« 虹色の湖(青春歌謡1967) | トップページ | 八州廻り桑山十兵衛 »

2018年4月 7日 (土)

地獄の天使(想い出映画1968)

最後に、劇場でみた映画といえば?

去年の9月か10月にみた『エイリアン: コヴェナント』。半年前か。さように、年に1本か2本しかない。

それでは、今までみた映画の本数は?

膨大なものになるだろうが、劇場でとなると何本ぐらいかな。

そんなことを、うたたね考えながら、昔みた映画の話を記事にすることにした。よく出かけたのは大阪はキタの映画館街。どこの映画館にもペンキで描かれた上映映画の大きな看板がかかっていた。

刺激的な看板で覚えてるのが『地獄の天使』という作品。サングラスをしたグラマーな若い女性が白いビキニスタイルでオートバイに跨っている。ドカーン!と来て映画館に入る。

180407_2
看板の絵はサングラスを掛けていたように思う

180407_1
暴走族と対峙する白ビキニ娘

看板に誘われて観た映画だったがちょっと期待外れ。(なにを期待していたのか)

ビキニ嬢あやうしのところでカーボーイハットの若者が現れ破落戸(ごろつき)どもを退治する話なんだ。でも最後はその若者が間違って警官に撃たれて死んでしまう。なんかすっきりしなかったような。

日本公開は1968年3月。50年前、忘却の彼方・・・。

たいして話題にもならなかったのだろう。DVD化もされていないし、ネット記事もウィキペディアと映画紹介サイトであるだけ。ただし、原題の『Born Losers』(生まれながらの負け犬、といった意味か)でネットをみるとアメリカのサイトで画像がたくさんあり。あちらではそこそこ有名な作品なのかもしれない。

YouTubeでは英語だが予告編もフル動画も見ることができる。いい時代です。

180407_3
ヤフオクに出ていたポスター。4,980円。買う人いるのかな。

配給会社は東和(TOWA)となってるので東宝系の封切館ですね。梅田なら北野劇場でしょうか。

|

« 虹色の湖(青春歌謡1967) | トップページ | 八州廻り桑山十兵衛 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 虹色の湖(青春歌謡1967) | トップページ | 八州廻り桑山十兵衛 »