう規格変更があって歴史の新しい八種の歴代記録は毎年、多くの選手がぞくぞくと50傑入りをしています。今年も今の時点ですでに7名なので、まだまだ増えそうです。

Kr50_8s

さて高校生の八種競技とはどんなものか。今大会の日程で言うと、

1日目(6/19)
10:30 100m
12:30 走幅跳
14:00 砲丸投
15:40 400m

2日目(6/20)
09:40 110mハードル
10:45 やり投
 
12:30 走高跳
16:20 1500m

1500m以外は競技でやったことがない(と言うか、やれない)のでなんともわからないが、とんでもない疲労感ととてつもない達成感があるように思う。

仮に自分が競技をやるとしたら、1日目の最初の種目100mは非常に大切。いい気持ちでスタートを切りたいからね。アップは入念にしよう。出場選手すべてがそうだろうし、力はみなぎっているので、みんな実力通りの記録を出しそう。だからそんなに差は出ない。ぼくもそこそこ走れた。

バナナを食べて次の走幅跳。100mが得意ならこれも得意。ただし、幅跳と投擲は試技が3回しかない。ファール3回の〝記録なし〟だけは避けたいので、踏み切り合わせはしっかりしないと。まず記録を残さねばならないので1回目は慎重に。踏み切りで多少損をしてでも確実に白旗で跳ぶ。2回目、3回目は思い切って跳び記録を伸ばす。

ここまで2種目。跳躍3本でかなり疲れる。ここでお昼ご飯だ。お母んの作ってくれた弁当を食べ腹ごしらえ。そのあとは休憩だ。

次は砲丸投。6kgの鉄球といえば、家にある鉄アレイが6kgだ。これを10m以上投げ飛ばす? いや押し出すんだけど。どんな怪力の持ち主か。 直径2mちょっとのサークルの中で全身の筋肉の伸縮エネルギーでもって鉄球を押し飛ばす。 勢いあまってサークルから外に足がでればアウト。この種目も3回しかできないので1回目は確実に。弁当も食べたし、ここは一発、腹の底から力を出してプッシュ・ショット。

この次の400mまでは時間がない。だが、今日の最後の種目だし記録なしの心配はないから何とかなるなだろう。その通り、何とか走れた。ラスト100mは頑張ったよ。力を出し切った感じだ。ケアだケア。明日のために体を入念にもみほぐし、疲れをとる。今夜は丼2杯食べて早く寝るぞ。

・・・高校生のぼくが陸上をやっていたらこんな感じかな。

2日目は明日につづく、ではなく本題に戻るとしよう。

今回の近畿IHでの上位10選手の種目別得点をグラフにして考察。
(1)高得点を獲っているのは、110mH、400m、100m
(2)得点が低いのは砲丸、やりの投擲
(3)バラつきが大きいのは、やり、走幅、走高
(4)バラつきが小さいのは砲丸、1500m
などが読み取れる。また、
(5)上位10選手のなかでも上位と下位の分岐点となる種目は、走幅跳、110mハードル、走高跳の3つ。ハードルも跳ぶ競技の一つと考えるとこれら3種目は跳躍系と言える。跳躍能力の優劣が勝負を分ける、ようだ。

M8syu01

次に競技を進めていく都度、得点差がどう推移したかの考察を
(1)2種目目の走幅跳が終わった時点でトップ3までは抜けている
(2)2日目の最初の種目、110mハードルでトップ3は確定。
(3)高校記録保持者の潮崎選手は最初の種目100mで出遅れ、2日目の110mHでも差を広げられた。やり投で挽回するも届かず。
(4)1日目は拮抗する位置でつけていた大岡選手も2日目の第一種目、110mHで100点の差をつけられると、あとはずるずる後退。
(5)優勝した田上選手は単独種目で110mHにも出場し③位に入る実力の持ち主。この種目での優位が全体の勝負を分けた。

M8syu02_2

4位に入った2年生の久家俊希(鳥羽2京都)、2日目は大健闘。さらにスプリントを鍛えれば歴代50傑入りは近い。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

あくまで素人の趣味の考察なので的外れだったらご容赦。

混成競技で目立つのは最後の種目だが、1500mにしろ、女子800mにしても、総合順位に影響することはほとんどなさそう。(とくに上位選手の場合)
最終種目で一発逆転というより、これで終わり、やりきった、と言う感じだろうか。しかし、記録更新が懸っていたりしたら、それこそ死力を尽くして走ることになる。


◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

単独種目での高校記録を八種競技に置き換えると何点になるか?

やってみました。・・・・8269点。


3位までの選手の記録と比較すると、
(1)レベルの差が大きいのは1500m。つぎに砲丸投、やり投。これらの種目はそれだけ単独種目として専門化が進んでいる、と考えられるかな。とくに中距離の1500m。中距離のトップ選手が混成競技に転向することは、まずあり得ない。八種の得点を伸ばすには中距離より投擲のレベルアップでしょうか。しかしこれらの種目は主に上半身の筋力を必要とするので、スピードや跳躍能力とは相反するところもあり、かなり難しいようにも思う。

(2)レベル差が小さいのは110mH。つぎに400m。
スプリント能力の高い選手が八種には多いということかな。

M8syu03

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

今日の練習

鴨川河川敷西側、四条大橋~三条大橋の土道
3往復・・・15分24秒

 

| | コメント (0)

2014年6月22日 (日)

近畿IH:4日目

今日は朝から岡崎のほうに寄り道してから西京極へ。傘さして歩きです。

女子3000m決勝

W3000_01
千万人といえども我行かん。ではないでしょうが、髙橋望ムセンビ(薫英女学院2)がつっぱしる。

W3000_02
途中1000mは2分52秒。
このペースで最後まで行くとは思えないが・・・

W3000_03
2番手集団は5人がかたまり、6着確保。

1着は髙松選手で9.10.08。ラップは 2'52" - 3'07" - 3'11" 
京都は立命館宇治の関紅葉(②9.21.28)、安藤富貴子(⑤9.22.51)の2人。薫英は加賀山ツインズが③、⑥で髙松選手を入れ3人が全国へ。須磨の前畑選手は1500mnつづき全国行きを決める。

独走につぐ独走。みていて気持ちのいい髙松選手の独走でした。チャンピオンを目指すなら、こうでなくては。


女子100mH準決勝

メインスタンドは混んできたので脱出。サイド、第一曲走側スタンドのてっぺんに陣取る。

W10hsf01
1組 中司菜月(大塚1) 14.23 -1.2

W10hsf02
2組 岡本梨花(乙訓2) 14.51 -1.6

W10hsf03
3組 ヘンプヒル恵(京都文教3) 14.38 -2.2

ヘンプヒル選手、最終日の今日は100mハードル3本、七種の走幅・やり・800m、そしてマイルリレー2本と出ずっぱり。


男子110mH準決勝

洛南の2選手が2組1位、3組2位と順位で勝ち進む。フィニッシュしてすぐにホッとした表情だったので、選手は接戦でも自分の順位はわかるんだ、なと変なところに感心。


女子800m決勝

W800f_01
京都は西京の杉浦選手が7レーン、立命宇治の小山選手が9レーン

W800f_01a
400mラップは1分ちょうど。
敬愛・石塚選手と西脇・髙橋選手の一騎打ち。

W800f_02
石塚選手、トップ譲らず400mHにつづく2冠。
タイム2.08.47は自己ベスト。あとはマイルリレーだ。

W800f_03
京都の2選手は5,6位。いずれも自己ベストの熱走。


男子800m決勝

M800_01_3
400は55秒

M800_02
京都・桂の鍋島選手が自己ベストの1.51.75で西脇・西村選手、生野・上田選手を撃破。


男子5000m決勝

M5000_01
3000mは8分50秒で通過。先頭集団がしだいに絞られていく

M5000_02
残り1周の鐘。

1500mに続いて草津東の小澤選手が5000mも制覇。京都は残念ながら桂の小川選手の10位が最高なので惨敗かな。


この間に・・・

W7syar01
7種でヘンプヒル選手がやり投。助走からクロスステップ・・・
ただ、やりはちょっと曲がって飛んで行った。
まっすぐ飛んでいたのは、この種目の1位、井上萌(滝川第二3)。投げたあと、テントの中でヘンプヒル選手と談笑を交わしていたような。

Wsp_01
スタンドのすぐ下で女子砲丸投。

敬愛の郡菜々佳(2年)が大会タイ記録の14m67で優勝。この記録は日本高校歴代9位です。京都は花園の田村選手が3位に入る。

今日は砲丸投をじっくり観戦した。みてると選手ひとりずつ投げ方が違う。そのフォームのかっこいいこと。

Wsp_02

鉄球がドカーンと飛んで行くのも迫力あり。たまにラインからそれて標識にガツーんと当たることも。


女子100mH

やり投を終えたヘンプヒル選手が13秒52で近畿IH連覇。この時だけ+2.5の追風で大会新記録とはならず。京都は岡本選手(乙訓)、平賀選手(同志社)も3、4位に入る大活躍。


男子110mH

風+1.6で東海大仰星の川村直也(3年)が13秒99の近畿高校記録。京都・洛南の2選手は3位、5位と健闘。


女子七種最終種目800m

W7syu_01
ヘンプヒル選手、この種目で2分25秒7位内なら高校新記録、と場内アナウンス。京都IHのときと同じだ。今回はあの時よりいい条件。高校記録誕生か、と期待するが、0.5秒届かず。さすがにオーバーワーク気味。高校記録は全国で叶えてもらいましょう。

ヘンプヒル選手、この5分後にマイルリレー決勝の4走という重責が。


女子4x400mR決勝

W1600r00
2走を終わり東大阪大敬愛がトップ。ここでも石塚選手が力走

3走でも差を広げ敬愛は独走態勢。京都文教は2位でヘンプヒル選手にバトン。

W1600r0a
アンカー勝負のマイル決勝

W1600r01
フィニッシュ前、最後の直線。危うしヘンプヒル恵!
しかし、最後の力(フォースか?)で2位死守。


男子4x400mR

M1600r01
大会最終種目男子マイルリレー。大接戦のラスト4走。
最後の最後にクライマックスが待っていた。

M1600r02
最後の直線で後方から洛南(小薄選手)が驚異のごぼう抜き。
これもフォースか!?

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

4日間西京極。堪能した~。

| | コメント (1)

2014年6月21日 (土)

近畿IH:3日目

今日は土曜日か。サンデー毎日の日々なので土日という感覚はなくなってしまった。でもやはり世間は休み。西京極に観に来る人も多そうだ。そのためか、駐車場はどこも満車。当然、西京極の3か所の駐車場も満車で空き待ちのクルマが入口で並んでいる。土日は料金が高いので止める気はなかったが周りの一般の駐車場も満車状態。

何か所かコインパーキングを見て回ってやっと1台だけ空いてるのを見つける。800準決勝になんとか間に合った。

女子800m準決勝

1組
W800sf_1
① 石塚晴子(東大阪大敬愛2) 2.12.45
1時間前に行われた400mHでは58.43の近畿高校記録(高校歴代5位)で優勝したばかりの石塚選手。スタートから飛ばして独走での決勝進出でした。1日目の400mも2位だったので、この800mとあとマイルリレーとで4種目全国出場を目指す。

2組
W800sf_2
① 河原田萌(比叡山2) 2.13.50
京都・立命館宇治の小山怜那は2着で決勝へ

3組
W800sf_3
① 髙橋ひな(西脇工1) 2.10.74
日本中学記録2.07.19を持つ髙橋選手がトップ。京都・西京の杉浦朝香も2着で明日の決勝へ進む。


男子800m準決勝

1組
M800sf_1
①矢守志穏(天王寺3) 1.53.33

2組
M800sf_2
①鍋島基(桂3) 1.53.79

3組
M800sf_3
①上田啓太(生野3) 1.52.95

今季ランキングTOP3が各組1着で明日の決戦へ。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

| | コメント (1)

2014年6月20日 (金)

近畿IH:2日目

午後から西京極。マスターズのKさんに出合う。「男子1500はもう終わりましたよ」と聞いてがっくり。時間を間違っていた。女子1500m決勝は1時30分だったが、その前に男子が1時10分から。てっきり男子は女子の後と思いこんでいた。プリントアウトした競技日程をみると確かに男子が先だ。他の種目はすべて女子が先なのに1500m決勝だけ男子が先。なんでかな。

試合のほうは3分49秒台が出た、とのこと。

男子1500m決勝

① 小澤直人(草津東3滋賀) 3.49.95 今季ベストを5秒短縮。

京都の鍋島基(桂3)は 3.51.05 で4位。 

現地では見逃したがYoutubeにアップされてるのを観戦。その日のうちにアップしていただいたjeepj52さんに感謝!



小澤選手、ラスト300からのバックストレッチのスパートが強烈。誰もついて行けません。2番手はグループは6名。最終コーナーからの100mで6着勝負。

ラップは 1'01" - 1'03" - 1'03" - 43"
(3'45"ペースは400が1'00"、300は45")

小澤選手と、2位になった西村選手(西脇工)がハイペースで引張り好記録につながった。


女子1500m決勝

W1500f_01
最初は上村英恵(京都外大西3)がトップに立つが集団に吸収されると、そのまま15名全員がひとかたまりで進む。

W1500f_01a
動いたのはやはりラスト300のバックストレッチ。

W1500f_02
最終コーナー。立命館宇治の小西真亜子が先頭を走る。

W1500f_03
女子もラスト100mで7人が6着争い。

ラップは 1'10" - 1'16" - 1'11" - 50"2
(4'30"ペースは400が1'12"、300は54")
2周目にガクンとペースが落ち牽制しあって進み最後の300mスパート合戦。

申込記録(今季ベスト?)順に結果を表にまとめる。事前に考えていた6着争いの3%ライン4分38秒がその通りの結果になっています。ただし、

ランキング19位の康本選手は昨年の近畿IH優勝者。タイムも4.26.25と、もともと実力がある選手。今季出遅れ、あるいは本気でなかった、ということかな。

鮮やかな追い込みで3位に入った1年生の森口選手も中3で4.33.67と中学100傑では30位の選手。

5位の森選手も昨年度は4.25.77の記録を残しているので、今季ベストのランキングでは計れないレースだったわけですね。

Rsw15_01

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

| | コメント (0)

2014年6月19日 (木)

近畿IH:1日目

午前中はゆっくりジョギング。午後から昼寝。西京極は3時前、女子400m決勝から観戦。

競技結果はすべて『アスリートランキングドットコム』に出ていますので、そちらを見ましょう。

女子400m

W400f_01
1,2位は東大阪大敬愛の木本彩葉(54.58)と石塚晴子(54.98)

W400f_02
京都文教の出水楓は55.88(自己ベストでしょう)で4位。今のところはまだ敬愛2選手とはちょっと差があるようだ。


男子400m

M400f_01
ぶっちぎり京都両洋の岩本武47.35 (自己ベスト)


女子4x100mR準決勝(3組2着+2)

1組
W400rsf_01
①京都文教47.11 ②京都橘47.43

2組
W400rsf_02
①夙川(兵庫)46.85 ②乙訓(京都)47.29

3組
W400rsf_03
①城南学園(大阪)47.23 ②大阪47.24

プラス2は3組の和歌山北47.55、滝川第二(兵庫)47.69

京都は3校が明日の決勝に進出。優勝候補筆頭の東大阪大敬愛は予選1組で4位と敗退。バトンパスミスぐらいしか考えられないけど。


男子4x100mR準決勝(3組2着+2)

1組
M400rsf_01
①滝川第二(兵庫)40.84 ②添上(奈良)41.30

2組
M400rsf_02
①近大附(大阪)40.78 ②大津商(滋賀)41.16

3組
M400rsf_03
①咲くやこの花(大阪)40.58 ②三田祥雲館(兵庫)41.26

プラス2は2組の大阪41.24、関大北陽41.42の大阪2校となった。決勝は大阪4、兵庫2、奈良1、滋賀1。


女子やり投

Wyari_01
①梶原美波(薫英女学院)47.07 
助走から投げるまでが流れるようにスムーズ。そして投げる前の体のしなりが凄い。でもまだ本調子ではないかも。

申込記録ランキング上位6選手が6位内に入る。実力通りの結果とは言えるが、記録は伸びていない。⑦金美聖(乙訓)42.95、⑧高橋那於(吹田東)42.67は申込記録を上回ってきた。


男子走幅跳

Mlj_01
最後の跳躍者は大津商の池内翔太。ここまで7位。6位とは2cm差。渾身のジャンプにみえたが赤旗があがる。

本来の試技順はラストではないが400mリレーに掛け持ちで出ていたので後回しになったのかな。池内選手、ランキングは32位でしたがベスト8に残り7位。

Mlj_02
幅跳観戦は面白い。選手ごとの記録版が順番に並べられ、記録が更新されると入れ替えられる。一目で今の順位と記録がわかる。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

明日は1500m決勝が午後の1時30分から
京都は女子4名、男子3名が決勝進出。


明日も熱くなりそう。

| | コメント (0)

2014年6月18日 (水)

近畿IH今季高校10傑入り選手(若き超人たち)

明日から西京極で全国インターハイ近畿地区大会(近畿IH)。今日はこの大会に出場する選手で今季全国高校10傑にランクインの選手をチェックしてみました。参照元は月刊陸上7月号の『2014高校トップ100』
-------------
男子
-------------
◆100m
③ 10.47 +1.9  滝内  誠 (近大附3大阪)   
⑥ 10.57 -1.8  増田拓巳 (咲くやこの花3大阪)

大阪勢が非常に強い。申込記録をみると上位6人はすべて大阪

◆200m
④ 21.26 +0.9  増田拓巳(咲くやこの花3大阪)

◆400m
⑥ 47.66  椋下弦矢 (桜宮3大阪)   
⑦ 47.72  岩本  武 (京都両洋3京都) 
一騎打ち

◆110mH
② 14.07 +0.7  川村直也 (東海大仰星3大阪)   
④ 14.50 +1.8 上村竜司 (大阪桐蔭3大阪)   
⑥ 14.52 +1.8  吉岡久志 (大阪桐蔭3大阪) 
大阪が強いが京都も⑱、29につけている。

◆400mH
⑥ 52.65  北川  玄 (彦根翔陽3滋賀)   
⑧ 52.74  道下幸平 (洛南3京都)   
⑨ 52.79  西村日向 (小野3兵庫)   
⑩ 52.80  志摩有哉 (姫路商3兵庫) 
近畿は52秒台が6名と全国屈指の激戦地

◆800m
④ 1:52.61 鍋島  基 (桂3京都)   
⑦ 1:53.26 矢守志穏 (天王寺3大阪) 

◆1500m
⑥ 3:54.20 鍋島  基 (桂3京都)   
⑩ 3:54.94 坂東悠汰 (津名3兵庫)
11位には滋賀の小澤選手が3.54.97   

◆5000m
対象者なし。23位に和歌山の橋詰選手。

◆3000mSC
③ 9:09.12 廣 佳樹 (県西宮3兵庫) 

◆5000mW
① 20:33.20 河岸良祐 (飾磨工3兵庫)   
⑨ 21:25.10 牧谷大樹 (滋賀学園3滋賀) 

◆4x100mR
⑦ 40.98  咲くやこの花・大阪   
⑩ 41.06  近大附・大阪
昨年、桐生選手を擁して全国優勝を成し遂げた京都・洛南が京都大会準決勝でバトンを落とし失格となる大波乱。洛南の出ない京都は厳しい戦いとなりそう。

◆4x400mR
⑦ 3:14.06 関大北陽・大阪

◆走高跳
② 2.12  平松祐司 (西城陽3京都) 
平松選手は三段跳も④位。ほんとに跳人です。

◆棒高跳
対象者なし
松澤勝治(近江3滋賀)が4m85で14位。ただし、この記録は月陸には記載なし。

◆走幅跳
対象者なし
遠藤泰司(大阪桐蔭2)が7m27で12位タイ

◆三段跳
① 15.59  +1.90  織田海斗 (西城陽3京都)   
③ 15.18  +1.30  野﨑千皓 (洛南2京都)   
④ 15.14  +0.10  平松祐司 (西城陽3京都)   
⑩ 14.96  +0.00  原田睦希 (阿倍野3大阪)
京都勢大攻勢

◆砲丸投
① 17.32  石山  歩 (花園3京都) 高校歴代④
⑧ 15.68  井上拳史郎 (咲くやこの花3大阪) 
石山選手、目標は全国3連覇

◆円盤投
④ 50.06  石山  歩 (花園3京都)   
⑤ 47.39  日下隆晃 (太成学院3大阪)   
⑥ 46.36  北亦雄成 (紀央館3和歌山)   
⑦ 45.98  湯川椋盛 (箕島3和歌山)   
⑧ 45.80  沖見拓真 (大阪桐蔭3大阪) 
ハイレベルなパワー対決

◆ハンマー投
① 65.18  木村友大 (乙訓3京都)  高校歴代⑤
⑤ 61.21  清水  樹 (花園3京都)   
⑥ 59.30  川勝崇弘 (花園3京都)   
⑨ 56.91  田村朋輝 (八鹿3兵庫)
ここもハイレベル

◆やり投
② 69.27  石山 歩 (花園・京) 
3種目近畿トップの石山選手

◆八種競技
① 5711 潮﨑 傑 (滝川第二3兵庫)   
③ 5650 田上 駿 (洛南2京都)   
⑤ 5613 大岡 健 (太成学院3大阪) 
高校記録(6037点)保持者、潮﨑選手の目標は全国連覇

-------------
女子
-------------
◆100m
⑧ 11.99  +1.0 西尾香穂 (大阪2大阪) 
ランキング11位タイの壹岐いちこ(京都橘2京都)との2年生対決がみどころ。

◆200m
⑧ 24.62  +0.8 西尾香穂 (大阪2大阪)   
⑩ 24.66  +0.8 木本彩葉 (東大阪大敬愛3大阪) 

◆400m
③ 54.32  木本彩葉 (東大阪大敬愛3大)   
④ 54.96  石塚晴子 (東大阪大敬愛2大) 
敬愛2選手に挑む、ランキング⑫位の京都の疾風、出水楓(京都文教2京) 56.14 の決勝での走りがみどころ。

◆100mH
① 13.47 +1.6  ヘンプヒル恵 (京都文教3京都)
日本選手権3位で高校歴代4位の記録。昨年の全国決勝ではフライング失格。今年は七種との2冠を目指す。

◆400mH
②  59.79 石塚晴子 (東大阪大敬愛2大阪)   
④ 1:00.46 橘田佳苗 (大塚3大阪)   
⑥ 1:00.73 出水  楓 (京都文教2京都)   
⑨ 1:01.00 平畑真帆 (園田3兵庫) 
ランキング①位はこの種目には出場しないがヘンプヒル選手でした。レベルの高い戦いです。

◆800m
① 2:09.18 石塚晴子 (東大阪大敬愛2大阪)   
② 2:09.28 髙橋ひな (西脇工1兵庫) 
石塚選手、400m、400mH、800mそしてリレーと、何種目に出るのかな。

◆1500m
対象者なし
この種目には出場しない高松望ムセンビ(薫英女学院2大阪)が①位、髙橋ひなが②位にランキング入り。出場選手では京都の小西選手の⑭位が最上位。

◆3000m
① 9:13.23 髙松望ムセンビ (薫英女学院2大阪)   
⑥ 9:20.71 上田雪菜 (奈良育英2奈良)   
⑧ 9:22.05 安藤富貴子 (立命館宇治2京都) 

◆5000mW
① 23:06.06 松本紗依 (奈良育英3奈良)   
⑥ 23:58.91 浅野眞代 (堀川2京都)   
⑨ 24:06.70 中村さくら (西京3京都) 

◆4x100mR
④ 46.86  東大阪大敬愛・大阪 
⑤ 46.92  京都文教・京都
⑩ 47.06  夙川・兵庫

◆4x400mR
③ 3:44.70 東大阪大敬愛・大阪 
④ 3:45.07 京都文教・京都
⑩ 3:49.49 京都橘・京都
女子のリレーは400、1600ともに東大阪大敬愛と京都文教のトップ争い

◆走高跳
② 1.75  津田シェリアイ (東大阪大敬愛3大阪)   
⑧ 1.72  秦澄美鈴 (山本3大阪) 

◆走幅跳
③ 5.93  +1.3 山下友佳 (太成学院2大阪)   
⑤ 5.89  +1.8 藤野  茜 (三田祥雲館3兵庫)   
⑤ 5.89  +1.3 濵本果音 (姫路商3兵庫)   
⑦ 5.88  +0.9 石川友美子 (摂津3大阪)   
⑧ 5.84  +1.8 河合栞奈 (摂津2大阪)   
⑩ 5.83  +1.7 竹内真弥 (摂津1大阪)
なお、⑪は京都文教1年の椹木亜美5m82。近畿は女子走幅跳王国。藤野選手目指すは全国連覇。

◆砲丸投
① 14.27  郡菜々佳 (東大阪大敬愛2大阪)   
⑩ 13.37  田村満孔 (花園2京都) 

◆円盤投
② 45.27  清水麻衣 (滋賀学園3滋賀)   
⑧ 40.95  酒井梨々華 (紀央館2和歌山) 

◆やり投
② 52.11  梶原美波 (薫英女学院3大阪)   
③ 50.06  小山あかね (添上3奈良)   
⑧ 48.46  山下実花子 (京都共栄2京都)   
⑩ 47.12  井上  萌 (滝川第二3兵庫) 

◆七種競技
① 5352 ヘンプヒル恵 (京都文教3京都) 高校歴代②
⑩ 4668 神谷菜々 (園田3兵庫) 
ヘンプヒル選手、目標は全国連覇と高校新

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

駆け足でチェックしてきましたが(漏れている選手があるかもしれませんが、そのときはご容赦)、記録をみてると、まさに若き超人たちですね。

その超人たちがどんな競技を魅せてくれるか、明日からの西京極が楽しみです。

| | コメント (0)

2014年6月14日 (土)

近畿IH申込記録TOP10 女子800m, 1500m, 3000m

今日は女子の中長距離。

女子800m

申込記録10傑+京都選手
① 2:09.18 石塚 晴子(2) 東大阪大敬愛・大   
② 2:09.28 髙橋 ひな(1) 西脇工・兵   
③ 2:13.79 田代 百優(3) 長田・兵   
④ 2:13.88 石田 奈央(2) 三国丘・大   
⑤ 2:14.58 秋山あみる(1) 須磨学園・兵   
⑥ 2:14.69 大上 千鶴(3) 篠山鳳鳴・兵   
⑦ 2:14.95 戸谷 温海(1) 東大阪大敬愛・大   
⑧ 2:14.98 奥川 愛羅(2) 須磨学園・兵   
⑨ 2:14.99 河原田 萌(2) 比叡山・滋   
⑩ 2:15.19 森口 愛子(1) 県西宮・兵   
11 2:15.72 杉浦 朝香(3) 西京・京   
17 2:16.21 小山 怜那(3) 立命館宇治・京   
18 2:16.58 上村 英恵(3) 京都外大西・京   
20 2:17.67 久世 幸(1)  桂・京   
20 2:17.67 真部 亜樹(2) 立命館宇治・京   
22 2:18.14 長谷川 汀(3) 立命館宇治・京 

申込記録 タイム-順位グラフ
W800st

昨年の近畿IH
① 2:10.84 坂本茉矢(西脇工・兵庫)→全国:準決勝2組⑤
※今年は兵庫IHで準決勝にて敗退
③ 2:11.44 康本花梨(須磨学園・兵庫)→全国:予選7組④
※今年は1500mで出場   
④ 2:11.69 田中菜々(須磨友が丘・兵庫)→全国:準決勝1組④
※今年は1500mで出場   
⑥ 2:11.97 上村英恵(京都外大西)→全国:予選7組③   
⑧ 2:17.92 森 京香(薫英女学院・大阪)
※※今年は1500mで出場

昨年の近畿ユース
2年
①2.14.57 中島咲歩(郡山・奈良) 今大会ランキング⑲
②2.15.12 田代百優(長田・兵庫)
③2.15.19 小山怜那(立命館宇治・京都)
1年
①2.13.83 石塚晴子(東大阪大敬愛)
②2.14.27 大原祥子(東播磨・兵庫)今大会ランキング⑫

全国進出6選手は
大阪の石塚選手と兵庫の髙橋選手がずば抜ける。現時点での今季の全国高校1、2位です。残るは4つだがランキング上位は兵庫と大阪が占める。京都はかなり厳しい闘いとなりそうだが、そんなに差があるわけでもない。

6/21(土)に予選(6組3着+3)と準決勝(3組2着+2)が行われる。予選も気が抜けないし、準決はより熾烈でタフ。

ここでちょっと考える。近畿大会で記録がどれぐらい伸びるのか。府県大会が終わって近畿大会までは20日ほどしかない。この間、どんな練習をするか。多分、府県大会の疲労を抜いて心身ともにリフレッシュ。それから少しキツイ刺激を入れていき、1週間前からは調整に入る。

近畿で飛躍的に記録が伸びるかどうかは最高のコンディションに持っていけるかどうかによるのでしょう。過去の大会をみると3%程度は記録が伸びる選手がいます。例えば2分18秒の持ちタイムの選手なら2分14秒。

申込記録のタイム-順位グラフをみますと、例えば、6着争いが2分14秒なら、2分18秒の今季ベスト選手でも戦線に加わる、ということですね。ランキング22位の京都の選手にもチャンスはあるわけです。

当然ながら、反対に記録を落とす場合もある。2%、3%は簡単に落ちてしまう。


女子1500m

申込記録10傑+京都選手
① 4:27.90 小西真亜子(2) 立命館宇治・京   
② 4:28.15 前田 穂南(3) 薫英女学院・大   
③ 4:28.82 真部 亜樹(2) 立命館宇治・京   
④ 4:31.69 稲波ほのか(3) 京都西山・京   
⑤ 4:31.71 上村 英恵(3) 京都外大西・京   
⑥ 4:33.38 田中 綾乃(2) 薫英女学院・大   
⑦ 4:34.24 前畑 有希(3) 須磨学園・兵   
⑧ 4:34.61 上田 雪菜(2) 奈良育英・奈   
⑨ 4:35.02 山川 小春(2) 西脇工・兵   
⑩ 4:35.17 山本 萌水(3) 桂・京   
⑩ 4:35.17 那須 千晴(3) 神島・和   
16 4:37.44 小松 千春(3) 桂・京 

申込記録 タイム-順位グラフ
W1500st

昨年の近畿IH

①4:26.25 康本花梨(須磨学園・兵庫)→ 全国:予選3組⑯
今大会ランキング⑲
⑥4:29.55 橋本紗貴(立命館宇治・京都)→ 全国:予選2組⑬
今年は京都IHで決勝⑫敗退
⑦4:32.68 田中菜々(須磨友が丘・兵庫)今大会ランキング⑳

昨年の近畿ユース
2年
②4.28.29 森京香(薫英女学院・大阪) 今大会ランキング⑫
③4.28.36 前畑有希(須磨学園・兵庫) 
1年
②4.30.41 真部亜樹(立命館宇治・京都)
③4.30.95 田中綾乃(薫英女学院・大阪)

全国進出6選手は
上位5人に京都が4選手を占め期待大。初日6/19(木)の予選(3組4着+3)を余裕を持ってしっかり走れば決勝も行けそうだ。

4分30秒を6着ラインとするなら3%範囲は4分38秒。


女子3000m

申込記録10傑+京都選手
① 9:13.23 髙松望ムセンビ(2) 薫英女学院・大   
② 9:20.71 上田 雪菜(2) 奈良育英・奈   
③ 9:22.05 安藤富貴子(2) 立命館宇治・京   
④ 9:25.02 小西真亜子(2) 立命館宇治・京   
⑤ 9:26.56 関 紅葉(3)  立命館宇治・京   
⑥ 9:28.87 加賀山恵奈(3) 薫英女学院・大   
⑦ 9:29.97 前畑 有希(3) 須磨学園・兵   
⑧ 9:35.97 安川 侑那(3) 綾部・京   
⑨ 9:36.30 加賀山実里(3) 薫英女学院・大   
⑩ 9:40.38 南 美沙希(1) 西脇工・兵   
15 9:44.35 和田 朝花(3) 京都外大西・京   
17 9:50.21 信岡 桃英(2) 乙訓・京 

申込記録 タイム-順位グラフ
W3000st

昨年の近畿IH
② 9:24.66 髙松望ムセンビ →全国:決勝⑤9.08.22
⑥ 9:27.51 安藤富貴子 →全国:決勝⑩9.13.24   
⑦ 9:28.58 前畑有希

昨年の近畿ユース
2年
①9.28.39 加賀山実里
②9.28.71 前畑有希
③9.31.02 関 紅葉
1年
①4.26.64 安藤富貴子

全国進出6選手は
ランキング上位で勝負強い京都の立命館宇治3選手。それに残る京都の3選手も混戦の中で粘れば勝機あり。

9分25秒を6着ラインとすると3%範囲は9分42秒。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

| | コメント (0)

2014年6月13日 (金)

近畿IH申込記録TOP10 男子3000mSC、5000m

インターハイ近畿大会みどころのつづき。

男子3000mSC

申込記録10傑+京都選手
① 9:09.12 廣 佳樹(3)  県西宮・兵   
② 9:15.61 小嶋 一魁(3) 清風・大   
③ 9:16.30 船井 魁晟(3) 智辯学園・奈   
④ 9:18.52 藤岡 勇貴(3) 姫路商・兵   
⑤ 9:19.23 坂東 剛(3)  花園・大   
⑥ 9:20.45 辻村 公佑(3) 三田祥雲館・兵   
⑦ 9:20.63 大森 樹(3)  久御山・京   
⑧ 9:21.17 辰巳 貴信(3) 滋賀学園・滋   
⑨ 9:23.50 楠 大輝(3)  三木・兵   
⑩ 9:23.68 杉谷 駿輔(3) 須磨友が丘・兵   
15 9:29.25 長谷部 匠(3) 綾部・京   
17 9:32.59 阪口 竜平(2) 洛南・京   
21 9:36.43 原 青磁(3)  洛南・京   
23 9:38.14 枡田 雄太(3) 宮津・京   
24 9:38.50 深江 夏樹(2) 桂・京 

申込タイム-順位グラフ
M3kscst

昨年の近畿IH
⑥9.20.11 小林寛太(須磨学園2兵庫)→全国、予選4組⑩9.27.70
※今年は兵庫県予選で決勝⑧9.34.40と敗れる

昨年の近畿ユース
2年
①9.19.54 大森 樹(久御山・京)
②9.19.92 廣 佳樹(県西宮・兵)
 
③9.21.78 小嶋一魁(清風・大)
1年
①9.37.78 深江夏樹(桂・京)
 

みどころ
兵庫の廣選手が一抜け。あとは混戦必至。9分20秒あたりが全国進出ラインか。京都勢はまずは6/20(金)の予選(3組4着+3)突破を目指す。


男子5000m

申込記録10傑+京都選手
① 14:23.50 橋詰 大慧(3) 和歌山北・和   
② 14:26.70 森田 智哉(3) 東播磨・兵   
③ 14:28.00 小澤 直人(3) 草津東・滋   
④ 14:29.30 堀尾 謙介(3) 須磨学園・兵   
⑤ 14:35.00 藤田 兼至(3) 西脇工・兵   
⑥ 14:38.30 高砂 大地(2) 関大北陽・大   
⑦ 14:39.70 藤井 翔太(3) 京都外大西・京   
⑧ 14:39.90 猪尾 賢基(2) 西脇工・兵   
⑨ 14:42.00 石井 優樹(2) 布施・大   
⑩ 14:47.60 本多 寛幸(3) 京都外大西・京   
14 14:59.70 古田 光(3)  京都外大西・京   
15 15:08.30 三原 卓巳(3) 洛南・京   
17 15:12.50 山﨑 竜輝(2) 洛南・京   
19 15:12.80 小川 耀平(2) 桂・京 

申込タイム-順位グラフ
M5000st

昨年の近畿IH
8位まですべて3年生。

昨年の近畿ユース
2年
①14.47.20 藤田兼至(西脇工・兵)
③14.58.05 坂東悠汰(津名・兵)ランキング⑪
1年
②15.15.64 石井優樹(布施・大)
③15.17.08 高砂大地(関大北陽・大)

みどころ
14分台の選手14名による6着争いか。
兵庫・・・6
京都・・・3
大阪・・・2
和歌山、滋賀、奈良・・・各1

近年、兵庫、大阪、京都の3府県で占めていたこの種目の全国進出6選手だが、今年はランキングトップ和歌山の橋詰選手と3位滋賀の小澤選手が強力。府県対抗という目で観戦するのも面白い。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

| | コメント (0)

より以前の記事一覧